みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

レコードプレーヤーをアンプに繋げる再に、プリアンプを前に入れるらしいで

レコードプレーヤーをアンプに繋げる再に、プリアンプを前に入れるらしいですが、それを持っていないのでそのまま繋いで聞けるのかなと思い質問しています。アンプはエレキットのTU-870Rです。スピーカーは、8Ω、能率91dB/W/mです。
プレーヤーにもよるのでしょうか?またその場合どのようなやつなら聞けそうでしょうか?

また、プレーヤーからの出力を別のアンプにいれ、スピーカーの出力端子からTU-870RのRCAに入れてみるのはどうでしょうか?
機器的に良くないでしょうか?

変な質問ですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-14 22:22:57

QNo.6038818

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

アナログレコードプレーヤーからの出力はマイクロフォンの出力や、テープデッキのヘッド出力と似たように微小信号です。

オーディオ機器の接続に、電源とラインレベルとスピーカーレベル、アナログレコードの場合はフォノと言う場合が多いのですが、大雑把に4種です。


「プレーヤーからの出力を別のアンプにいれ、スピーカーの出力端子からTU-870RのRCAに入れてみるのはどうでしょうか?」

これは太陽を観測するのに望遠鏡から顕微鏡を通して太陽を直視するような危険行為です!!!



さて、極端な比喩は置いておきまして(苦笑) 増幅率だけでって事で考えたら、非現実な例として極端に表現してみただけで、他意はありません。


具体的な接続環境としまして、「プリアンプ」、または「イコライザーアンプ」、もしくは「フォノアンプ」が必用です。

オーディオ信号の場合、ラインレベルは標準的に0.5V~2V程度の音声信号を扱います。
ご購入されたアンプもそういう一般的な信号に合うように設計されていて、多くの機器と接続し、スピーカーを駆動致します。

レコードプレーヤー(最近は、あえて? アナログレコードプレーヤーって言いますかねぇ)の場合、基準信号レベルが5mV(0.005V)程度です。 つまり、ご利用のアンプとプレーヤーの間に100倍から500倍の増幅が必用に成ります。
さらに、アナログレコードでは振幅が大きい低音を減衰させ、振幅が小さい高音を強調して記録していますので、規定に沿った等価回路(イコールにするためのイコライザー)が必用に成ります。この回路で低域はさらに100倍、高域は1/100にするので、全体の回路設計では1万倍の増幅可能な微弱電圧増幅回路と言う特殊な部分が存在します。

さて、最初の顕微鏡と望遠鏡の例えですが、1千倍の増幅回路に100Vのコンセントを入力したらどうなるでしょう? 0.00001Vを千倍なら0.1V出力ですが、、、 100V入力なら壊れるのがご理解いただけるかなぁ~(^o^)汗

スピーカーはスペックから、かなり大型のシステムか、高効率のフルレンジシステムでしょうかねぇ。

エレキットにもフォノアンプとかフォノプリなど有りますし、単純にライン系のプリとかコントロールアンプも有りますので、フォノ対応のキット等か、既製品のフォノアンプ等を利用してください。

微小電力のフォノ回路を含む部分は、電線の引き回し(シャーシーとの数ミリ単位の差)でノイズが出たり等、なかなか難しい部分も有りますので、その面を理解した上でキットにチャレンジされるか、既製品の利用を考えてください。

一般的なプリメインアンプでフォノ端子が有れば、プレーヤーをフォノ端子に接続し、レックアウト等のライン出力レベルから807の入力へ接続すると良いでしょう。
 その場合、プリメインアンプの動作安定のためボリュームは絞り切って、スピーカーの切り替え等が有りましたら切って、さらに使わないヘッドホン等を差し込んでおくとさらに安全かな?

投稿日時 - 2010-07-14 23:08:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

レコードは、RIAAと言う記録特性で録音されています。
低域を弱く高域を強くと言うと特性です。
そのまま聞くと、低域はかなり弱くて、高域はシャリシャリという感じになります。だいたい。
それで良ければ、そのまま入力してくれて結構です。ボリュームはかなり大きくしないと聞こえません。
カートリッジの出力が、MMで1mAくらい。MCだと無理だと思う。
それをまともに聞くための、フォノイコライザーです。

フォノイコライザー内蔵のレコードプレーヤーを買えばよいです。

投稿日時 - 2010-07-14 22:58:10

ANo.1

オーディオテクニカ
http://www.audio-technica.co.jp/products/cartridge/at-peq3.html
本機は、VM(デュアルマグネット)、MM(ムービングマグネット)型カートリッジ付きレコードプレーヤー用のフォノイコライザーです。
現在の主流であるフォノ入力端子のないミニコンポやCDラジカセで、LPやEPレコードをお楽しみいただけます。

※フォノイコライザー内蔵タイプやMC型のカートリッジを取り付けたレコードプレーヤーには使えません。

家電量販店で5000円程です。
今殆ど購入される方はいません。

アナログ機器自体使う方が少なくなっています。
USBレコードプレ-ヤーにてデジタル化して使い方が多いです。
http://www.sony.jp/audio/products/PS-LX300USB/

投稿日時 - 2010-07-14 22:39:03

あなたにオススメの質問