みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

数IIIの定積分の範囲の問題です。

数IIIの定積分の範囲の問題です。

nを自然数とするとき、1からnまでの自然数の積をn!で表す。
n≧2のとき log n!>n log n-n+1
が成り立つことを示せ。

という証明問題なのですが
答えを見てもよくわからないので
わかる方いたらお願いします。

ちなみに答えはこうでした↓

∫ (k→k+1)log(k+1)dx>∫(k→k+1)logx dx
この式に、n≧2としてk=1,2,・・・,n-1を代入して、辺々を加えて証明する。

投稿日時 - 2010-11-01 07:52:27

QNo.6289244

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

こういうときはどこがどう分からんかしっかり書かんといけない。
これはようするにlogxは各区間[k,k+1]において単調増加(=はなく常に増加)でかつ
x=k+1のときMaxをとるから積分の性質より

∫ (k→k+1)log(k+1)dx>∫(k→k+1)logx dx が成り立つ
ことを用いて
n≧2のとき log n!>n log n-n+1 を示せばよろしい。

投稿日時 - 2010-11-01 16:39:44

ANo.1

おはようございます。
定積分と不等式でよく出される問題(例題)ですね。

面積を用いて、大小関係を考えることになります。
∫ (k→k+1)log(k+1)dx>∫(k→k+1)logx dx

まず、左辺は xを含んでいないので、log(k+1)は定数扱いですね。

積分区間はともに、k→ k+1で同じです。
y= log(x)のグラフを考えると、単調増加(右上がり)となっています。
つまり、log(k)< log(k+1)となっています。
もう少し言い換えれば、k< x< k+1において log(x)< log(k+1)だということです。

そして、幅が 1である長方形の面積と log(x)によってできる面積を比較すると
(高さ:log(k+1)×幅:1の長方形)> ∫[k→k+1] log(x) dx

であることが示されます。

あとは、
log(n!)= log(1* 2* 3*・・・* n)= log(1)+ log(2)+・・・+ log(n)

を用いれば、不等式を証明することができます。

一度、グラフを描いて考えてみてください。

投稿日時 - 2010-11-01 10:21:25

あなたにオススメの質問