みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

母から遺産相続したアパートのガスをプロパンから都市ガスへ、契約会社の変

母から遺産相続したアパートのガスをプロパンから都市ガスへ、契約会社の変更をしたいのですが、以前、父がプロパンガス会社と交わした覚書があるそうで、償却期限が終わっていないので、違約金(簿価)を請求されました。
覚書については母も私たちも知らず、遺産相続で2度名義変更されています。
簿価は支払わなければいけないのでしょうか?

父も母も4年前に亡くなっています。

投稿日時 - 2010-10-21 07:04:08

QNo.6264639

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アパートを建築した時点で、プロパンガスの配管工事費はプロパンガス会社が負担しているものと思います。
プロパンガス会社としては、その工事費は、プロパンガスの使用料から償却している訳です。
お父さんがアパートを建築した時点では、配管工事費が安くなる分初期費用が抑えられたので、プロパンガスを導入されたのだと思います。
一般的に、
自宅は、長い目でランニングコストを考えると都市ガスの方が安いので、都市ガスを導入しますが、
アパート等は、初期費用を抑える為に、プロパンガスを導入する所が多いです。
(当方も、プロパンガス導入のワンルームを持っております)
初期費用を抑えられる上に、高いプロパンガス料金を支払うのは賃借人なので、ランニングコストは家主としては関係ないからです。
プロパンガス会社としては、工事費の償却前に解約されると、損害を負う事になるので、解約時は工事費を建築主に負担させようとする訳です。
プロパンガスから都市ガスに切り替える場合は、都市ガス会社としてもトラブルを回避する為に、プロパンガス会社の同意書を求めるのが一般的だと思います。
したがって、プロパンガス会社の同意が無いまま、強引に都市ガスに切り替えようとしても、都市ガス会社は単純に切り替えてくれないと思います。
・・・・・
アパートを建築した時点で、ガス管の配管工事費は建築主として負担していないのですから、切り替える現時点でその工事費用を負担するのは当たり前のことだと思います。
ただ、今まで何年間かはプロパンガス会社としても減価償却している訳ですから、当初の工事費を全額負担する必要は無いと思います。
その点は、プロパンガス会社との話し合いで、どれだけ減価償却して、どの位残っているのか、交渉次第だと思います。
ガス会社を変えようとすれば、当然残債分は負担すべきだと思います。
・・・・・
今まで、配管の補修等についてはどうしておられたのですか?
一般的に、プロパンガス会社の所有であれば、補修費用はプロパンガス会社が負担していたと思うのですが、名義を変更すれば、今後配管を補修する場合は貴方が負担しなければならないと思います。
ガス会社を変更する場合、新たなガス会社は今迄の配管を検査して、不具合が有れば当然補修なりガス管のやり直しを要求してきます。
都市ガス会社としても、ガス漏れが有れば責任が有りますので、検査もしっかりするものと思います。
・・・・・
なぜ、プロパンガスから都市ガスに変えようとするのですか?
アパートを経営する上で、ガス料金は賃借人が支払うものなので、あまり関係ないと思いますが。
賃借人から、ガス料金が高いとクレームを言われたのでしょうか?
アパートを経営する上で、いかに建築費を抑えるか、十分検討されていると思います。
その上で、プロパンガスを導入されて、お陰で建築費を抑えられて、したがって、家賃も抑えたものと思います。
これが、都市ガスを導入しておれば、ガス管工事費も含めた上での家賃設定になったものと思いますので、プロパンガスでの家賃より高くなるのが当たり前だと思います。
都市ガスとプロパンガス導入の家賃の違いを説明されてはどうでしょうか。
但し、家賃が他より安い場合の説明。
都市ガス導入のアパートと同額程度ならば、この不景気な時代、家賃の値下げも考慮に入れる必要が有ると思います。
(当方も、最近、オール電化の1Kもプロパンガスの1Kも家賃を値下げしました)
・・・・・
アパートを建築されて何年経過しているのか分かりませんが、そろそろ建て替えの時期でしょうか。
プロパンガス会社との覚書では、アパートを取り壊した場合の事はどう書いてありますか?
普通、アパートを取り壊した場合まで配管費用の負担を求めていないと思います。
もし、建て替えの時期にあって、この際建て替えると言うのであれば、オール電化が良いと思いますが、オール電化も一長一短が有ります。
当面建て替える予定が無い場合、建て替えの予定が有るものとして、その事をプロパンガス会社との交渉の材料にして、プロパンガス料金の値下げを交渉されても良いと思います。
・・・・・
とにかく、アパートを建築した時点では配管費用を負担していないのは確かだと思いますので、このままでは済まないと思います。
しかし、交渉次第で、残債分の弁済か、ガス料金の値引きか、色々考えられます。
だけど、その結果により新たな負担が発生する事も考えられますので、よく検討されて、アパート経営がスムーズに行く事をお祈りします。
頑張って下さい。

投稿日時 - 2010-10-21 11:16:27

お礼

ありがとうございました
突然に両親を失い、何もわからず引き継いだのですが、覚書等の書類もなく、簡単に変更できるのかと思っていました。
よく考えて決めたいと思います。

投稿日時 - 2010-10-21 18:11:58

ANo.2

RTO

訂正
4年前にお亡くなりになったとの一文を見落としていました。
もう遺産放棄が出来る期間を過ぎています。失礼しました

投稿日時 - 2010-10-21 07:31:41

ANo.1

RTO

プロパンガスの配管は プロパンの供給を条件に供給会社が無償で行ってくれることがあります。
覚書と言えど、契約は契約ですから履行しましょう

他の債務の合計が大きければ アパートを含む全てを遺産放棄するという手もありますのでどうしても払いたくなければ弁護士または行政書士に相談しましょう。

投稿日時 - 2010-10-21 07:29:43

あなたにオススメの質問