みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

質問させてください。よろしくお願いします。

質問させてください。よろしくお願いします。


ステロイドは抗炎症作用や免疫抑制作用があるとききます。
なので、ヘルペスによる角膜炎にはステロイド使用が禁忌となっているのですが、
細菌性の感染症には抗菌薬とステロイドを使用しますよね。


ウイルスは細胞性免疫、
細菌は液性免疫によって排除する機能が体には備わっているとききますが

ステロイドを使用して、この免疫を抑制してしまった場合
ウイルス性、細胞性ともに感染症は悪化してしまうのではないでしょうか?
しかしどうして細菌性感染症にステロイドは可なんでしょうか。


ヘルペスのみ禁忌なのかと思いましたが、
アデノ8型の流行性角結膜炎に私がかかったさいに、
抗菌薬とステロイドを点眼していたので、アデノウイルスはステロイドでは悪化しないと
いうことですよね・・・

考えるほどごっちゃになって
整理がつきません。


詳しい方いらっしゃいましたら
ご教授お願いします。

投稿日時 - 2010-09-14 02:30:56

QNo.6181081

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

おっしゃるようにステロイドは免疫抑制剤ですので細菌感染に単独で使うことはありません。当たり前ですが結膜炎もステロイドだけ使うと大変なことになります。
そこでステロイドの一時的な抗炎症効果や免疫抑制効果と抗菌剤を組み合わせると細菌感染には抗菌剤だけより効果的に働きます。ものもらいや結膜炎に使う市販の抗菌剤入り目薬にもステロイドではありませんが抗炎症剤が配合されています。

抗炎症作用、免疫抑制とは生体の代謝を阻止するもの、つまり生命活動を弱体化するものです。ステロイドで一時的に生体の生命活動を弱めてその隙に抗菌剤でたたくというわけです。ですから短期勝負ですね。いつまでもだらだらと使うべきではないでしょう。

投稿日時 - 2010-09-14 16:52:12

お礼

なるほど、よくわかりました!

御恥ずかしながら医療系の大学にいっていたのに
ずっとこの点について疑問を持ちながら質問できずにダラダラと
すごしていましたが、やっと理解できました。

細菌やウイルスの強さにもよるんでしょうけれども
基礎が理解できたのですっきりしました。

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2010-09-14 21:58:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

免疫抑制よりも、抗炎症作用が必要と判断された重症感染症においてステロイドは使用されます。

投稿日時 - 2010-09-14 16:44:26

お礼

なるほど、ケースバイケースなんですね!

ありがとうございました、すっきりしました。!

投稿日時 - 2010-09-14 21:52:46

あなたにオススメの質問