みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医者が患者に説明しない病院

母が総合病院に入院しました。健康診断で肝機能ほぼ全て基準値の10倍、及びγGTPが2000。

初日担当医の先生に受診後10日経ってもその後検査ばかりで一度も病棟に来ないと、母が私に苦情を漏らしていましたので、TELにてナースにその旨伝えると「先生は今日は出張中で明日しか帰りません」と言われました。

そうするとなんとその一時間後に先生が来られ、その後毎日来てるそうです。(何?この対応)

また、その医師から病名の告知もなく「γGTPが1000になったら退院しましょう」と言われたらしいです。

ウイルス性肝炎、肝癌etcの所見がなく単なるアルコール性の肝障害で、自覚他覚所見もなければ自宅静養及び専門医(心療内科etc)での通院で可能と言うのは熟知していますが、何の告知もなく素人の母が「γGTPが1000」と言う異常値でなぜ退院なのか?不安がってました。

インフォームドコンセント不十分なこの医師に頭にきた私は再度病院にTELしましたが、先生不在。「病名も言わずにどういうことか?私の携帯に電話をくれ」旨伝えたところ。次の日、親切丁寧にその医師が母に病名とγGTPが1000でも退院できる理由を述べたらしいです。

更に頭に来るのが、病院から重症な患者の家族ならTELすることもあるが、軽症な患者の家族にはTELしません。と言われました。

私が病院にTELしましたので、先生は病棟に来るようになった。また病名を告知した、肝機能が異常でも退院できる旨を母に告げた。頭にきてます。私が行動を起こさなければ病院は何もしないし説明もしない。

ちなみに見舞いに行けない遠隔地に入院してますのでTELでのやり取りです。このような患者、家族へのインフォームドコンセントがなされていない病院?????

電話の内容ですと、この共産党系の病院は、遠隔地にいる家族に(病院になかなか行けない)症状の説明はしないと、とれます。

どう思われますか?

投稿日時 - 2003-08-02 10:43:06

QNo.617638

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

10mbさんのおっしゃることは同情できる部分もあるようですね。
たしかに、おっしゃることが確かであれば、少なくとも主治医は患者本人(この場合お母様)へは病状をきちんと説明するべきでしょうね。
この点に関してはこの医師に改善すべき点があるように思われます(文面からはすでに改善されているようですね)。

しかし、患者さんの家族へ病状説明をするのは、患者さんが急変した時と、家族から病状を聞かれ説明することを患者が同意する場合のみに行うもので、この点に関してはこの医師に問題は無いと考えます。
特に電話で病状を説明することはよっぽどの場合を除いては、無いと思います。
その理由の一つは、いくら電話で家族だと言われても本当にそうかどうか確認のしようがないからです。
赤の他人にうっかり病状を説明してしまっては、後で患者や家族に訴えられるのは医師の方ですから。
たとえば、末期癌など不治の病だった場合にそれを伝えたことで、本人に内緒で、生命保険に加入されていたりしては問題でしょう?

家族なんだから説明ぐらいしてくれ!と言う10mbさんのご主張も一見ごもっとものようにと思われますが、しかし一番の前提として、病気は患者本人のものであると思います。
医師の最低限すべき仕事とは、その医師の持つ知識を総動員して、患者の状態を把握すること、そしてそれを情報として患者本人へ伝えること、さらにはその医師が知りうる最上(最適)の治療を患者へ勧め、患者の選択した治療法を正確に遂行することだと思います。
心の支えももちろん重要です。
そう言う意味で患者の家族が支えになることは間違いありませんが、やはり電話など患者不在の状況で、病状を他人(この場合本人以外と言う意味ですので、家族も含めて他人)に説明することは、むしろ良いこととは思いません。

やはり本当に病状をお聞きになりたいのでしたら、医師から患者へきちんとわかりやすい説明をしてもらい、それを患者から教えてもらえば良いだけのことで、どうしても10mbさんが医師からお伺いになりたいのでしたら、患者さんの元へ行き本人同席のもと、医師から説明をしてもらうのが筋ではないでしょうか?

何の病気か分かりかねますが(文面からではアルコール性肝障害でしょうか?)、心から心配されているからこそ病状を聞きたいのだろうと思います。
でしたら遠方であっても患者さんのお見舞いに行かれては如何ですか?
人の命がいつまで続くかは医師にだって分かりません。
今回の病気がアルコール性肝障害で改善傾向にあったとしても、入院中に絶対に死なないと言う保証は誰にもできません。
お見舞いに行かれれば患者さんも喜ぶでしょうし、アルコール性肝障害であれば、アルコールを断つと言う治療に前向きに取り組むよう励ましてあげる事もできます。
まさにこういった励ましは医師や看護婦なんかよりもよっぽど家族の存在が重要だと思われます。
なぜアルコール性肝障害になったのかお聞きになりましたか?

以上、独りぼっちで入退院され、お見舞いもない患者さんをよく診る一医師からのコメントでした。

ちなみに私は共産党員ではありませんが、あえてこの言葉を使われた理由は何でしょう?
趣旨と全く関係が無いように思いますが。

投稿日時 - 2003-08-03 20:36:18

お礼

ありがとうございます。転院を考えています。理由はお礼で述べた次第です。

医者の行為(患者、家族への説明があまりにも不十分)
くどいですが、何らかの病気であれ「告知」の同意を得ていた。しかし、Drは患者及び私に何の告知もしなかった。(私が行動に出るまでは)

私が行動(TEL)した後Drの行動が激変した。まったく信用がおけません。ちなみに共産党系のHPと表記したのは、あえて病院名を言いたかったのですが、それは大人気ないと思いそのような表記をしました。

名前は出しませOO会病院、OO州病院、母が入院した病院は、医局から離れてアウトローな医者ばかり。現在の大学からのネーベン先Drが技術に優れているなどとはこれっぽっちも思っていません。しかし、自分でわからないことは医局に相談します。アウトローな医師はどうするんでしょう?先輩に聞く?先輩がわからなければどうなるんでしょう?

縦社会が良いとは思っていません。小泉さんを恨んではいないのですが、その病院はマルメではありませんが、入院日数の短縮が各病院で打ち出されています。その病院がどうかは知りませんし、教えてくれないでしょう。

見舞いに行きたいです。本当に見舞いに行きたいです。ですが頻繁には不可能なのです。母への思いが先走りかなり偏見的な意見を述べたかもしれませんし、事実かもしれません。

投稿日時 - 2003-08-05 17:29:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

文章の内容が正しいのであれば、チョット・・・と思いますが
最終的には、程度の問題と思います。

でも、体の事ですので
不安に思うのであれば、時間を作って一度、先生や病棟の看護師長さんと直接話すことが良いと思います。

それでも不安が解消されないのであるなら、その病院しか入院することが出来ないものでもないと思いますので他の病院を検討されるのが良いと思います。

投稿日時 - 2003-08-03 14:03:17

お礼

どうもありがとうございます。母と私はかなりの遠隔地であり、仕事上の都合もあり一月に1回見舞いにいければ良い(可能)な状況です。今度、Dr看護士に直接話したいと思います

投稿日時 - 2003-08-05 16:44:38

ANo.1

 物事には必ず両面があります。少なくともその両方を知った上でないと判断すべきでないと思います。

 あなたの言い分はもっともです。すべて事実なら、その病院は良くない病院かもしれません。

 けれども、

》病院から重症な患者の家族ならTELすることもあるが、軽症な患者の家族にはTELしません。と言われました。

 これは正しいことだと思います。
 極端な例ですが、たとえば、息子、娘、合わせて10人いる母親がいたとして、その母親が入院しているとしましょう。
 それで、遠隔地に住む息子、娘たちが、毎日のようにめいめい病院へ電話をかけてきて、ああだ、こうだと言ってきたなら、この病院の病棟婦長はキレれてしまうでしょう。主治医とともに「もううるさいから、退院してもらおうか」と言いだすでしょう。

 患者には家族が必要です。家族のサポートは患者にとって重要です。ただし、病院は窓口となる家族を何人も設けません。ほとんどの場合、患者を訪ねて毎日のように病室へ来ている人物を窓口となる家族とします。

 ただし、身近な家族が一人もいない場合、話し合いの結果、遠隔地に住む家族を特定することもあるでしょう。その病院が挙げた電話をするケースは、たぶんそのような場合です。ただし、それには、事前の病院とのきちんとした打ち合わせが必要です。

 ところで、あなたのお母さんには身近な家族はいないのですか? もしいるなら、まずその方を窓口とすべきです。娘だからといって、窓口を飛び越して直接電話するのは正しいことではありません。もしいないのなら、あなたが窓口となることをあらかじめ病院ときちんと打ち合わせしておけばよいでしょう。

 インフォームド・コンセントとといっても、ケースバイケースです。まだまだ日本では、たとえば米国のように、患者に直接「あなたは癌です。余命3か月です」と言ったりしません。患者のことを考えれば、そのようなことはできません。そういう場合は、窓口となる家族の役割が重要になります。

投稿日時 - 2003-08-02 12:01:55

お礼

あまりこちらの家庭環境など記入したくなかったのですが、母に身近な家族はいませんし、最初の問診の際、がんの場合告知の承諾(母、私)してますし、先生にもナースにも私が家族の窓口であり、何かあった場合は電話してくれるよう約束はとっていました。

私が電話したからその後毎日担当医が来るようになった
私が電話したから患者(母に)詳しく病名を言った。

》病院から重症な患者の家族ならTELすることもあるが、軽症な患者の家族にはTELしません。と言われました。

 これは正しいことだと思います

それが正しいのなら寂しいものです。

投稿日時 - 2003-08-02 17:31:25

あなたにオススメの質問