みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

メディカルスクールについての質問です。

メディカルスクールについての質問です。
私は小学から高校までインターナショナルスクールに通ってました。今はアメリカの大学にインターナショナルスチューデントとして通ってます。大学二年生です。

私は医師に将来なりたいのでメディカルスクールに大学4年卒業後、入りたいと思ってます。
アメリカは日本と違い大学一年生から医学部に入るのではなく、大学4年卒業後MCATとインタビューを受けなくてはなりません。メディカルスクールに入るのはとても厳しく競争率が激しいです。
アメリカ人でさえ受けた10%しか入れないのです。アメリカ国籍がない場合、ほとんどが落ち、本当にわずか一人や二人位しか入る事が出来ないのです。

私は日本国籍です。
アメリカの教育を受けてるのでアメリカのメディカルスクールに出来れば入りたいです。成績はいいのですが成績トップではありませんし、日本国籍なので入るのは難しいと人から言われています。
日本で医学部に入学するべきでしょうか?
日本の大学は医学部は7?8?年コースなので途中から入学、編入する事は可能ですか?
日本の医学部に入ったとしても英語で昔から授業を受けてるので日本語で着いて行けるのかが心配です。
将来はどこで住みたい、働きたいとかは未だ決めてません。私が行ける場所があればいいと思ってます。(国籍の問題もあるので)

どうかアドバイスを頂けないでしょうか。
何が情報があれば教えてください。
よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2010-08-07 23:14:13

QNo.6094078

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

私は断片的な知識としてしかアメリカの医療、医療教育について知らないので、自分のアドバイスがどれほど現実的なものかわかりませんが、将来的に日本で医師をしたいわけではないのならば、
まずはアメリカで外国人でも比較的目指しやすいPAかNPのスクールを目指して入学、卒業し、それらの職を数年続けて永住権を獲得した後に改めてメディカルスクールを目指す、というプランはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-08-12 17:23:44

ANo.5

厚生労働省が東欧への医学留学をしないよう警告しています。

投稿日時 - 2010-08-10 11:45:00

ANo.4

日本の医学部の編入試験はインター出身では難しいと思いますよ。
まず、国語ができないと国立大医学部は無理ですし、比較的易しい私立医科大でも合格するには国語の大特訓をしなければならないでしょう。

アメリカの州立大学のMed Schoolは外国人を合格させてくれませんが、下の方の私立大学なら可能性はありますよ。
私立Med Schoolなら、成績がトップでなくてもMCATで良い成績を納めれば可能性はあります。

また、ハンガリーやチェコ、ブルガリアなどの医学部はどうでしょうか。
高い授業料を払ってくれる外国人留学生を歓迎しているようです。
http://www.medical-u.org/
http://caems.main.jp/
http://www.hungarymedical.org/

投稿日時 - 2010-08-10 10:22:34

ANo.3

あなたの在籍している大学の学生でMSを目指す人のほとんどは、学部時代に、リサーチ、をしていると思います。リサーチ経験があるかどうか、が重要な合否を決める要素の一つではないでしょうか?そういう決め手を全部クリアしなければならないと思います。それぞれの大学にはPre-med担当教授がいるはずで、そういう教授のアドバイスを得る必要があると思います。

投稿日時 - 2010-08-08 15:26:35

ANo.2

いいかげんなことをかけませんが、私がgrammar girl を見つけたブログを書いている日本から渡米してアメリカのメデイカルスクールを卒業してアメリカで開業した人というのがいたわけで、

 記憶をたどると、私が日本の大学生時代にも、日本で医学部を卒業してそれからアメリカの医学部に留学し、

 そしてアメリカで医療チームにいる人が私の日本の大学の卒業生でもいたと思います。

 まあ、多くはないでしょうが、無い話ではないですよね。

 日本語での授業が大変ということならば、やはりがんばってアメリカで医学コースにすすんでください。

 まあ、日本国籍なので入るのが難しいというのは、一般的にアメリカ国内の学生を優先するということだからなんでしょうか。

 知人で、医学ではありませんが、バークレーのマスターでしょうね、えらく奮闘されて、そして小学生でどっかの別の州の

 国立の博士課程に入った人いましたね。

 知人のアメリカ人のルームメートだったらしいので、そういう話を聞きました。

 彼は、日本人としてバークレーに入学して、そしてそこまでがんばった。

  すごいことです。

 朝も早起きで、笑われても授業の準備をしていたということです。

 5時起きだったかな?

 彼の真剣さとやる気、私は日本にいた時にそういう時期がありましたけれどね。

  医学ではありませんけれど。

  結果がでるまでは、成功だけを考えてそれに向かって準備していくのがいいのではないかと思います。


  がんばってください。


 

投稿日時 - 2010-08-08 09:49:09

ANo.1

アメリカのメディカルスクールの場合、年あたり、外国人は600人ほどが受験して80人ほどが合格しているようです。外国人が入れる大学は50程度なので、各メディカルスクールに入れる外国人は1,6人ということになります。イギリスのNewcastleには日本人も入った実績があります。Aレベルが必要かどうかがポイントです。
Blog日米同時受験ジャーナルなどが参考になると思います。

投稿日時 - 2010-08-08 07:35:30

お礼

日米同時受験ジャーナルを読んだところ
「名門の4年制大学に合格するのは至難の技です。その上、メディカル・スクールで外国人を受け入れるところは限定されており2009年現在、約50校しかありませんのでメディカル・スクールに合格できない怖れがあります。メディカルスクールの合格率は外国人の場合約50のメディカル・スクール全体で14%程度(2008年実績)しかありません。」
と書かれていました。難しいですね。
あきらめたくないのですが、メディカルスクールに入れる他のいい方法は無いのでしょうか。。
ブログ日米同時受験ジャーナル参考になりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-08-08 08:57:28

あなたにオススメの質問