みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

10月に宅建の試験を受けます。

10月に宅建の試験を受けます。
独学で初受験、テキスト&問題集は
「らくらく宅建塾」を使用してます。

GWから勉強を始め、

テキストを1区切り読む→該当する過去問をやる

のやり方で昨日ようやく、
テキスト1冊&過去問3冊を終えました。

今日、力試しのつもりで市販の模擬試験をやってみた所、
ここに点数を書くのもお恥ずかしい程、
散々な結果でした(泣)

今から過去問つぶしを必死でやろうと思うのですが、
過去問の回し方としては、(例えば3回回すとして)

(1)民法×3回→宅建業法×3回→法令上の制限3回→その他の分野×3回

(2)民法→宅建業法→法令上の制限→その他の分野の順番で3回

どちらがいいのでしょうか?

また、その他の分野の土地・建物の項目が苦手で必ず間違い、
解説を読んでも理解できません。

土地・建物について何かいい対策はあるでしょうか?

以上、長くなりましたがどなたかお助け下さい。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-09-11 19:59:03

QNo.6175222

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

過去問を回す余裕があるのならやるのもいいでしょうが、残り1ヶ月しかない状態ではおそらく1回回すのが精一杯だと思います。予想問題も1回はやっておいて、試験の時の時間配分を考えておいた方がいいです。試験ではどんなに早くできても途中退室出来ないので、120分という時間をいかにうまく使うかが問われます。

時間がないときに教科書や試験問題通り民法から始めるのは非効率的です。民法はある程度成果が付くまで時間が掛かるので、普段からこつこつやらないとなかなか点数には結びつきにくい分野です。同じ権利関係でもこの時期になってくると、むしろ借地借家法や不動産登記法をやってから民法に手を付ける方が得策です。
逆に、宅建業法は勉強したことがすぐ成果に反映されやすいので、ここから手を付けることをお薦めします。実際、合格者の多くは宅建業法でしっかり点を稼いでおり、多くとも3問程度までしか落としていません。試験の点がまるで取れていないと感じる部分の多くは、この分野で点が取れていないことが多いです。
また法令上の制限は出来てるでしょうか?これも結構合否を分ける問題になりやすいので、早めに手を付けておいた方がいいでしょう。
その他問題は、重要問題だけ押さえれば何とかなるものが多いです。税法も基本に集中して取れるようにした方がいいでしょうね。

土地・建物は毎年どっちかが難問でどっちかが簡単な問題になってます。
まず2問は取れない、取れて1問と覚悟しておいて下さい。

投稿日時 - 2010-09-14 18:39:13

お礼

今、宅建業法から復習を始め、過去問を回し始めています。

権利関係は、もう初めに勉強した記憶がすっかりと抜け落ちていますので
アドバイス通り、借地借家法や不動産登記法をやってから民法に手を付けていきたいと思います。

法令上の制限も、うろ覚えですので、点を落とさないようにしっかりと基本をおさえます。

あと、1ヶ月、どれくらいできるかわかりませんが、がんばります!
ご回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2010-09-16 13:18:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

もう、あまり時間がないので、短時間に沢山こなせる「一問一答」
問題集(住宅新報社など)がおススメです。また、「宅建業法」は
やっただけ、短時間で成果が出ますので、これを重点的にやるだけ
でも上手くいけば5点ぐらいアップすると思います。それと「統計
問題」は例年、必ず1問出ますが、知っていれば確実に答えられる
問題なので、いわばボーナス問題です。下の「十影響」さんのサイ
トを見ると、攻略法や直近のデータが載っています。また、その他
演習問題も豊富にありますので、これを活用する事をお勧めします。
(ご質問の分野もかなり、細かく解説があり、役立つと思います)

参考URL:http://tokagekyo.7777.net/

投稿日時 - 2010-09-12 20:26:23

お礼

一問一答集は持っていなかったので、早速書店で購入しました。
隙間時間をうまく見つけて活用します。

教えていただいたサイトも、見てみました!
参考になりそうです。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-16 13:13:24

あなたにオススメの質問