みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

おすすめの英語学習法を教えてください。

おすすめの英語学習法を教えてください。
私は今高校1年生です。
英語が大好きです。
外国に触れることが楽しいので、将来は語学を武器に仕事をしていきたいな、と思っています。
ところが、最近学習法で悩んでいるんです。
私は中学校のころは、普通に授業を真面目にうけて、英検の勉強でちょっと教材を読んだりしたくらいで、普通な感じで勉強してきました。
ちなみに、今のレベルは、英検準2級です。
しかし、最近本当にこの学習法で英語が上達するのか、と不安になってきました。
実際、ネイティブの先生と話しても、ほとんど聞き取れないし、伝えたいことが全く口から出てきません。
私の目標は、ネイティブの人と、全く普通に支障なくコミュニケーションをとれること、そして、語学で仕事をすること、です。
そのために、一つの目安として、TOEICや、英検を受けたいと思っています。
そこで、質問なんですが、もし、今英検準1級や1級をとられているかた、TOEICで高得点を取られた方、英語を使ってお仕事されている方、またこれらにあてはまらなくても、自分でなにか語学を身につけられた方、どうか効果的な学習法、おすすめの学習法をアドバイスしていただけませんか?
ちなみに、私は少し離れた高校に通っているので、電車で1時間ほどの時間があります。
また、英語を勉強するときに、日本語を介在させずに勉強するのが正しい、とよく聞きますが、あれは本当なのでしょうか?
実際に英語を身につけられた方のお話を聞きたいです。
日本語を通さない、とは、英文を見ても、意味がわからなくても、そのまま予想して日本語は調べないのでしょうか?
また、もう一つ、一番気になっているのが、英語や語学を勉強する時、何をまず勉強するべきだと思いますか?
リスニングですか?単語ですか?音読ですか?発音ですか?文法ですか?
私は、一応中学校まで真面目にやってきたつもりですが、文法などの実力としては、準2級に達していないと思います。
また、最近PODCASTの存在を知ったのですが、あれはどのように勉強するのがよいのでしょうか?
スクリプトはついてないんですよね?
また、今の私にあったレベルを教えていただけるとありがたいです。
長々とすいません。
私は将来。英語だけでなく、いろんな語学を習得したいと思っているので、他の言語にも応用できる方法を教えてくださるとうれしいです。
どうか、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-23 00:32:36

QNo.6268977

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(21)

ANo.21

私は、アメリカのボストンの音楽大学を卒業し、
現在はアメリカと日本を繋ぎ、音楽制作の会社を経営すると同時に、
小さいですが、音楽と語学のスクールを経営しています。
英語はTOEIC900点以上の講師3人を中心に、
頑張っています。

私自身も現在、個人的に、
大手の会社からの依頼にて、
時折、通訳の仕事などをしておりますが、
海外へ留学する際には、
英語についてはほとんど何も知りませんでした。。

一番最初に、語学スクールへ行ったのですが
(あえてほとんど日本人のいない田舎に行きました)、
もちろんはじめは、全くコミュニケーションがとれず、
伝えたい一心で身振り手振りでひたすら一生懸命言葉を覚え、
おかげで、語学学校から推薦状をいただき、
大学の入学の際には、TOEFLも免除されました。

語学学校では、
もちろん日本人の方も数名いましたが、
例えば、慶応大学で英語を勉強している方もいましたが、
はじめはカフェテリアで珈琲を注文するのですら、
てんてこ舞いでした。 

何をお伝えしたいかと言いますと、
実践に勝るものはないということです。

たとえ1ヶ月でもいい、
海外へ行き、ホームステイなどを経験し、
現地の暮らしを経験することをおすすめいたします。

juyujechyuさんは、
外国語を操り、人と会話する仕事を、
「目的」または「目標」とされていると思いますが、
大事なことは、「伝えたい」という気持ちだと思います。

余談ですが、
私の先輩で現在、渋谷にオフィスをかまえ、
政府の依頼で外交の際の同時通訳の他(もちろん、基本は入札ですが)、
海外からやってくる外国人アーティストの世話をする会社を経営している方がいます。
(当然、TOEICは900点以上 
確かほとんどパーフェクトだったような)

そんな先輩も、
当時、ほとんど英語が話せなかったそうですが、
毎日、一日もかかさず、続けたことがあるそうです。
それは自身が好きだった
「星占い」の”英語のサイト”を見ることということです。(笑
もちろんそれだけではなくて、
その後、生活の為に、
不動産の仲介業者として仕事をしたり、
その後に出会った現在の奥さん(ロシア人)との暮らしを通して、
レベルアップされていったこともあるでしょうけれど、
私が知っている当時から、英語のサイトで「占い」をみたり、
ニュースを見たりなど、毎日欠かさず行ってきたように記憶しています。

繰り返すようですが、
勉強方法ももちろんすごくすごく大事ですが、
一番大事なのは、「伝えたい気持ち」だと思います。


最後に、今すぐ、お金をかけずに、
最大限の効果がある学習法として、
Youtubeなどの著名人のスピーチを聞くのもいいですし、
TED(http://www.ted.com/)というサイトも、
とてもためになるので、おすすめいたします。
普通に見ているだけでも面白いですよ。

あとは、
英語のサイト(例えばヤフーのアメリカ版)を見るのを、
日課にしてみるのも良いかもしれません。

これらの一番のポイントは、
「全てが生きた英語」であり、「待った有り」
ということです。


がんばってください。
応援しています。

参考になることがあれば幸いです。


これは私の経験ですが、
言葉が話せると、とっても世界が広がりますよ。

投稿日時 - 2010-12-05 18:38:23

ANo.20

こんにちは、

45歳のサラリーマンです。海外向けの仕事をしています。
13年前にこの会社に来たときは英語は英検2級レベルでした。。。
英語圏に住んだことも、留学したこともありません。
大学は、経済学部でした。

こんな経歴ですが、外国の方からは、英語が上手いとよく誉められます。
仕事が忙しいかったので語学を勉強する時間もほとんどとれませんでした。

下の3つをやると、上手くなりますよ~。

1)外国の友達を作る(直ぐに直接会うことが出来る人がいるとベター)。
2)その人と毎日遊ぶ。
3)中学の英語の教科書(特に文法)を何回も復習する。

直ぐには効果はでてこないかもしれませんが、コツコツやっていれば、半年くらいすれば、
上達を確認できると思います。

がんばって夢を掴んでくださいね。

投稿日時 - 2010-11-12 18:48:53

ANo.19

語彙を死ぬほど覚えると

けっこういけます。


使える


英語


フレーズを頭に詰め込もう!!

無料ならここがおすすめ

smart.fm

http://smart.fm/

投稿日時 - 2010-11-12 05:01:36

ANo.18

私は仕事で英語と中国語を使っています。私の仕事の範囲では中国語の方が使うことが多いです。juyujechyuさんは中国語にも興味があるようですが、それでしたらなるべく早く中国語も覚えた方がいいと思います。英検準2級でしたら、頑張って2年生になるまでに英検を2級を目指しましょう。取れなかったら、英語も中国語も諦める覚悟で臨んでください。英検2級を取ったら あとはガムシャラに更に英語を頑張る必要はありませんが、英語にも気を抜くことなく中国語も始めるのがベターです。

larrymizさんはかなりアカデミックな道に進んでいるようですが、juyujechyuさんの場合は必ずしもそこまでする必要もないかもしれません。でも、「語学を武器」ってそう甘くありませんよ。自分の代わりがいないんだという“プロ意識”が必要です。例えば体調が悪いからといって一日仕事を休んだら当分仕事がなくなると思うくらいの責任感がなければなりません。ですから、語学力も重要ですが、体調管理も人一倍気遣わなくてはなりません。

例えば、juyujechyuさんがファミレスでバイトしていたと仮定します。そして、外国人のお客さんが見えました。juyujechyuさんなら どうします。そのお客さんに英語で話しかけて、そこで 注文だけは 英語で受けることができました。しかし、そのお客さんが料理を食べていて、何やら 英語でクレームを言っているようです。しかし、お客さんの英語が理解できません。店長やマネージャーも英語は苦手です。juyujechyuさんならどうします? ここで一つ言えるのは、最初は親切のつもりで英語を使っても最後まで責任を持てないような人は 語学を武器にする仕事には向きません。最後まで責任を持つ自信がなければ 最初から手を出さないのも プロになるための心構えです。何事も中途半端な対応が最も信用を失います。

最後に、あくまで「語学を武器」を武器にするんでしたら、英語だけでは厳しいと思います。もちろん、英語が出来て当たり前で、英語の他に中国語も出来るというのを売り込まないと難しいですよ。そして、その上で 人との接し方とか人柄が問われます。具体的な職種では ホテルのスタッフなんかはこれから中国語も出来ると強みになると思います。

投稿日時 - 2010-11-09 19:24:30

ANo.17

基本は、ヒアリングと独学に近いボキャブラリーの熟成です。

英語学習教材に、大金を投資するのは、お勧めできません。まず、買う前に、その全内容を見せて貰えるか、どうかです。自分が見て、本当に相性が合うか、見定めることが必要です。その上で、納得出来るなら、購入しても良いかも知れません。簡単にマスターできます、と言う物は、私の経験と知っている教材販売ビジネスの範疇から、止めた方が良いと思います。

小さな安い定番受験本の方が、大きくて高価な教材よりも効果がある可能性が高いと思います。聞き流せば、ひとりでに実力が付くと言うタイプの英語教材は、かなり限られた環境でしか、効果は無いと思います。進学校では、一科目、各自、複数の参考書を使いこなして、自分の隙ないようにして、「これだけ」教材は、ないように、まんべんなくこなしています。

高校生ぐらいから始められるもので、10万円以下で、大手で実績のあるのは、語学専門出版社のアルクの「1000時間ヒアリングマラソン」ぐらいです。開始レベルの目安は TOEIC 550以上、 英検2級以上です。大凡5万円です。これに電子辞書の上級向けを付けても10万円をかなり下回ります。 月刊ENGLISH JOURNAL CD付がベースにあって、別途月刊のマンスリー・テキスト CD付 私も、一応、挑戦しました。それなりの成果は、あったと思います。

それに、ちょっと気が付いたのですが、 TOEICにしろ、 TOEFLにしてもレベルが高すぎて、目標にならないと、 問題を作っている ETS社を調べたら、高校生向きのTOEIC姉妹版、 TOEIC Bridgeありました。TOEIC Bridge公式ガイド&問題集 (Educational Testing Service 国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会 )及び TOEIC Bridge公式ワークブックなどが出ていました。まずは、こちらを手始めに受けてみてはどうでしょうか。たぶん、こちらは、大学受験にも良い目標になると思います。

お金がかけられないなら、充実した英語環境で、習熟を計りましょう。

参考URL:http://www.toeic.or.jp/

投稿日時 - 2010-11-09 13:28:03

ANo.16

ご返答ありがとうございます!


新しいいくつかのご質問にお答えしていきたいと思います。

>x_xalicex_xさんは、英語をマスターされたのはこの教材を中心に勉強されたんですか?
>それとも、TOEICのためにこの教材を活用されたのでしょうか?

TOEICに関してはこの教材のみです♪


あとは発音の練習したかったので、それに関しては洋楽とか映画とか、
勉強っぽくないやり方で練習しました。


>私もこの教材、以前から気になっていたのですが、何せ学生だし、値段も値段なので、手が出せず、、、。
>でも、本当に効果があったのなら、お母さんと相談して、試してみたいとも思っています。


そうですよね・・・わかります・・・。
ちなみにこの教材よりも前に、
10万弱の教材も買ったんですが、
30点程度しかあがりませんでした(笑)
(新聞広告で買ったものなので、URLがわからないのですが・・・すみません)
10代後半のときに、親に頼んで買ってもらったのにすごく申し訳なかったのも覚えてます。。。

なのでこっちの教材を自分で買って勉強して点数あがった時、
親にはなかなか本当のところ言いづらかったです(^^;



>あと、もう一つ、横田力さんという方の教材も同じくらい気になっているんですよね><
>どちらのほうがいいのでしょう?

これに関しては、
自分に合うか合わないかだと思います。
私は自分の直感みたいなものに従う性格なので、
それを信じて買ってみました。

ただ、私は自分の直感を信じて良かったって思ってますよ!


>でもまずは少しずつ自分のできることからですよね。
>英語で考える、やっていきたいと思います。
>回答ありがとうございました。


英語が出来るって自信が持てるよう頑張ってくださいね!
応援しています♪

投稿日時 - 2010-11-07 23:48:05

お礼

回答ありがとうございます。
まず前回いただいた回答で、禁止事項?に書かれてある記述があったらしく、gooのほうから編集されているようです><
私も知らず、、、すいません><
この教材だけで勉強されたんですか!
この教材効果があるんですね!
発音は勉強っぽくないやり方ですか!
試してみたいと思います。
もうちょっと考えてお母さんとも相談してみたいと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-08 23:51:09

ANo.15

こんにちは♪

私の高校のときを思い出す感じのご質問だったので、
投稿させて頂きます。

私は高校の英語の点数は赤点スレスレでした。
でも英語が大好きでした(笑)
将来は絶対に外国で仕事するって決めてました。。。英語出来ないのに・・・。

そんな私も今じゃあ海外に1人で旅行したり、仕事でも行ったり、
各国に友人を作ることも出来ました。


資格についてですが、就職する時は英検の場合2級以上でないと話にならないです。
準2級ですとただ欄を埋めるための文字にすぎないんです。
なので、せめて2級まで頑張って取得されると良いと思います。

そこまで取れたら、あとはTOEICに集中すればよいと思います。


また電車で1時間ほどかかるのでしたら、
電車に乗っている間はひたすら英語で考えること。
電子辞書などを持ち歩くのも良いかもしれません。
目で見たもの、自分の考えていること、友達のこと、学校のこと、何でも良いです。
とにかく自分で文章を作る力を作ること。
この練習は自然なコミュニケーションを取れるようになる訓練になると思います。

実際私もやっていましたし、今でもやっています。
(辞書は持ち歩かなくなりましたが)


学校の勉強はreadingやgrammerが中心なのでしょうか?
そしたら普段は自分の意見や考えを英語にする習慣をつけると、
将来役に立つと思います♪


長々となってしまいましたが、
少しでも参考になればと思います。

語学は楽しいですよ♪
ぜひ頑張ってくださいね!

投稿日時 - 2010-11-07 00:12:12

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
やはり、何より英語が好き!という気持ちが大切なんですね!
私もその気持ちを忘れないように持ち続けたいと思います。
x_xalicex_xさんは、英語をマスターされたのはこの教材を中心に勉強されたんですか?
それとも、TOEICのためにこの教材を活用されたのでしょうか?
私もこの教材、以前から気になっていたのですが、何せ学生だし、値段も値段なので、手が出せず、、、。
でも、本当に効果があったのなら、お母さんと相談して、試してみたいとも思っています。
あと、もう一つ、横田力さんという方の教材も同じくらい気になっているんですよね><
どちらのほうがいいのでしょう?
でもまずは少しずつ自分のできることからですよね。
英語で考える、やっていきたいと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 22:42:30

ANo.14

前に言ったように、道具立て以外は、お話ししていませんでしたので、「机上の勉強」以外の話をしておきます。(なお、私は、勉強という言葉が好きではありません。)

ネィティブ・スピーカー利用については、述べてありませんでした。理想から言えば、個人的に、或いは、極めて少人数で受ける語学境域は、別途受ける、必要があります。個人的意見として、二人の受講者と一名の米国語人が、効率も良く、マン・ツー・マンより楽しんで、レッスンが受けられます。私は、個人的には、金銭的にも教育環境にも、恵まれていた方だと思います。大学に入学してからも外国語の学習が出来、大学院生、就職後も、英語を使う業務で、継続して実務と学習が出来ました。現在は、業務を離れているので、ハワイに住む親友に、 Skypeで、英語で会話するだけです。(第二外国語は、ドイツ語がメインでしたが、フランス語も、教養程度に受講しました。言葉として英独仏は、挫折しながら、今でも続けています。ギブアップした言語もあります。専門は理系ですが、出身高校は、理系文系に分けていませんでした。これが後々良かったです。現在の母校は、理系文系分けているようですが、個人的には、高校で理系文系に教育を分けることは反対です。)

通常の小中高校に配属される ALT ( Assistant Language Teacher : 外国語指導助手)は、発音や簡単な会話なら、十分ですが、主たる日本人英語教師の指導のもとで行われるので、本来彼らが本国の大学で受けた母国語での研修などは、行われないだろうと思います。ヒアリング・発音のチェックには、良いでしょうが、本来、彼らが、日本人教師の英語教育職を奪わない条件で使っているのですから、実力を発揮することは難しいでしょう。例えば、自分で英作文をして、発表した上で、同じ意味を保ったまま総語数を指定された語数に減らす、中級以上ならできる演習が、補助使用の範疇を超えるため出来ないと思います。(この演習は、イギリス人の先生の指導の下、やったのですが、その演習の英語名は忘れています。)  

英会話学校や大学全学共通語学センター等で、英語クラスの上級で、大学受験も目標にすえたコースがあると思います。教師は、修士号で、 M.A. in TEFL (Master of Art in Teaching English as a Foreign Language 又は、 TESL: Teaching English as Second Language)で、英語教育専攻されたかたが、いると最適です。 Ph.D.を持っている方も、良いです。 小さな大学でも、 Ph.D.を出しますが、これは、大学の教鞭に立てる教員免許のようなものらしいです。はっきり言って日本人教師では、太刀打ちできない実践レベルの教育が受けられます。(日本人教師が失業します。)

このクラスの英語教育は、かなり実践的になります。英語で授業を受け、英語でレポートです。英語でプレゼンもします。基本的に対象者は、大学院生以上、医学部生、および4年制海外大学に編入に挑戦する学部生です。このようなコースを受けるのには、通常、口頭試問があって、十分な英語教育のバックグランドをチェックされます。挨拶の言葉選びから、質疑応答の仕方なども教えられます。複数の英米の教官が、行いますが、会話主体の普通の英会話コースと違って、かなりハードワークでした。

上級で、フリー(トーク)コースというものが、時々あいますが、これは、話題を特定しない帰国子女やバイリンガルな方が、contemporaryな英語を維持するのを目的にしているクラスで、英語を外国語として学んだ者には、ちょっと縁のないコースです。

外国語学校の選択は、難しいです。M.A. in TEFLを持った英語教師がいるか、日本人の初心者向けの教師は、いないかなど、学校側では避ける話があります。 M.A. in TEFLを持つ方が、英米関係外の出身でも、米国大学が、修士号を出しているなら、ネイティブに引けを取らない教師実力を持っていることは、信頼しても良いでしょう。

このようなコースは、料金設定が高いこともあります。時間とお金の積が、外国語習得になると言った「お金」の部分です。一回のレッスンで使えるようになる単語語彙の量は、独学よりは、桁違いに良くなります。それに日本語に訳すことが出来ない用例も出てきます。でも、月に数万円以上かかります。大学の専門なら学費に組み込まれています。

これぐらいでしょうか、語学留学では、使い走り程度です。留学を考えるなら、高校から行って、頭の中も欧米風にして修士ぐらいまで行くか、日本での専攻課程の延長で、修士号を取るなりして専門プラス英語・日本語の選択と思います。

投稿日時 - 2010-11-03 21:45:06

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
またまた丁寧に回答してくださり、本当にありがとうございます。
やはり、ある程度まで行くと本当にコミュニケーションから何から、外国人に教わることが重要になってくるんですね。
残念ながら、私は兄妹も多く、家計も決して楽ではないので、ちょっと外国語学校に通うのは難しいかと><
学校のほうも塾にはいっておりません。
でも、やはり少しでも外国人と触れ合うことが大事ですよね!
学校でも、積極的にALTの先生の話しかけるように頑張ってみようと思います。
ずっと3カ国語勉強されてるんですね!
尊敬です!
私の学校は2年生から理系文系別れちゃうんですよ。
やはり総合的なものの見方とかも必要になってくるんですよね。
いろいろとアドバイスしてくださって、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 22:32:30

ANo.13

  続きです。ちょっと、長いかなぁ。

 9、コミュニケーションを取る場合には、外国人のユーモアのセンスを知る事が
  大切です。 外国人の言うユーモアやギャグが理解出来ず、笑うことが出来ない日本人は、意外に多く、せっかく楽しませようと思ってギャグを言う向こうは、がっかりしてしまうようです。心から笑えるようになることが大切です。いくら、語学が
出来ても、こういうコミュニケーションが取れなかった場合、向こうは、少々しゃべれなくても、楽しい相手を選んでしまいます。それで、悔しい想いをした日本人は、
多いのではないでしょうか。そして、もちろん日本のユーモアセンスで、外国人を笑わせる事が出来れば、日本人としての誇りも保つことが出来ます。こういう事は、社会に出ても必要だと思います。もし、人前が苦手、という人は、心の美しさや優しさを武器にする手もあります。とにかく、相手もリラックスさせて、自分もリラックス出来るような環境をすぐに作ることが出来るか、です。

 
10、もちろん、外国人を見つけては話して、会話に慣れること。ちなみに、
    慣れるという点では、英語を母国としない人と話すっていうのも、
    気楽で、非常に効果があります。外国人が通っている英会話教室とかで
   友達を見つけるのもいいです。もちろん、間違った言い回しや発音やアクセン  トが移ってしまうかも、というマイナス面はありますが、自分がしっかり勉強していれば、意外にプラス作用に働くのです。そういう友達は、本当にいいものなんですよ。後は、
スカイプなどを活用して、話したり、チャットしたり、ゲームしたり。

 とれる資格は、目標にもなるし、持っていて損はないので、どんどん若いうちに取得するのがいいと思います。お互いに頑張りましょうね!僕も、色々な言葉やその音にすごく興味があります。何か、いいんですよね。
 とにかく、今の時代、すべてを少しずつやっていくのが強いと思います。食事と一緒で
決して偏らないように注意して下さい。それ、コツです。そして、派手に勉強せずに地味に、地道にやっていくことです。疲れてしまって、勉強が嫌になったり、体を壊しては、意味がありませんから。じゃ。

投稿日時 - 2010-11-02 20:39:53

お礼

丁寧に、たくさんの情報をありがとうございます。
ユーモアですか!
日本人のギャグなら、なんだって笑う自信あります^^(笑)
アメリカ人はまたツボが違うっていいますよね。
その点も理解できるようになりたいです。
やはり、偏りなくバランスよく勉強することが大切なんですね!
しっかりと頑張っていきたいと思います。
回答ありがとうございました。
お互いに頑張りましょう!

投稿日時 - 2010-11-07 22:23:05

ANo.12

 僕も、語学について、非常に興味があります。こういうのは、どうでしょうか。
  英語を勉強するときに、日本語を介在させずに勉強するのが正しいと言いますが、
実際、周りがすべて外国人、学校の授業も英語で行って、家に帰っても英語、つまり
留学した状態と近い状態で何ヶ月~何年か過ごさないと、難しい方法だと思います。だからと言って、ネイティブになれるわけでもありません。つまり、そこに重点を置いても、あまり将来には結びつかないと思います。ただ、英語の音をそのまま聴いて、
日本語に置き換えないという勉強法も、確かに大切です。
 僕の意見では、今、あなたに必要なことは、ネイティブの様に話せる事に重点を置くのではなくて、(1)英語が聞き取れて、(2)相手が理解出来るような明瞭な発音で瞬時に話すことが出来、(3)英語←→日本語の訳がスムーズに分かりやすく出来ること。つまり、すべてを同時に勉強していかなければならない、というのが、僕の意見です。そして、日本語をきちんと勉強して、知っておくことが非常に大きなポイントです。貴方が、ネイティブに勝てる可能性があるのは、日本語だけです。そこのポイントを抑えるかどうかで、大きく貴方の人生は変わっていくことでしょう。
 自分の将来に、生かす様な学習法だと、今から書くすべてを同時進行でやっていくことが大切だと思います。大変ですが、どれかに偏らず、「どれも」勉強することが、語学を習得する上で、大切だと思います。毎日でなくても、一週間でこのすべてのプランを組んでいくのがいいと思います。ただ、英語を聴くのは、毎日時間を割いて下さい。必須です。

1、 まず、鉄則です。英語が好きであって、それにかける時間を決して惜しまない       こと。

2、とにかく、聞く、聴く(耳を澄ませて)。意味をいちいち考えない、
そのまま心で受け取る。そのうちに、口が自然に動くようになる。
英語を英語で受け止められるようになる。この場合、意味は、後回し。
  コツ→ 意味や訳を決して考えない!音だけを聴く。 ← 意外に難しい。

3、発音の練習。これは、ネイティブの人に、見てもらいます。
最初は、アルファベットの1つの音から何度も何度も繰り返して見てもらいます。
もし、一人でやる場合は、せめて何度も何度も発音用のテープ(あるかどうかは、分かりませんが。)の様なものをよく聴いて、実際に自分の発音を録音して比べてみます。口の形、使い方などにも注意して、自分が、どこから音を出しているか知る事も、1つの手段だと思います。

4、机の上での勉強(要するに、文法。)。こういう、日本の試験的な勉強だって必要です。1番を取れる位に、理解しておくことが重要です。
そして、仕組みを頭で理解しながらも、
とにかく丸暗記をして、言いたいことが機械的に口から出てくるまで、
その文章や熟語を覚えこみます。実用するときには、頭でいちいち考えてる
暇はありませんから。
 
5、英語から日本語へ訳せる事。
たまにいるのが、語学に堪能なのに、それを実際に母国の日本語に
訳せなかったり、分かりにくい日本語にしか訳せない人です。
直訳も理解したうえで、それをどの様に美しく日本語で表現することに
   命を懸けましょう。仕事の上で、非常に役立つと思います。そして、
  母国について、深く知ることも非常に大切です。

6、英語の歌や詩を聴いて、口ずさんだり、暗記すること。
   日本でも、詩の暗記とか宿題ありましたよね?それによって、
    色々な言葉や言い回しも覚えたはずです。 

7、英語で書かれた新聞や本など(自分の能力で理解出来るものよりも上のもの)
   を止まらないで、早すぎず、遅すぎず、淡々と読んでいきます。知らない
   単語があっても、読みます。
    この場合も、間違って発音してしまった時に、訂正してくれるような
   監視者が必要かもしれません。場合によっては、逆効果になってしまう可能性もありますから。 

8、早口言葉 
  
     母国語でも難しい正しい発音で、出来るだけ早く、という早口言葉は、
     至難の業ですが、やってみる価値はあります。

投稿日時 - 2010-11-02 20:29:31

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
回答ありがとうございます。
確かに、今すぐに英語ズけになるのは難しいです><
そうすると、やはり学校などで習う、基礎も大事になってくるんですね!
日本語⇔英語を素早く正確に、が大事なんですね!
なるほど!
わざわざ丁寧に項目を分けて、しっかりといろんな勉強法を教えてくださてありがとうございます。
ちょっと多めなので^^;;、大変だろうけど、頑張ってみたいと思います!
早口言葉は全然思いつきませんでした!
楽しそうですね。
試してみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 22:20:24

ANo.11

 とても英語好きで夢もあって素敵ですね。
目標は英会話することですね。日本での英語学習は一般的にはすぐに直訳して、書いて覚えるといった、目での学習法がほとんどですが、それではいけません。私の友人にも小学校前に父親の海外転勤でオーストらリアに行ったのですが、まだ日本語さえままならぬ状態です。

それでも身に付くんですよね。なぜでしょう。
聞き取れるから答えることができ、会話が成り立つんですよね。

ということは、耳を使わない語学の学習なんて無意味なんです。TOEICの試験は2005年から改定になって、なまりのある英語でも聞き取れるか、いろいろななまりの英語が含まれています。。広告記事だったり、海外での生活に必須の知識も必要になります。単純に英語を知っているだけでは解けません。

高校まで一時間かかるのであれば、ぜひ電車に乗っている間中、まずCDを聞き続ける、ここで重要なのはテキストを見ずに何度も最低10回は聞いて、自分で何を言っているのか、どんな単語が聞き取れたか、覚えておき、11回目は自宅でテキストの英語ページと照らし合わせながら聞き取りが正しかったのか確認をします。知らない単語のみ調べる。書き出したりせず、電子辞書でさらっと何回も調べると負担が少ないです。

あと、私が留学時に感じたのは英会話が得意な人間は国籍を超えて母国語であってもおしゃべりな人が多いということ。
だから、一日中考えたこと、感じたことを頭の中で英文にしてみたり、歩いていて目に飛び込んでくる風景を英文に変えるのもいいです。そうするとおのずと自分の語彙力の少なさに気づかされます。

洋画の「フレンズ」おすすめです。
外国人の笑いのポイントを学ぶのは深いです。

英語を使った仕事に就くならば一度留学をされるといいです。大学を卒業するまでであればアルバイトででも留学費用稼げると思います。親を頼るのではなく、自分で稼いだほうがいいですよ。3週間の留学でも十分かと思います。日本に帰って、その生活を取り入れることができます。新聞をネットで英字新聞を見る。外国のニュースをテレビで見る。洋楽を聴く。英語で話すラジオを聴く。洋楽を覚えてカラオケで歌う。すべて耳から英語に漬けるのが重要です。

昔、友人が通っていたの国立の外国語大学では、初めて習う外国語なのに入学して三ヶ月もしないうちにリスニングのテストが行われたと言いました。

どれだけ耳が大切かわかるでしょ。
それを意識した勉強をすれば外国人の先生の話すことがわかるし、まずは先生に自分がどうわからないか説明する勇気を持ってください。外国語を身につけるには相手に理解してないことを常に明確に伝えることで自分にとって理解しやすい話し方で話してもらえるはずですから、一番いけないのはわかったふりでにこにこしてストレスをためることですよ。

わからないの一言がわかるの一歩を作る

心にとどめてくださいね。
応援してます。

投稿日時 - 2010-10-29 03:06:28

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
やはり耳が大事なんですね!
CDで10回ですか。
そこまで徹底しないといけないんですね!
頑張ってみようと思います!
あ、私かなりのおしゃべりなので、その点は向いてるのかもしれません^^
「フレンズ」ですか!
聞いたことあります。
また見てみたいと思います。
「わからないの一言がわかるの一歩を作る」
この言葉を胸にとめて、積極的に学んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 22:10:58

学習法として、効果的だったのは良い文章をリスニングすることでした。
音節理解にもなり、イントネーションもわかるようになりました。
また、文型で文章を理解することにも繋がり、
論文などを書くことが苦ではありませんでした。

あと、英検というのはマークシートですので、
英語力をはかるには難しいというのが個人的意見です。
実際、「使える」英語力をどの程度もっていらっしゃるのかはわかりませんが、

「英語で本を読もう!」
http://blog.livedoor.jp/eigo_book/

このサイトだと、簡単な英文を音声とテキストとともに紹介し、
訳の仕方も教えてくれます。
当然、それに伴った文法も解説してありました。
この解説というのがまた良く、文型での学習方法になっています。
これは、日本の教育ではされていないことですので、
ぜひ習得されることをおすすめします。
詳しくはないので、このサイトの音声をダウンロードできるのかわかりませんが、
管理人の方に聞いてみてもいいと思います。

ここは学習用ノートの作り方も解説されてますので、
多言語にも応用できますよ。
ぜひ、色々な可能性を広げてください。

投稿日時 - 2010-10-28 17:45:16

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
やはり、聞き流しなどではなく、しっかりとしたリスニングが効果的なんですね!
文型での学習、ですか!!!
確かに、今までしたことない勉強法です!
また、素晴らしいサイトを教えていただき、ありがとうございます。
私も、洋書が読めたりするところを探していたのですが、丁寧に解説もついていて、勉強法も教えてくれて、すごいですね!
音声も、ダウンロードできるか、試してみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 22:05:30

ANo.9

こんにちは。私も larrymizさんに近い学習もしましたが、残念ながら これだけでは英語は使いこなせるようになりません。あくまで「机の上のお勉強」の域なんですよね。確かに、英語で飯を食って行くとなると、日刊英字紙も読んでおかなければならないし、中学の算数で出る幾何学の説明ぐらい出来ないと困りますけど、もっと大事なことがあるんですよ。
これは何をするにも共通するんですが、先ず、人として当たり前のことが出来ることです。つまり、人に挨拶したり、感謝したり、お詫びしたり、お願いしたり。また、人から頼まれたことは責任を持って果たすことです。それによって、信頼を少しずつ獲得していかなければなりません。語学を武器にするというのは、甘えの利かない世界ですので、余計にそういったことが重要視されます。

あと、厳しいことを書きますが、語学を武器にしている人の大半は小さい時から語学に親しんでいる人が多いです。これは素質的なもので、小さい時から英語を習っても はっきり言ってダメな人はダメです。無駄です。それと、語学は独学が難しいことです。juyujechyu さんは学校で英語を習っているものの、目指しているのは これよりはるかに高いレベルであり、これは自分で勉強しても限界があります。できれば、誰か有能な人に仕込んでもらわないと上達しません。でもまあ、これは高校を卒業してからでも間に合うと思いますが、それなりに苦労しなければなりません。

それから、やはり重要なのは なぜ語学を武器に仕事をしたいかです。ただ語学が好きで努力するだけじゃダメなんです。このカテでは多くの人が見過ごしているんですが、単に自分の損得とかよりも、語学を武器にして 先ずは どのように社会に貢献していくか考えるべきです。それによって自分が社会から評価され、結局は自分に還元されていくのです。juyujechyuさんは英語以外の外国語にも関心があられるようですね。しかし、英語以外の外国語のいくつも習得するのは不可能です。 今のところは中国語が有望視されていますが、みんながみんな英語の次に中国語しか勉強しなかったら、ロシア語とかスペイン語に対応できる人がいなくなります。つまり、社会の一員として 自分がどのような役割を担うのかということが大事なんです。

投稿日時 - 2010-10-26 11:10:46

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
厳しいご指摘、はっとさせられました。
私は英語の勉強法にしか目を向けてませんでした。
しかし、やはり語学で身を立てようと思ったら、人間として、しっかりとしていかないと厳しいですよね><
ありがとうございます。
私は、語学が好きなので、語学で仕事をしていきたい、という思っていますが、自分なりに、少しでも日本と外国をつなげていけたらな、と思っています。
日本人は、あまり外国に心を開いていない国だと思うので。。
少しでも、お互いの国の理解の手助けになれたらな~と思っています。
やはり、これぐらいの心意気ではよわいでしょうか><?
私は、基本的に何語というのをとくに強く思っているものはありません。
外国語を使って外国人と話ができる、ということが何より自分のなかで大事(?)なことなので。
そう考えると、今学校で習ってるし、話している地域もダントツひろい英語に力を注ぐことになっているのですが。
中国語も興味があります。
ちなみに、個人的には(どれも個人的なんですが)、韓国に興味があり、韓国語もすごく気になっています。
しかし、仕事にするには韓国語は弱いのかな~、などと考えております。
なんだか、よく分らない御礼になってしまい申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 21:59:18

ANo.8

つい書きそびれました、読書量を上げるために速読を導入することです。日本語の語彙も増やしておけるだけ理系文系、乱読をお勧めします。高一なら余力があります。本当は、時間をかけて日刊英字紙 Japan Timesを読めると良いのですが、ハードルが高すぎます。辞書を引く時間も惜しい受験生には、週刊 Student Timesをお勧めします。高校生から大学生・成人一般までの中級上級向けの週刊新聞です。専門用語で辞書には出ないような単語は、注釈に訳が載っていますので、読む速度を落とすことなくリーティングができますし、英語上級向け大学入試の説明もあります。今は、 Web版でオンラインSTも利用できます。できるだけ英語漬けになるのが理想ですが、母語の日本語の基礎がないと、立ち止まってしまうリスクがあります。中学の算数で出る幾何学の説明ぐらい出来ないと困ります。大都市なら、洋書部のある大型書店で、英語圏で使われている教科書、補助テキストなど内容を見ながら買えるのですが、出来ないなら Amazon.co,jpやネット書店でタイトルや内容説明から購入して、手に入れて見て下さい。レベルが低いだけに用語が簡単で、楽しく眺めることが出来るでしょう。

本当は、もっと書きたいのですが、多忙なので、ここで終わります。

気分を変えながら、楽しく学びましょう。

参考URL:http://www.japantimes.co.jp/shukan-st/

投稿日時 - 2010-10-24 20:03:59

お礼

回答が遅くなってしまい申し訳ありません<(_ _)>
英字新聞ですか!
やはり速読が必要となってくるんですね。
私も、英語に関係なく、速読をマスターしたいと思い、いろいろと本を読んでるんですが。
意識して早く読むことが大事なんですね。
たくさん英語に触れること。
頑張ってみようと思います。
重ねての回答、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 21:47:29

ANo.7

さっき書き忘れました。私がフランスでフランス語を覚えた時は 五感を総動員しました。
例えば、フランス語で muscadeという調味料があります。これは 英語では nutmegと呼ばれています。しかし、nutmegとはどんな味の調味料なのか、英和辞典も英英辞典も教えてくれません。英和辞典には「肉荳蔲、ナツメグ」という訳語があり、肉荳蔲って読み方が分からなかったし(もっとも、読み方が分かって国語辞典で調べてもどうにもなりませんが)、ナツメグって nutmegをそのままカタカナ読みしただけです。英英辞典では“a brown powder used as a spice to give a particular taste to food.”と説明してあります。茶色い色の粉末の香辛料なら シナモンだってコリアンダーだってあるし、特殊な味というのなら、カルダモン、クローブ、フェンネルも非常に特徴的な味を味を持っています。
やっぱり、英語とか外国語は 頭だけでなく 体で覚えるものだと思います。

投稿日時 - 2010-10-24 01:54:51

お礼

またまた御礼が遅くなり、申し訳ありません<(_ _)>
追記してくださって、ありがとうございます。
外国語は体で覚えるもの。
しっかり頭においておきたいと思います。
よく語学はスポーツと聞きますが、本当にそうなんですね。
しっかりと体で覚えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-07 21:43:48

ANo.6

>英語だけをやっきになってするよりは、先に他の言語をマスターするといい。ということでしょうか?
先ほどは無責任な回答失礼しました。まあ、英語以外の外国語は文法から入る場合は、英検2級又は高卒レベルの英語力がないと、理解が大変です。登山に喩えれば 初級の段階から道が険しいです。しかし、英検2級又は高卒レベルの英語力があれば 初級のレベルを終えるまでは比較的容易にクリアできます。英検1級まで取れば 中級レベルも理解は難しくないんですが、今度は皮肉なことに これとは反比例的にガッツが減退しやすいので なかなか身に付かないことが多いんですよ。
でも、英語以外の外国語は、何か特別な思い入れがないとモチベーションが高まりにくいです。とある人は 英語とスペイン語ではスペイン語の方が好きでも、英語の方が役に立つという理由で 英語に力を入れたので、TOEICのハイスコアを取っても、スペイン語を後回しにしてしまい 道楽レベルで停滞しているそうです。多分、その人も英語だけで疲れがどっと出て 山の頂上付近をブラブラしているのか、おなかいっぱいになっちゃったんでしょうね。

それから、日本語を通さない理解方法ですが、やっぱり これは 日本語が使えない環境に身を置くことです。英英辞典とか大量のインプットって言ったって、所詮、日本語にどっぷり漬かった環境で 頭も日本語モードのままなので 日本にいては非常に時間がかかります。
毎日 寝る前に牛丼とチョコレートパフェを食べながらダイエットしようとするようなものです。ちょっとやさっとのエキササイズでは痩せませんよ。かと言って、無理な運動をしたところで あちこち筋肉痛になりますけどね。でも、牛丼とチョコレートパフェを我慢している方が よっぽどストレスも溜まりますけどね。

投稿日時 - 2010-10-24 01:29:18

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
また回答してくださって、本当にありがとうございます。
こちらこそ、勝手に間違った解釈をしてしまって申し訳ありませんでした。
わざわざまた訂正に来てくださってありがとうございます。
そうなんですね。
やはり、英語力というのはいろんな外国語を習得するうえで、かなりの土台になるんですね。
モチベーションを保つことが難しい、、、。
私は今、まだただただ憧れで、欲だけは強く、何カ国語もマスターしたい、とは思っていますが、実際に一つを極めるということだけでもすごく大変ですよね。
できるだけ、少しでも上を目指せるように、満足しないように、頑張っていきたいと思います。
やはり、英語だけの環境に身を置く、というのが早いのですか。
最後のたとえ、痛いほど身にしみました^^;;
私自身やせたい、と思いながらも、ついついお菓子食べちゃったりして、、、^^;;(笑)
改めて、ありがとうございました。
頑張ります。

投稿日時 - 2010-11-03 14:52:11

ANo.5

結論から言うと、語学の習得は、費用と時間の積に比例する面といかに効率よく語句語彙を増やせるかです。それに目標です。英検はは、学校英語の延長で、実社会では、現在TOEICの点数が人事でも考慮されます。ただ、ビジネスや日常生活の英語能力の指標です。学生なら、TOEFLで、英語での授業に対処できるかの能力です。これに大学適正のSAT、大学院GREというテストを加えて実生活の学生生活の指標が与えられます。外国語で専門分野を修めると外国語で飯を喰うのは、違います。英語で職を得るのは、難しいことです。なにか専門分野があっての英語力の時代だと思います。

百人百様で、習得法が限りなくあるように考えています。ですから、ここでは、道具立てだけ、書きます。

他の方も言われているように、あるレベル以上になると英語を英語で学ぶ必要があります。私の学校は、受験校でしたので、英語教官の指導で、英英辞書と英語の英文法書を暗黙に勧められました。これらは現在、絶版になっているので、代わりに、 Longman Dictionary of Contemporary English 通称エルドス (LDOCE), 文法書は、他の方が勧められた本か、 Amazon.co.jpで、 Collins Englishのキーワード出てくるもので、やさしいそうなものを。電子辞書も、高校生用よりは、大学生用・プロフェッショナル用で、研究社の大和英辞書が、追加コンテンツのものをお勧めします。発音記号も読み書きできるようにするのが望ましいと思います。

リスニングは、私も苦労しています。海外との連絡相手は、なんとかなるのに、海外来客の際は、大変です。英語人ではない方ほうが、多いのですから。英語雑誌のCDやNHKの英語放送を、携帯オーディオ・プレーヤーに録音して通学の移動時間に利用するのも良いと思います。私の時代は、カセットテープでしたが、今なら、語学用のサン電子のトークマスターを薦めますが、三省堂の独占販売だったと思います。(一応、参考 URLを付けておきます。) TEACでも、おなじようなものがあるようで

参考URL:http://talkmaster.jp/

投稿日時 - 2010-10-23 23:24:32

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
なるほど!
TOEICより、TOFLEなんですね!
私も、留学とか考えてるんならTOFLEと聞いたことがあるのですが、会社などではTOEICが強いんですね。
是非挑戦してみたいと思います。
進学校では、英英辞典と英語の英文法書を使うんですか!
やはり、英語を英語で理解することが大切なんですね。
大変そうですが、頑張ってみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-03 14:44:35

ANo.4

こんにちは。わたしの経験が役に立つかどうかわかりませんけど、ご参考まで。

1:高校1年でネイティブの人と話して、ほとんど聞き取れないとか、伝えたいことが全く口から出てこないというのはやむを得ないでしょう。やはり経験を積み重ねないと。
わたしの高校時代の友人の1人は、電車の中などで外国人を見ると、すぐそばに寄って行って、英語で会話させてもらえないかときいていました。彼女は大学卒業後、某総合商社に就職しました。わたしは、そんな度胸もなかったのですが、高校時代に学校で学んだ文法が、今でも自分の英語の基礎になっていることを感じます。わたしの会話力が向上したのは、実際にそういう環境におかれて、毎日英語で会話せざるをえなくなったからですが、それでも学校で習った文法は役に立っています。

2:わたしは長いこと日本語教師をしており、また自分でも数か国語を学んできました。そこで思うのは、言語の習得にはインプットがとても大切だということです。わたしの今の英語力は、高校時代までに培った文法と、その後に見聞きした英語によるものが大きいです。英語ネイティブでない人が書いたり話したりする英語を、おかしいな、と感じることがあるのですが、それはわたしのそれまでのインプットから判断しているのだと思います。なるべくたくさんの英語を見たり聞いたりするといいですね。その際に使うものは、あまりむずかしいものだと長続きしません。最初からふつうの英語のラジオ放送、というのは無理でしょう。あなたの言うように、スクリプトのあるもののほうが、わからないときに確認ができますね。

まずは英語を外国語として学ぶ人向けの教材がいいと思います。
http://www.eslpod.com/website/index_new.html
は無料ですから、一度聞いてみてはどうでしょう。やさしい英語でユーモアのある解説をしてくれ、楽しく聞けます。ダウンロードにはiTunesがあると便利です。上記のURLの右上の枠の中のListen with iTunesをクリックすると、無料でダウンロードできます。MP3プレーヤーを持っていれば、そこにコピーして、持ち歩いて聞くことができます。なおスクリプトや文法解説は有料(会員制)です。
もしMP3プレーヤーを買うならスピードを遅くできる機種がいいかもしれません。90%が限度でしょうが(遅くしすぎても聞きにくい)。

NHKではいろいろな言語のニュースを、スクリプトつきでネットに配信しています。
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/

英語のニュースが聞けるサイトの紹介です。
http://success-english.net/internetradio_news.htm

タイム誌の子ども版についての説明が以下にあります。これは文字情報。
http://www.english-by-english.com/TFK/contents.html

今はほんとうにいい時代で、ネットでいろいろな情報が手に入ります。時間はかかるでしょうけれど、自分でいろいろ調べてみるのもいいんじゃないでしょうか。

発音はアメリカ英語でよければ、以下をお勧めします。全部英語なのでちょっとむずかしいでしょうか。今はいろいろな国の人がいろいろな発音で英語をしゃべる時代ですけど、発音は明瞭なほうがいいですよね。下記は学校で習った発音とはちょっと違うかもしれません。無料ダウンロード可。
http://www.pronuncian.com/podcast.aspx

興味があればですが、子ども向きの本(絵本ではなくて児童文学)を読むことをお勧めします。薄いペーパーバックの本、図書館にありませんか。初めはたいへんかもしれないけれど、だんだん読めるようになりますよ。100%理解できなくても、あまり細かいことにこだわらずに読んでいくのがいいと思います。

今のあなたのレベルで、日本語の助けが皆無で英語を勉強するのはむずかしいと思いますが、インプットをふやしていけば、日本語を介さずに理解できるようになっていきますし、逆に、英文を読んで意味はわかるけど、日本語には適切な言葉がないなあ(日本語で説明しようとすると長くなる)ということも起きてきます。ちょっとたいへんですが、わからない単語が出て来たときに、英英辞典を引くのもいいと思います。引いてもわからないこともあるでしょうけれど。
わたしは辞書が好きで、よく引きます。ネットではONELOOKという辞書を引きますし、電子辞書も3つ持っています。意味がいまひとつわからないとき、スペルに自信がないとき、辞書でチェックしています。やはり繰り返しがしっかりとした記憶につながっていくと思います。

英語の勉強、楽しんでくださいね。

投稿日時 - 2010-10-23 17:12:22

お礼

御礼が遅くなって申し訳ありません<(_ _)>
回答ありがとうございます。
とても参考になりました!
やはり、しっかりとした文法などの基礎と、たくさんのインプットが大切なのですね。
こつこつと地道に努力していこうと思います。
たくさんのサイトを教えていただいて、本当にありがとうございます。
少しずついろんなものに挑戦していこうと思います。
洋書は、近くの図書館ではおいてないそうです><
もう少し遠くの図書館に探しに行ってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-11-03 14:35:33

ANo.3

資格・試験って、一応の目安にはなりますが残念ながらあれで話せるようにはなりません。
取っておけばまぁ損はないか、というくらいです。
それよりもその資格がないと仕事出来ないようなものだったり、
一目おかれるような資格・試験を取るほうが職業を選択する際には有利ですね。
日本人で日本語のネィティブだって中身のない会話をする人よりは
豊富な知識と深い洞察力のある知的な人の方が引く手あまたでしょう?

同時に今の時点においては出来るだけ見聞を広めること。
もし語学を活かした仕事をするなら、例えば英語や西欧言語を使うとしたら
ヨーロッパの歴史や文化、宗教なども学んでおいた方がいいでしょう。

学習方法はいろいろとあると思うんですが、出来ればバランス良く単語も音読も
発音も文法や会話もやることが一番です。
会話するだけなら文法よりも口語を学んだり会話する機会を増やすのがいいんですが
仕事にするなら文法も学んでおくべきだし、英文やリスニングを通じて単語を増やしていったり、目に付いた英文は手当たりしだい音読したり、作文も効果的です。
あとは句動詞なんかも勉強しておくといいんですけどね。

>英語を勉強するときに、日本語を介在させずに勉強するのが正しい

本気でやろうとしてるならいずれ日本語を介さないで勉強しなければいけない時期はくるでしょう。
前後関係や状況から推測したり、わからない単語は英英辞書を使うなどすれば可能です。
初級英語だけを使って書かれた英語の文法書を読んでみるといいかもしれません。
Basic Grammar in Use という本なら高校1年生レベルでも理解出来ると思います。
日本語と英語は全く系統の違う言語なので、訳して学ぶこと自体に無理があるんです。

リスニング練習の時は意味はとりあえずおいておいて、ネィティブがどこで息継ぎをしているのか、どこで区切っているのか、どこを強調しているのか意識してみてください。出来れば長文を聞いてみるといいです。そうすると意味の区切り目がわかってきます。自分でもその通り読んでみます。
続けていけば読み返しなしで、意味の塊ごとに理解出来るようになります。

とにかくたくさん英語に触れること、会話の機会を持ったり、作文したり、アウトプットの機会を持つこと、英語以外の知識・経験を積むことが大切です。

投稿日時 - 2010-10-23 11:39:40

お礼

回答ありがとうございます。
そうですよね。
私も、試験のための語学勉強はしたくないと思っています。
勉強する過程で、少しでも足跡的なものになれば、いいかな、と思っています。
その時のレベルを知るというか。
それから、やはり仕事をするには、語学だけではなく、いろいろな背景知識も持ち合わせてないと難しいですよね。
これから、少しずついろいろなものに興味を示して、勉強していきたいと思います。
「Baisc Grummer in Use」ですか!
探してみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-23 13:54:12

ANo.2

私は菓子職人で、フランスに留学したことがあります。英語の方が好きだったんですが、やっぱり、フランス語の方が得意になりました。フランスに留学する日本人は 私のように
グルメ関係、それから 服飾とか美術を学びに来る人が多いんですが、語学が目的で留学する人は かえって語学も身に付かないような気がします。やっぱり、何か語学以外で明確な目標がないと 難しいかもしれませんね。



>外国に触れることが楽しいので、将来は語学を武器に仕事をしていきたいな、と思っています。
英語にしても、英語が苦手で損をしている人の多くは 理数系に強い傾向にあります。一方で、英語が得意なのに 英語が活かせきれない人は 理数系が苦手なことが多いです。

>実際、ネイティブの先生と話しても、ほとんど聞き取れないし、伝えたいことが全く口から出てきません。
あまりあせることありませんよ。留学も検討してください。

>また、英語を勉強するときに、日本語を介在させずに勉強するのが正しい、とよく聞きますが、あれは本当なのでしょうか?
本当です。日本語を介在させている限り、本当の英語力は付きません。
例えば 次の文です。“Water is a chemical substance with the chemical formula H2O. Its molecule contains one oxygen and two hydrogen atoms.”こんなの、ネーティブの幼児には理解できません。しかし、辞書で調べれば juyujechyuさんなら理解できるはずです。 でも、これを読めるのは 本当の英語力のおかげではなく、日本語と化学と簡単な英文法を知っているだけだからです。しかし、ネーティブの幼児なら少ない語彙で、takeやgetなどの単語を使いこなせます。これが本当の英語力の基礎です。しかし、学校の英語では
文法と訳読が中心で 肝心なことを随分見落としています。

>リスニングですか?単語ですか?音読ですか?発音ですか?文法ですか?
英語は文字よりも音を重視してください。そして、日本人には難しいRとLを文脈に頼らずに聞き分ける練習を徹底してください。 音読は発音がある程度上手になってからやるべきです。でないと漢文の音読みたいになります。文法は金科玉条にすべきではありません。

>私は将来。英語だけでなく、いろんな語学を習得したいと思っているので、他の言語にも応用できる方法を教えてくださるとうれしいです。
英語は全ての語学の基本ですが、他の言語は応用で身に付くものでもありません。今は英語に専念してもいいですが、大学では英語以外の外国語を専攻した方がいいと思います。
全般的な傾向として、英語を専攻した人は第2外国語も中途半端なレベルで終わりがちですが、英語以外の外国語を専攻した人は 英語もかなり使いこなせることが多いです。
というのは、英語を専攻して英語をある程度までマスターすると、英語だけでおなかいっぱいになるというか、他の言語を覚えるだけの意欲がなかなか高まらなくなるんですよ。あまりいい喩えでないかもしれませんが、先にチョコレートパフェを食べると、牛丼は残してしまうけど、牛丼を全部食べ終えた後でも チョコレートパフェは食べきれるみたいな感じでしょうか。また、別の喩えで言えば、初めに目標の山の頂点に登って 一息ついてホッとして 今までの疲れが どわっと出てくると、さらに登山を続けてもっと高い山の頂上を目指すのはしんどいけれど、先に高い方の山の頂上まで登れば、それより低い山の頂上までは
ラクですよね。

補足をくだされば、もっと具体的なアドバイスをいたします。

投稿日時 - 2010-10-23 10:07:19

お礼

回答ありがとうございます。
フランス語がおできになるんですね!
やはり、留学は大きいのでしょうか。
語学が目的で留学する人はかえってみにつかない。
という言葉、すっごく新鮮でした!
そうですよね。
話せることだけが目標では、弱いですよね。
私も、もう一度よく考えたいと思います。
私は、外国語を話して、他の国の方とコミュニケーションをとれることが、とても楽しいので、そちらの方向で、もっともっと強い目標を定めたいと思います。
また、最後の例、とてもわかりやすかったです。
そうなんですか。
英語だけをやっきになってするよりは、先に他の言語をマスターするといい。ということでしょうか?
確かに、2つの言語を学ぶと、もう一つのほうがよく見えてくる、というのは聞いたことがあります。
是非、他の言語にも挑戦したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-23 13:51:11

ANo.1

昔TOEFLなどに興味を持っていたものです。

お住まいの地域でAFN(FEN),は聞けますか、昔は米軍極東放送(American forces network)とかでもとは(Far East Network)、<- 間違ってたらごめんでちゅ。

これはいろいろな番組や音楽、今はどうか知らないが悩みの相談とかが聞けるので想像力が身に付きまた、ネイティブの発音が単1電池6ケで聞けたのでよかったと思います。

また、Voice of America これは ときどき(This is a Voice of America from Washington DC),とかのフレーズがはいるのでほかのフィリピンやロシアの局と間違えにくいので、きいてみてください。

ちなみに、AFNは中波で、VOAは短波で聞いてましたラジオ雑誌かネットで周波数をチェックしてみてください、うまく聞けるようになり慣れてきたらカセットやCDで何度も聞いてみればいいでしょう(ビートルズの歌を覚えるみたいに。
いい結果を期待してまチュ

By hamutaro

投稿日時 - 2010-10-23 04:53:56

お礼

回答ありがとうございます。
ラジオ放送ですか!
全くこういうの考えてませんでした。
いろいろ調べて頑張って聞いてみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-23 13:45:35

あなたにオススメの質問