みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

回線とプロバイダの関係や仕組みについて教えてください。

回線とプロバイダの関係や仕組みについて教えてください。

例えば、マンションのVDSLを利用している場合で、回線業者がUCOMでプロバイダがSo-netの場合、将来引っ越す先のマンションの回線業者がUCOMではない場合、何か問題はあるのでしょうか?

電柱からの引き込み線を、UCOMや他業者(具体的にわかりませんが)が工事を施し所有、その回線業者と契約関係にあるプロバイダがセットになってサービスを提供する、という解釈でいいのでしょうか?

だとすると、将来引っ越す先のマンションで従来のSo-netを使い続けたい場合、So-netが、すでにそのマンションに回線を引き込んでいる回線業者と契約関係を結び(回線使用料を払って)、そのマンションでサービスを実施する、というイメージ?

回線業者とプロバイダはいつもセットになっているわけではなく、マンションで格安サービスをしやすくするための契約関係締結であり、回線業者とプロバイダーのセット関係が適用されないマンションではユーザーの要望に個別対処ということでしょうか。

回線業者とプロバイダの関係の概要がわからないので、全貌がよくわかりません。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-11-07 19:27:47

QNo.6303603

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
まず回線事業者とプロバイダーの関係ですが、回線事業者はあくまで「道路」という物を提供する会社です。
そしてプロバイダーは、トラックに人を乗せて目的地まで連れて行く"サービス"を提供する会社です。

ですからインターネットをする(トラックに乗って道路を使う)には、回線事業者とプロバイダーの2社と契約をする必要があります。
そして基本的には、この2社は自由にユーザーが選ぶことができます。

引っ越しをしたときも、プロバイダー「So-net」を使い続けたいということですよね。
それでしたら、NTTのフレッツ光、UCOM、KDDI、コミュファの4事業者の光ファイバーいずれかが入っていれば、So-netを使い続けることができます。
というのも、So-netは、これら4つの光回線に対応しているからです。
光回線事業者がこの4つの中のどれかであれば、So-netが使えます。

例えば、引っ越し先がUCOMでなくても、最もメジャーでシャアも高いNTTフレッツ光が入っていれば、So-netに連絡をして「フレッツ光に対応した契約に変更したい」と言えばOKです。そのままso-netでインターネットを使えます。

しかし一つ注意しなくては行けない点は、最近マンションの光ファイバー設備が既に整っている所では、稀にプロバイダーまでも指定されているものがあります。
例えば、光回線はNTT、プロバイダーはOCNとか。
これは大家さんにリターンがいく代わりに、利用者側は選べないのです。

とはいえ、NTTの光が入っている状態なので、So-netを使うことは仕組み上、可能です。
大家さんに行って、どうしても○○のプロバイダーが自分には合わないので
So-netにしてもいいか?と交渉みてみるとよいでしょう。

また、関西圏で多いのですが、回線事業者がプロバイダー業も兼ねて提供しているところがあります。
この場合、プロバイダーの契約は不要で、その回線事業者1社と契約をすれば、インターネットの利用が可能です。

投稿日時 - 2010-11-14 07:31:47

お礼

わぁ、具体的で手順のわかるご説明をありがとうございます!
引っ越しの際の不安が解消されました。また、関西の例も教えてくださり参考になりました。
感謝感謝です!(^^)!

投稿日時 - 2010-11-14 13:08:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>回線業者とプロバイダーのセット関係が適用されないマンション

なんて存在しないんじゃないでしょうか。存在するとしてもかなり珍しい例になると思います。

「マンション全戸,光接続で高速です」というのは売りになるけれど,プロバイダがどこかと言うのは現状では売りにならないのでしょう。「回線業者として当社をお選びいただくと10社を越えるプロバイダから好きな会社を自由に選択できます」という企業があっても別にいいのですけれど,それを売りにすることで空き戸数が明らかに減少する,というほど,建築オーナーにとってもマンションの購入者にとっても決め手にはならないのだと思います。

であるなら回線業者は,多数のプロバイダと関係をもって手間を増やすよりも,自社にとってより有利な条件でサービスを提供してくれる少数のプロバイダ(特定のお得意先)と契約を交わす方が得です。
「技術的には」回線業者とプロバイダはいつもセットになっているわけではないけれど,「ビジネス的には」セットにした方が回線業者・プロバイダともにコスト削減,収益増加につながるということです。

ですから「ユーザーの要望に個別対処」もしないと思います。技術的にできないのではなく,一個人の要望のたびに回線業者~プロバイダ間の契約を交わして技術対応をしていてはビジネスが成り立たないので。
よって,UCOMのマンションに入居するということはUCOMと契約したプロバイダ(ISP)から選ぶということになるでしょう。他回線業者のマンションであっても同様です。
http://www.fttx.co.jp/jpn/service/personal/

「so-netが使えるから割高だけどこのマンションに入居した」
「so-netが使えるから中古だけどこのマンションに入居した」
「so-netが使えないからこのマンションは絶対,選択候補外」
そういう顧客が数多くいれば,すぐにでも状況は変わりますよ。単にビジネス上の問題ですから。

投稿日時 - 2010-11-08 02:12:35

お礼

つかみどころのない質問に、わかりやすくご回答いただきありがとうございます。
状況が呑み込めました!感謝です。

すると、これから引っ越そうと思っているマンションに敷設されている回線業者とSo-netが契約締結をしていなかったら、引っ越しの際、プロバイダを変更しないといけないということですね?

投稿日時 - 2010-11-08 10:39:19

あなたにオススメの質問