みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カフカ「変身」について。。。。

チェコの文化に興味があるのですが、「変身」の内容がよく理解できません。また、当時の作家自身の状況や、時代背景等も調べたいのですが、なかなか良いサイトが見つかりませんでした。もしそのようなことに詳しい方、サイトをご存知の方がいらっしゃったら教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2003-07-24 19:40:41

QNo.610171

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

変身を語るときには、やはりそれを書いたカフカと、それが書かれた
時代背景を考慮すると、作品をさらに深く味わえると思います。
フランツ・カフカは1883年、つまり19世紀末のプラハに、ユダヤ系の商人の
長男として誕生しています。
当時のプラハはオーストリアとハンガリーの両帝国の
はざまにあり、
一般の人々はチェコ語を、富裕な人々はドイツ語圏である
オーストリアにならってドイツ語を話しました。
カフカの父もまた、富裕な商人であったため、カフカは
ドイツ語を語り、ドイツ語で小説を書くことになります。
そうした世紀末の重苦しい雰囲気を作品は反映しています。

「変身」が世に出たのは1912年、29歳のときであり、その二年後の1914年には
第一次大戦が始まっています。
多くの文芸評論家は、ここに「時代の予見」を感じ取ります。なぜなら、
カフカの描く小説世界は常に「不安」がキーワードだったからです。
ある朝目が覚めると大きな毒虫になっていた、というまるでSFかホラーのような
作品の冒頭から、不安と迷い、どうにもならない自分を深く見つめた作品は、
まさに時代の変わり目に立つ当時の人々の不安を象徴していた、といえます。

そうした時代背景を考えながら「変身」を読み解くと、単なるストーリーの
面白さを超えた、人々の心の奥底にある不安をあぶり出すものとして
味わい深い作品となっています。

ちょっと抽象的ですが。。。

URLも参照にどうぞ。略年表もあります。

参考URL:http://home.att.ne.jp/theta/wgkosima/Germanistik/KAFKA1.html

投稿日時 - 2003-07-24 20:12:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

10年以上前に読んだのですが、面白かったですね。
どこが面白いか?

ずばり、主人公の「態度」ですね。

あんまり想像したくないけど、朝起きて自分が巨大虫になっていたら、普通はパニくります、ところが主人公はその格好で仕事に行こうとさえする(でしたよね?)。

よく理解できない、それでいいんじゃないでしょうか。
つまり、なにも、主人公に自分を重ねて感情移入できるばかりが文学ではない、
あらすじが合理性を持っていなくても良い、ということ。

作者がそれで何を表現したかったのか、そこに着目するには充分な材料だ、という捉え方をしてはいかがでしょうか。

たとえば、
人間が虫、という、ありえない(これこそほんとの「ありえない」の言葉の正しい使い道^^;)変身を、主人公はどのように捕らえたか。
・たいしたことではない、と思った?
・見た目はどうでも自分の思考が生きているから自分?
・パニックになるのが怖くてむしろ現実直視拒否?
・普段からある意味絶望し続けて生きていて絶望には慣れている?
・地に足がついて「自分」と名乗れるような確かなものは持っていなかったから、虫ぐらいに変わっちゃってもこだわらない、驚かない?

などなど。
疑問を疑問のまま、抱き続けて読んで欲しい、
ここが作者の最大の狙いではなかったでしょうか。

投稿日時 - 2003-07-24 22:38:30

あなたにオススメの質問