みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インターネットの接続速度を計測及び表示してくれるサービスについて質問で

インターネットの接続速度を計測及び表示してくれるサービスについて質問です。

インターネットの接続速度を常時継続及び常時表示してくれるウェブサイトもしくはソフトウェアはありますか?当方は継続して使用したいため、ずっと継続して常時随時のインターネット速度を表示し続けてくれるものを探しています。当方は今のところ、そのような条件を満たす測定ウェブサイト及びソフトウェアを見つけることができません。
時間的には、最低でも継続して数日間はインターネットの速度を表示し続けることができるサイトなりソフトを必要としています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-06 20:30:33

QNo.6020102

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

インターネットの速度ってどういうものと考えていますか?

とりあえずインターネットの回線というのは道路だと思ってください。そして速い回線は車線が多い道路です。ひとまず10車線ある道路だと仮定します。
もし相手のサーバーがどんどんデータを送り出すとしたらどうなるでしょう。一度に車10台分の荷物を載せて10車線使って我が家に荷物を運びます。車が走り出したらまた10台分の荷物をだして、また10台で運びます。これなら速いですよね。
でも相手のサーバーがちょっとずつ送り出したらどうなるでしょう。車線の数は10車線のままですよ。車1台分の荷物を載せ、それが走り出してからもうひとつ荷物を取り出して車に載せる。つまり車線は1車線だけで済むようにしか荷物をださないのです。
車線の数は変わりませんが荷物の届く量は10分の1になるのはわかりますよね。

インターネットの速度と言うのはそういうものなんです。例えば光の100Mbpsで接続しているということは100Mbpsの道路幅はあるということなのです。でも実際なかなか100Mbpsはでない。
これは同じ道路を他の人と共用しているためです。他の人が2車線分使ってしまうと、うちは最高でも8車線分しか使えません。

さてそして速度の計測ですが、最高でどれだけかというのは道路幅ですから、光なら100Mbpsというようにわかりきっています。知りたいのはどれだけの車線が使えるかですよね。
これは相手サーバーからフル稼動で荷物を運んでみて計測します。つまり空いている車線を全部使ってみて、ああ5車線使えたとか8車線使えたとなるわけですね。つまり速度を計測するには他のインターネット使用をやめなければ速度はわからないということです。常時計測するなら常に計測するサーバーとの間でフルにデータのやり取りを続けていなければなりません。

世界のインターネット回線は多くの人たちで共用されているものです。ダウンロードやアップロードなど皆さんされていますが、24時間フル稼働でデータのやり取りをしていることは少ないです。ですから皆で使えるわけです。
例えばP2Pに代表されるように、常に回線を占有するような使い方をされると他の人の使用に支障がでてくることがあります。ましてや常時回線速度を計測するということはP2P以上に回線を占有することになります。ですから常時計測というのは無理なんです。

なんで速度を知りたいのか、その理由を教えてもらえればなにか別の解決策が提示されるかもしれないですね。

投稿日時 - 2010-07-06 22:08:30

お礼

ご回答ありがとうございます。非常に勉強になりました。
先ず第一に、当方はインターネット接続の契約が「ベストエフォート方式」ですか・・・。最低限の接続速度を保証しないという高速道路の様な契約を意識的にしたことがなく、勉強になりました。結論として、このような契約形態の場合、プロバイダー側は何のコミットもなく集団上の理論的な最高速度を吹聴するだけで、接続速度に一切責任を持たない契約であったことを教えてくださり非常に感謝です。
客からは固定費をまきあげておきながら、提供するデータ速度の保証は一切行わず、集団的に導入したインフラを無責任に固定チャージで売りつけるビジネスモデルが善良なモデルなのか阿漕なモデルなのか絶対的なことは分りませんが、少なくとも固定費を徴収しておきながら、速度の保証は一切しないのですから、逆に従量制のプロバイダーの事業方針のほうが、詐欺的で無いと思います。
上記の点を教えてくださりありがとうございます。
ところで、当方はまだインターネットの通信速度を常時知りたいという需要があります。理由は或るアプリケーションを動かすには或るレベルのインターネット通信速度が必要なのですが、今のプロバイダーとの契約では時によっては必要な通信速度が出ず、そのアプリケーションの性質上エラーが発生し、損失が発生するのです。ですので、そのアプリケーションを使う直前に毎回ネット速度を頻繁に確認する必要があるので、それで常時通信速度を知りたいのです。
それと今のインターネット契約には縛りがあり、直ぐに解約及びプロバイダーの変更はできないのです。ですので、上記のインターネットの常時通信速度を知ることができた暁には、もし今のプロバイダーでの通信速度が足りない場合は、従量制等の別のプロバイダを準備し、必要に応じてそちらでアプリケーションを使いたいと考えています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-07 20:34:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

通信速度の計測はサーバーとのデータ転送速度を計測するのですから、四六時中サーバーと通信していたら迷惑この上ないですよ?

場合によっては接続したいサイトの表示に支障がでます。
そして計測される通信速度は遅く示されます。

 何も閲覧していない時
 ■■■■■■■■■■測定サーバーとパソコン間(100%)
   ↓
 どこかのサイトを表示しようとした時
 ■■■■■■■■■測定サーバーとパソコン間(90%)
 □サイトとパソコン間(10%)

本来100%でサイトと通信できるはずが10%でしか通信できず表示が遅い。それでも90%の表示がされる…。
絶対におかしいでしょ。それ。

また、通信速度を気にしても、同じ回線を多人数のユーザーとわけあっているのが普通ですから常に全力疾走できるわけではありません。
100Mbpsの通信を 10人で使い分けていたとすると、平均 10Mbpsになりますが、いつも通信しているわけではありませんから時には 100Mbps全てを使うことができることがあります。
逆に誰かがめいっぱい使っているため 5Mbpsしか使えないことだってあるんです。
これをベストエフォート方式といいます。
光通信でも ADSL通信でも、このベストエフォート方式での契約になっていると思いますので常時通信速度を計測することはあまり意味を持ちません。

どうしても履歴を残したいのでしたら、定期的に計測を行って記録に残してはいかがですか?
それこそ Excelなどの表計算ソフトに記録していけば、グラフなんかも綺麗に作れますよ。

投稿日時 - 2010-07-06 21:24:17

お礼

ご回答ありがとうございました。非常に勉強になりました。ありがたかったのは、プロバイダーは客から固定の料金を取っておきながら、最大の通信速度を謳っており最低限の速度の保証などを全くしていない阿漕な業界だということが分り感謝です。

投稿日時 - 2010-07-07 20:21:48

あなたにオススメの質問