みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校 生物I 遺伝です・・・

高校 生物I 遺伝です・・・

分かりません。まず問題は、

「かぼちゃには果皮の色を黄色にするY遺伝子と緑にするy遺伝子があり、
Yはyに対して優性である。
又、優性の遺伝子Wが存在するとY遺伝子の遺伝子型にかかわらず、
果皮は白色になる。ただし、WとYは独立の法則が成り立つ。」

(1)白色(WWYY)と緑(wwyy)のかぼちゃを交配してF1を作り、
F1を自家受精してF2を作った。F2の白;黄色;緑の分離比をしめせ。

(2) (1)のF2の白色のかぼちゃ同士を交配すると、次世代の果皮の色は白;黄色;緑=6;1;1に分離した。交配に用いた白色の2固体の遺伝子型を示せ。


明日授業であたっているのですが、F1がWwYyになることしか分かりません…。
WwYyの自家受精も分かりません。WWやYYはだめなんですか?

解説お願いします・・・!

投稿日時 - 2010-10-03 12:49:14

QNo.6224527

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)まず、F1がWwYyになります。そして、自家受精=F1同士の配合なので
    WW Ww ww     
  YY 白 白 黄                     
  Yy 白 白 黄
  yy 白 白 緑 
    
*WW,Wwの遺伝子を持つものは必ず白になることに注意!
    ↑問題の条件より
   つまり、wwの遺伝子を持ち、かつYY,Yyは黄色、yyは緑となる
     wwYY,wwYy=黄色 wwyy=緑

    以上を総合すると、白:黄:緑=6:2:1となる。

(2)(1)のF1において、白になる条件の遺伝子は以下
    WWYY,WwYY,WWYy,WwYy,WWyy,Wwyy の6通りである。
    ここで、上の遺伝子の内2つを使って配合し、白:黄:緑=6:1:1になればいいから
    黄色と緑が1つずつできる組み合わせを考えればいい。
    黄色の条件はwwYY,wwYy
    緑色の条件はwwyy     

だから、黄色と緑が1つずつできるのはYyとyyの組み合わせ
    つまり、WwYyとWwyyを配合すると、
     WW Ww ww    
    Yy 白 白 黄           
    yy 白 白 緑

これで、黄色と、緑が1つずつできた
また、Wwは配合する前の遺伝子2つにどちらも含まれているため
Wwの結果だけ他の2倍になるから白になるものは6通りあることになる

よって、白:黄:緑=6:1:1になるには、WwYyとWwyyを配合すればいい。

投稿日時 - 2010-10-03 13:40:01

お礼

とてもわかりやすいです!ありがとうございました!

投稿日時 - 2010-10-03 14:09:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

(1) F1がWwYyですから、そこから生じる配偶子はWY、Wy、wY、wyの四種です。表の縦、横にこの四種を並べて、F2の遺伝子型を書き込むと

    WY    Wy    wY    wy
WY WWYY  WWYy  WyYY  WwYy

Wy WWYy  WWyy  WwYy  Wwyy

wY WwYY  WwYy  wwYY  wwYy

wy WwYy  Wwyy  wwYy  wwyy

となるはずです(確認ください)。それぞれにつき表現型を考えて数えればOKです。

(2)白でないものができるということは、wがホモ(wwという組み合わせ)ができるということですから、交配したF2の両方がwを持っている必要があります。また、白ができるということは、交配したF2の少なくとも片方はWを持っている必要があります。よって白に関する遺伝子型の組み合わせはWw-ww あるいはWw-Wwです。このうち白と白以外が6:(1+1)=3:1で生じるのは後者です(前者だと1:1)。
 次に、緑のものができるということは、yがホモ(yyという組み合わせ)ができるということですから、交配したF2の両方がyを持っている必要があります。また、黄色ができるということから、交配したF2の少なくとも片方はYを持っていなくてはなりません。従って黄色/緑に関する遺伝子型の組み合わせはYy-Yy、あるいはYy-yyのいずれかですが、このうち黄色と緑が1:1で生じるのは後者です(前者だと3:1)。
 以上のことから、交配したF2の遺伝子型はWwYyとWwyyということになります。(1)と同様の表を作って確認してみて下さい。

投稿日時 - 2010-10-03 13:47:57

お礼

ありがとうございます。つまり(1)は12;3;1でいいんですよね?下の方と違う答えなんですが…、
もう少し自分でといてみようと思います。でも考え方はなんとなく分かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-10-03 14:21:22

あなたにオススメの質問