みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律

日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律によって準備金として日銀の当座口座に預金が義務付けられてると思います。

量的緩和や金融引き締めを日銀が行う際、この当座預金口座の金額を増減するよう銀行に命令するものですよね?

たとえば量的緩和を行う際、口座預金金額を増やし流通する資金の量を増やすものですよね。
ここで疑問があります、間違っていたらご指摘いただけないでしょうか。

都市銀行、地銀は口座に預ける最低当座預金金額が法律によって決められてるんですよね?
それは義務である最低預金金額を下回らせず常に口座を預金で満たしておくということでしょうか?
そうであるならば、口座に資金が眠ってしまうわけで、流通する資金がどう増えるのかと疑問を持ちました。

経済に疎く初心者です、どなたかよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-09-29 23:19:11

QNo.6217127

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありません。
(日本銀行への当座預金は無利子で、そこに必要以上の資金を寝かせておくことはまったくの無駄です)


通常であれば、民間銀行は調達した資金を企業への貸付に振り向けるはずです。

しかし、
(1)優良な企業、すなわち銀行からみたとき融資をしたくなるような企業は、十分な資金を保有しており、融資を必要としていない。

(2)一方、実際に融資を必要としている中小企業などには、返済の不安があるため、銀行が二の足を踏んで、融資が行われない。

という状況が生まれます。

このとき、銀行はどうするか。

(1)(2)のような理由で融資先がないとき、その資金を札束のヤマにして倉庫に保管するという方法もないではないかもしれません。

しかし、それでは危険なので・・・どうしようもなくなって、とりあえず日本銀行に預かってもらうという方法をとります。

つまり、日本銀行の当座預金に預金するわけです。

このとき、必要とされている金額以上の当座預金が発生します。


この後も、日本銀行による短期金融市場への大量の資金供給が続いたとしましょう。

民間銀行のなかでは、行き場をなくした資金がどんどん増えて、それが結果として日本銀行の無利子の当座預金にどんどん積みあがっていきます。

ここで、民間銀行の立場になってかんがえてみます。

選択肢は3つあります。

積みあがった(当座預金の)資金を
1.しかたがないので、無利子の当座預金でガマンする。
2.融資以外の方法で運用する。例えば国債。
3.覚悟を決めて、中小企業向けに融資をする。

政府・日本銀行はこう考えました。
「民間銀行はしかたがないので中小企業向けの融資を増やさざるを得なくなるだろう」

これが量的緩和です。

したがって、質問者さまがおっしゃるように、
量的緩和のもとでは、民間銀行による日本銀行の当座預金は、まったく別のメカニズムで増加します。

謝謝

投稿日時 - 2010-09-30 12:29:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

> 量的緩和や金融引き締めを日銀が行う際、この当座預金口座の金額を増減するよう銀行に命令するものですよね?

命令ではなく、銀行の持つ資産を日銀が買い取り、その代金を当座に振り込む形で増減します。

> 都市銀行、地銀は口座に預ける最低当座預金金額が法律によって決められてるんですよね?
> それは義務である最低預金金額を下回らせず常に口座を預金で満たしておくということでしょうか?

法律で、預金額の一定割合を当座に用意しておかなければなりません。これは、何かあった場合に預金を返済できないと困るためです(銀行にとって預金は借金です)。

> そうであるならば、口座に資金が眠ってしまうわけで、流通する資金がどう増えるのかと疑問を持ちました。

法定金額よりも多くの資金が当座に入っていれば、それを引き出して貸付に使う等により、流通する資金が増えます。
ただし、現実には、貸付け先がない等により、当座に単に積み上がっていることもあります。

投稿日時 - 2010-09-30 11:38:57

お礼

ありがとうございます!
大変参考になりました。

投稿日時 - 2010-09-30 14:48:58

ANo.1

質問者様は少し難しく考えすぎていらっしゃるのでは (^^)

単純化して考えてみます。

民間銀行は、行っている融資の残高に対して、その一定割合の金額を日本銀行に預金(当座預金)しなければならないとします。

貸付額に対してどの程度の割合での預金をしなければならないかは、日本銀行が決めることができるます。

もし、民間銀行が日本銀行に当座預金をしなければならない割合を日本銀行が引き上げれば、民間銀行は日本銀行への当座預金を増加させる必要があります。
そこで、何らかの方法・・・例えば手持ちの国債を売却するなどして資金を手当てし、それを日本銀行の当座預金に振り向けるといった方法をとります(ここではそう考えましょう)。

もしくは、そのときの当座預金で足りるように、“貸付残高を減少させる”ことになります。


日本銀行が当座預金の割合を引き下げたときは、この逆になります。

すなわち、民間銀行は当座預金に眠っていた資金を国債等の運用に振り向ける。
ないし、当座預金額はそのままにし、枠の拡がった貸付残高を増加させるわけです。

まとめると、日本銀行が当座預金の割合を引き上げれば(つまり金融引き締めをすれば)、民間銀行の貸付が減少し、つまり流通する資金は減少します。

逆に、当座預金の割合を引き下げれば(つまり金融緩和をすれば)、民間銀行の貸付が増加するため、流通する資金も増加します。

という仕組みです。

>民間銀行は義務である最低預金金額を当座預金に満たしておく、そうであるならば当座預金に資金が眠ってしまう

わかりやすく言うと、そのとおりです。

民間銀行が日本銀行に当座預金として“強制的に眠らせる資金”の量を調節すること、
つまり(1)眠らせる金額を増やすことで、民間銀行の貸付を減らし資金の流通量を減らす、
ないし(2)眠らせる資金を減らすことで、民間銀行の貸付を増加させ資金の流通量を増やす、
という金融調節を日本銀行は行っているわけです。

謝謝

投稿日時 - 2010-09-30 11:35:29

お礼

ありがとうございます!

勘違いしていました。
量的緩和とは日銀当座預金口座の金額を減らすことですね。
ぼくは量的緩和とは当座預金の金額を増やす事と思い込んでました汗

大変参考になりました。

投稿日時 - 2010-09-30 11:47:04

あなたにオススメの質問