みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相続人が存在する土地物件です。その上に 私の登記すみ建物が立っています

相続人が存在する土地物件です。その上に 私の登記すみ建物が立っています。その土地所有権者が何年か,これに係る債権を主張しないまま放置すると,私の所有になると聞いた事があり

投稿日時 - 2010-10-17 14:28:01

QNo.6256211

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

何年経っても、相続人の土地物件ままだと思いますよ。

あなたも相続人の1人?
賃料の支払いは?
どんな経緯でそこに登記済み建物を建てたのでしょう。

投稿日時 - 2010-10-18 18:27:40

ANo.2

他人の土地と知っていた場合(悪意)は20年
知らなかった場合(善意)は10年

賃借しているものは他主占有といい、この場合、所有する意思ではなく「借りる」という意思なので所有権の時効取得はできません。

他主占有から自主占有に転換を行う場合には、二つの方法があります。
1.占有者が、自己に占有をさせている者に所有の意思あることを表示すること。
例:A(土地所有者)と賃貸借契約を締結していたB(借主)が、Aに対して、Bの所有の意思表示すること。
2.占有者が、新権原により更に所有の意思をもって占有を始めること。
例:A(土地所有者)と賃貸借契約を締結していたB(借主)が、Aと売買契約を締結した場合。売買契約が新権原にあたる。売買契約締結時Bの占有に特に変化はないが、他主占有だったのが自主占有となる。


援用には要件があります。
10年で取得する場合の要件は次のとおりです。
1.所有の意思を持って占有した者である。(所有権の場合)(自主占有)
2.自己の為にする意思を持って財産権を行使する者である。(所有権以外)
3.「平穏」(占有の取得、維持について暴行強迫等の違法行為がない。)
「公然」(占有の取得、維持について秘匿していない。)
「善意無過失」(所有権を有していると信じていて、そのことに過失がないこと)
4.占有の継続(途中で他者が占有したことが一度も無い)

「悪意」または「有過失」の場合は20年占有すればその権利を取得できる。

投稿日時 - 2010-10-17 15:15:13

ANo.1

何等の契約手続き無く建物を建てられたのですか

投稿日時 - 2010-10-17 14:55:27

あなたにオススメの質問