みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯肉炎でものすっごく歯が減っています・・・どうしたら良いでしょうか(涙

歯肉炎でものすっごく歯が減っています・・・どうしたら良いでしょうか(涙目)

高校生の女子です。

前歯2本が最近ものすっごく減ったので、
歯医者さんに行って診察を受けたところ「歯肉炎」といわれました。

原因は「歯磨きをする際に力のいれすぎ」とのことだったので、
歯医者さんに歯磨きの仕方の指導とレーザー治療を2回してもらったのですが・・・。

どうもまた歯茎が減った気がします。

歯医者さんには「レーザー治療をしておいたから、2週間もすれば歯肉炎が治るよ。」
といわれたのですが・・・。

治っていません。
むしろ前よりごっそり減ってます。

これについてもう一度、
歯医者さんに質問しようと行ったのですが、

「あれ~おかしいな・・・ちょっと歯磨きの磨き方の指導をもう1回しましょう。」といわれ、
歯医者さんを横に、私の歯の磨き方を見てもらいました。

そしたら、
「歯の磨き方はそれで当ってますね・・・うーん」という返事が返ってきました。

「ならなんでこんなに減ってんだよ!?(`д´)/」って思いました。


ちなみに私の年齢は17なんですけど、
歯医者さんに「まぁ・・・17ならまだ歯茎は生えて治るから大丈夫だよ。」とも言われました。

「本当かよ・・・」って思いますが。

歯茎って本当に生えてきますか?教えてくださいお願いします。

歯茎が減りすぎのせいか、自分の歯が「ネズミ小僧の出っ歯」みたいに見えて嫌です。
もとの歯茎に戻りたいです。



【歯医者さんで教わった歯磨きの仕方(前歯2本)】

・歯ブラシの毛先を歯茎に食い込ませて、どんなに痛くても我慢して磨く。

・力を抜いて磨く。

・歯と歯の間を磨く。

・歯ブラシの持ち方はえんぴつ持ち。

・サッサと磨く。

投稿日時 - 2010-07-14 00:35:54

QNo.6036785

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

歯茎が減るのは血行が悪いからですよ。

歯茎に限らず体の組織を元気にしたり、壊れてしまった組織を修復するには、酸素や栄養を与えないといけません。必要なものはすべて血液が運んでくれてるので、もし、血管が収縮して血流が悪くなるとどうなるでしょう。
必ず、歯茎の血流が悪くなる原因があります。もちろん強く磨き過ぎることもありますが、単に歯茎だけが問題ではないのです。ことは体全体の問題です。それが歯茎にも現れているに過ぎません。
くよくよが多いとか、心配事を抱え込んだり、イライラが多い、家庭や学校など人間関係がうまくいかなかったり、なにかと精神的な辛さが多いこと、あるいはもともと冷え症、便秘体質、冷たいものの摂り過ぎ、冷房の当たり過ぎ、などがストレスとなると血管が収縮してしまいます。

体の血行を良くするにはできるだけ心や体を休める、リラックスさせることが必要です。特に、夜更かし、睡眠不足、お風呂にゆっくり浸からない、生活は一掃しなければなりません。体の修復力、成長ホルモンの分泌は夜寝てるとき真夜中が最高になりますから。
歯茎の血行をさらに良くするためにはマッサージが大事です。毛先がソフトな歯ブラシも良いのですが、それよりも指を使うことをおすすめします。
おそらく、血行が悪いと歯茎の色があまりよくないと思いますので、薄いピンク色を目標に、ゆったり、のんびりと指でマッサージを続けてください。根気が必要ですが、イライラしたり、いそいだり、不安を感じながらではだめですよ。

投稿日時 - 2010-07-15 12:17:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

基本的に歯医者さんでの歯磨き指導は間違いないとは思います。
が、力を抜いてと言われても客観的過ぎて分かりにくいですよね。
ご自宅の台所に計りはありますか?
歯ブラシを押し当てて100~150gが適当な力です。
鉛筆持ちは力が入り過ぎない為の持ち方です。
後、磨く時間も大事です。
一度に磨く歯は2本ずつ、ゆっくり数えて10秒が目安です。
左右どちらでも奥から、手前、逆の奥と流れをもって磨いてください。
上下、表裏と最低でも5,6分はかかると思います。
歯ブラシの後に17歳という年齢を考えれば糸ようじ(フロス)を使えばさらにいいと思います。

基本的に歯肉炎というのは歯茎が腫れている状態です。
なので、腫れが引けば歯茎は引き締まって減ったように見えることがあります。
それは腫れている状態と比較した結果の可能性もあると思います。
が、その年齢で自然に歯茎が元に戻ることはないと思われます。
外科的処置ならば可能だと思いますが。

投稿日時 - 2010-07-14 00:56:59

あなたにオススメの質問