みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ障害厚生年金は働きながら貰えるのに障害共済年金は辞めなければならな

なぜ障害厚生年金は働きながら貰えるのに障害共済年金は辞めなければならないのですか?
サラリーマンなどの障害厚生年金は働きながら受給できるのに、公務員の障害厚生年金は辞めてないと貰えないのでしょうか?ちょっと不公平な気がします。

投稿日時 - 2010-07-20 18:41:34

QNo.6051958

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

障害共済年金は、原則として、在職中は支給停止になります。
但し、報酬の額が障害共済年金を下回るときは、障害共済年金-報酬の額が、差額(障害共済年金の一部)として支給される場合もあります。
ですから、退職しなければ絶対に支給されない、ということではありません。

障害共済年金受給権者である公務員の場合は、在職中は休職給があったり、身分(職位)が保障されたりと、一般企業で働く障害厚生年金受給権者と比較すると、それ相応に身分や地位が保たれています。
見方を変えれば、ある意味では、障害厚生年金受給権者とのバランスが取れている、という考え方もできるかもしれません。

一方、障害共済年金には2種類あって、公務による傷病による障害共済年金というものもあります。
計算方法なども異なりますし、支給額も、一般に多めになります。
公務員は雇用保険や労災保険には入りませんから、その代替措置としてこのようなしくみになっている、といった面もあります。
こちらも、ある意味ではバランスが取れているのではないでしょうか。
なお、私傷病による障害共済年金が、障害厚生年金に相当します。

制度をもうちょっと掘り下げてゆくと、デメリットと思われる部分を補うために、それ相応のバランスを取るための措置(たとえば、上であげた休職給など[概ね80%保障だそうです])が用意されていますから、直ちに不公平だと考えるのは、場合によっては早計かもしれません。

投稿日時 - 2010-07-21 11:56:43

お礼

報酬の額が障害共済年金を下回る時なんてあるのでしょうか?辞めてしまうとその時点で共済年金からも外れるということですよね。ということは大体みなさん休職扱いにして、休まれるという形をとるんですかね。

投稿日時 - 2010-07-21 12:13:42

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問