みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

タバコのことで納得がいかないこと

タバコのことで納得がいかないこと

タバコは20歳以上と決められていますが、これは未成年が喫煙をすると発育に支障をきたすからですよね?
こうやって喫煙者に対しては、法律で健康に対する配慮がなされているのに、
非喫煙者に対する、健康の配慮がほとんどされてないのはおかしいと思うのです。
未成年でも、それは吸って健康に害をきたしても自己責任だし、構う意味が分かりません。

麻薬は自分の意志とは裏腹に他人に、社会に迷惑をかけるから禁止ですが、
タバコも外出先で吸っている以上、麻薬とは程度が異なりますが、迷惑はかかりますよね?
他の国も合法だから、タバコを禁止にすると税収が減るから。
とかが理由なんでしょうけど、こんな理由でタバコが合法なんてのは正直納得がいかないですけどね。

最近は分煙の取り組みも進んでいますが、現状ではそんな場所が少ない。
喫煙者が自分の家のみで吸ってくれる分にはまだ良いにしても、
公共の場で吸われるのははっきり言って非常に腹立たしいです。
煙や臭いが大嫌いで、隣に喫煙者がいると、自然に手が出そうになるくらいです。
せめて、公共の場では全面禁煙にsてほしいのですが、これも無理なのはやっぱりお金の問題でしょうか?

タバコが合法なのは税収の問題と聞きましたが、
いっそのこと、とんでもなく値上げして、一部の富裕層しか購入できないようなシステムは無理なんでしょうか?
価格と需要、そして税収のバランスが難しそうですが。
1個当たりの単価を上げて、喫煙者が減れば迷惑を被る人は減り、
喫煙者の健康の問題も是正されるでしょう。

何か、いろいろなことを書いてしまって、申し訳ありません。

投稿日時 - 2010-09-27 17:21:06

QNo.6211833

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私の会社では喫煙者の為の部屋を作って

喫煙者はタバコが吸いたくなったら

その部屋へ行って15分ぐらいタバコを吸い

同じ喫煙者と話に興じてるようです。

それも、一日喫煙者は何度もその部屋に行きます。

合計すると一日1時間ぐらいはタバコ+お話

その間、非喫煙者は「もくもく」と働いています。

完全にイカレてる会社です。

他の方の回答はひとまづおいて、そういう点についてはあなたに

同意します。

投稿日時 - 2010-10-02 17:19:40

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

たばこをただ値上げしたり、税金を上げたりしたところで、駄目なものは駄目です。
結局、安い違法たばこや偽造たばこというのが普及するだけではないかと思います。
フランスやイギリスでそうだったようですから。
日本なら暴力団の良い資金源になることでしょう。
禁止されているにもかかわらず麻薬や覚醒剤が国内で売られているのと同じことです。
もちろん私も非喫煙者ですし、納得いかないこともあります。
よくコンビニの前で吸い殻入れがあって、喫煙場所になっていたりします。
店としては店内が禁煙だから、そこで捨てて入るようにという認識のようですが、今時多くの自治体で歩行喫煙を禁止する条例を作っています。ということは、そんな吸い殻入れは要らないわけです。でもなくなりません。
それから飲食店での喫煙も。
例えば酒を飲む場合、注文してお金を払いますが、喫煙は持ち込みで、それでいて店の人に吸い殻を始末させます。
飲食店での喫煙は、店から1本100円くらいで買って吸うように、法律で義務づければ、吸うのをあきらめる人も増えて良いかもしれません。もちろん全面禁煙の方が良いのは確かですが。

投稿日時 - 2010-10-02 22:37:09

ANo.5

禁煙して5年以上経ちます。結論から言えば、すべての日本国民に自由と権利が認められています。

タバコがどうのこうのとか、お酒がどうのこうのとは個人的に規制はしにくいですね。

犯罪者になりたくなければ犯罪に手を染めないこと。タバコが受け入れられないのなら喫煙者から遠ざかること、お酒が嫌いだったら飲み屋には行かないことです。

この世は自由もあるが制限もある。アメリカで禁酒法なる法律が出来ました。このことでギャングが莫大な利益を得た。アルカポネ知ってますよね。

表という人もいれば裏という人もいる。すべては本人が環境に合わせて生きてゆくしかないと思います。

投稿日時 - 2010-10-01 15:40:15

ANo.4

質問者の方は結局、”現実的な話しとして”どうしたいのでしょうか?

私は最終的にはタバコそのものが無くなるのが理想です。
しかしそれは現状はなかなか難しい。
じゃあどうするか?

約半分の喫煙者の人が禁煙したいと思っているというアンケート結果が多いところをみると、そういった喫煙者を禁煙に導いてあげるのが一番、誰にとっても幸せで現実的であると考えます。

このOKWaveのサイトで禁煙で苦しんで質問されている方が沢山いるので、その方たちにアドバイスをあげること、ミクシィで禁煙のコミュがあるので、そこで応援してあげること、そういったプラスの働きかけは誰にでも出来ることです。

また、今、民主党の多くの方が昔から禁煙化に前向きな政治家が沢山いるので、今が勝負だと思います。
民主党も自民党も似たり寄ったりですが、この禁煙化に前向きな部分については良い意味で利用出来ます。

憎むべきは喫煙者ではありません。
憎むべきは絶妙なバランスで依存症に仕立てたたばこ会社と政府です。
財務省がたばこ会社の株を保有し、たばこ会社に沢山の天下りがいます。

私はブログでずっと訴え続けてきて、市役所・区役所と電話したり、直接役所にいったり、お店に意見を出したり、何年も活動を続けてきました。
でもその何年もの間より、今が勝負だと思っています。

その勝負どころで、喫煙者に対する愚痴だけで終りにしますか?

投稿日時 - 2010-09-29 01:40:09

ANo.3

質問者の意見もわかりますが。
自分も非喫煙者ですが友人・同僚が側で喫煙していても文句はいえないし。会社・公共機関等なら昨今
分煙徹底してるので問題ないでしょう。

喫煙者だから→全部社会悪?て?論理は飛躍しすぎでしょう。→個人の嗜好の問題なので

最近では分煙も進んでるので十分妥協する余地があるでしょう。ただ家庭内は?わかりません。

投稿日時 - 2010-09-27 22:18:07

お礼

法律で認められている以上、喫煙者が悪とは言えませんが、
現状のタバコに対する日本の社会の施策を見ていると、
非喫煙者のことがあまり考慮されていない気がしまして。
まあ、国に太刀打ちできない現状を踏まえると、喫煙者を憎むしかできないのですが・・・。

投稿日時 - 2010-09-27 22:26:45

ANo.2

こんばんは。

公共の場での喫煙制限は徹底されて来てますね。
喫煙者ですから良く解ります。(えっ、まだ足りない?)
でも根本的に解決出来ないのは
・莫大な税収源を捨てられない。
・生産者とか販売者などの業者へ配慮   なんでしょう。

#1さんのように底辺からマナーの徹底、被害の周知などを行い、
自然に喫煙機会を減らして行くのは良い方法です。
徐々に税収が減ってきて政府はその間別な財源を考えるでしょう。
でも時間は掛かりますね。

これがポンプアップとしたら逆にトップダウンと言う方法があります。
喫煙禁止法及びタバコ生産販売禁止法の成立です。
タバコの取引は暗黒社会でのみ行なわれます。
でもこれは反タバコ派の強力な運動が必要となります。業者側の反対も強いでしょう。
政治家がみんな非喫煙者になればやるかな。

地方自治体が条例で喫煙制限を強化するのは効果的だと思います。
キメの細かな制限が出来ます。
ココも吸えない、アソコも吸えない、もうダメだー。
さすがの私も止めるかも。

実際のところ、喫煙者は徐々に減って行くと思いますがそれを見越して
今までのようにダラダラと中途半端な値上げをしていくのだと思います。

――――以上
これを書いている間に2本吸ってしまった。

投稿日時 - 2010-09-27 21:41:19

ANo.1

タバコと健康が確実に結びつくのに時間がかかりました。
わかり初めてからも動きが遅かったのも事実です。
やっと少しずつ動き出しました。

自治体によっては公共の場所(道路も)での喫煙を禁止しています。
守られていない or 知られていないのが現状ですが。

タバコには依存性があります。
いきなり止めるのは生物としてきついものがあるのでしょう。
止めさせるのは難しい、なら新規のタバコ中毒者を出さないことが重要だと思います。

税収の問題はとても難しいです。
タバコはヒトを殺します。
正確には平均寿命を縮めています。
タバコが無くなったら寿命が伸びます。
結果的に働けない高齢者が増えます。
少子高齢化が膨らむことになりかねません。
そうなると年金、介護、医療の3本柱が重くのしかかります。
税金投入です。

一つの空想のシナリオですがね。

タバコが無くなったらとても良い環境なのにってよく思います。

心がけてることがあります。
私の地区ではバス停付近が禁煙なので禁煙しているヒトがいたら
「バス停へ禁煙ですよ」
と教えてあげてます。

質問者様もここで叫ぶだけじゃなく、ぜひなにか一つ行動してみてください。
その行動は、他のヒトの行動にも繋がります。

頑張って生きやすい世界を目指しましょう。

投稿日時 - 2010-09-27 18:08:46

あなたにオススメの質問