みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害者年金の申請について・・・

障害者年金の申請について・・・

現在、躁うつ病で精神科に通院中(2年目)の者ですが、現在、就労困難ということで無職のため経済的な理由から障害者年金の申請をしてみようと思っています。障害者手帳の申請をした際は申請書と医師の診断書だけで1ヵ月後には障害者手帳2級が発行されたのですが、『障害者年金の申請』の場合は、申請書や医師の診断書(意見書)の他に何か特別な審査があるのでしょうか?

因みに、現在の生活状況は・・・彼(アルバイト中)と同じアパート部屋に同居中ですが結婚はしていません。同じ住所ですが世帯主は別々、掃除・洗濯などの清潔保持をしてもらっている状態で、家賃や生活費などはシェア(半分)といったかたちで支払っています。この状態を2年近く続けてきて、もう私自身の経済的余裕がなくなってきた為そこで障害者年金を申請しようと思ったのですが、このような生活スタイルで申請する場合、同居人である彼(アルバイト中)の収入状況なども審査の対象になるのでしょうか?又、生活保護の申請のように私の口座残高(すべての預金通帳・手持ち金)や家族構成(家族からの援助が可能かどうか?)といった審査などもあるのでしょうか?

■初診日:平成20年8月(※年金の未納は一切ありません)
■『障害者手帳2級』を持っています
■無職
■生活スタイル:シェア生活(同じ住所ですが世帯は別々)
■私は東京でシェア生活、実家は名古屋市で家族あり(持ち家・収入あり)
■通院先の主治医は、「申請するなら診断書は書く」と言ってくれています

投稿日時 - 2010-09-25 13:37:48

QNo.6206839

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず、初診日が20歳前なのか、それとも20歳以降なのかを見ます。
20歳前であれば、保険料納付要件は一切問われません。
その代わりに、本人(本人だけ)の所得の状況が調査されます。
(課税証明書など、本人の所得を証明する書類の添付が求められます。)
20歳前に初診日があるときの障害年金は、所得制限があるためです。
逆に、初診日が20歳以降のときは、保険料納付要件は問われますが、
所得の状況は、配偶者(内縁関係も含みます)や扶養家族がいない限り、
本人も含めて、一切問われません。

あなたの彼が内縁関係(事実上の配偶者)ではなく、
単なる同居人に過ぎないのあれば、彼の所得の状況は一切問われません。
そのような審査もされません。

同様に、あなたの口座残高などを調べたりするようなことも、
一切ありませんし、家族からの金銭的援助の有無なども調べません。
つまり、生活保護のときのような審査が行なわれることはありません。

最も大事なのは、初診日のカルテが確実に存在していて、
かつ、それに基づいた初診証明(受診状況等証明書)が得られること。
そして、初診日から1年6か月を経過した時点で
障害年金が支給され得る障害程度(手帳の等級とは全く別物・無関係)に
該当することの2つです。

障害者手帳の等級と障害年金の等級とは無関係ですから、
障害者手帳が2級だからといって、必ず障害年金も2級になる、
というわけではなく、支給されない(不該当)ことも十分あり得ます。

特に、初診日が国民年金にしか入っていないときにある場合、
つまりは厚生年金保険に入っていなかったときにある場合には、
障害年金の3級相当に該当する障害でも、実際には障害年金は出ません。
初診日が国民年金だったときは、障害年金の1・2級に該当する場合しか
受給できないからです。
(逆に言えば、初診日のときに何に入っていたかを審査しています。)
 

投稿日時 - 2010-09-25 21:52:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問