みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうすれば、「こども」が苦手な人間が、楽しく子育てを?

どうすれば、「こども」が苦手な人間が、楽しく子育てを?

三歳の女の子の母親です。

娘が生まれてからこの方、ずっと自分の理想の子育てができず、「私はいい母親じゃない」と強く自分を責めてきましたが、最近になって、特に悪い母親だったわけではなく、自分が単に、「とても『こども』が苦手な人間」だったとわかりました。

それがわかっただけでもだいぶ楽にはなったのですが、目の前でどんどん育っていく我が子と、楽しく毎日を過ごしたいのに、それができなくて困っています。

私は年の離れた末っ子で、親の愛情は受けて育ちました。
でも周囲に子供がいなかったので、自分が献身的にだれかの世話をした経験はなく、仕事も一人で結果を出せる世界での充実感を持って続けてきました。
でも子育てをはじめ、当たり前ですが自分ではなく子供のペースに合わせなければならなくなって、初めて精神的に行き詰っています。

子供の世話は、人からはよく「とても丁寧にしている」と言われます。
でも、(我が子に限らず)子供といることが苦痛で仕方がないので、感情を殺した能面のような表情で子供に接していると思います。

子供が楽しいと思うことが、私には苦痛で仕方がないのです(遊び全般、テレビ番組、眠たいくせに寝ないこと、散らかしっこなど)。

どうすれば、こんな子供が苦手で嫌いな人間が、子育てを楽しめるようになれるでしょうか。
私が子供嫌いなのは仕方がないとしても、子供には、楽しい環境で育つ権利があると思うのです。

すみません、バカみたいな質問で。
でも私には死活問題で・・・。

どうか知恵をお貸しください。

心構えのアドバイスでなくても、実際に子育ての苦手な方や、あるいや子育ての楽しかった方が、どうやってお子さんとの時間を楽しく過ごされたのか、ということだけでもけっこうです。

投稿日時 - 2010-06-24 22:53:23

QNo.5993014

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

とても一生懸命で真面目にがんばっていらっしゃいますね。
ただ、それが足かせになってつらくなっているのでは?という印象も受けましたが。

もしかしたら、子どもとの距離が近すぎるのかなと思いました。
一生懸命なだけに踏み込み過ぎなのかな、と。
それよりも、一歩引いてもう少し外側から子供と接するほうがいいのではないかと思いました。

お子さん、お一人だけですか?
こういう場合、子どもと自分の一対一のやりとりがほとんどなので、本当に正面からしかぶつかりませんよね。
これが結構しんどい。
真正面からなので容赦ないですし、距離が近ければ近いほどダメージも大きいのです。(お互いに)

手っ取り早く物理的に距離をとるのはどうですか?
一時保育が可能なら、預けて質問者様は一人で行きたいところにお出かけするとか、保育園や幼稚園に通わせるとか。
他人に預けることによって、子どもはそこでいろんなことを学んできますし、自分も余裕ができるので接し方が変わると思いますよ。
預かってもらった人からの子どもの見え方って、自分自身のそれとは違うので、とても参考にもなりますしね。

ほかの方の回答の中で「観察する」というお話がありましたが、それには賛成ですね。
一緒に遊ばなくてはいけないと思うからつらいのですよね。
それなら「遊んでいる子どもを観察する」というスタンスならどうでしょう。
一緒に遊ぶより、一歩引いている感じがしませんか?
子どもって、突拍子もないことをしたりおかしな言動をしますよね。
まともに遊んでいるとイラッとすることでも、観察しているという立場ならこれが結構おもいろいのです。
観察をする対象としては、子どもって逸材だと思いますよ。
そういう方向から入ってみては?

一対一のやりとりが多いとぶつかりやすい、というのは先ほど書きましたが、一対一にならなければかなり楽になるのではないかと思います。
自分と子どもとの間に、誰か他の人に入ってもらうのです。
たとえば、夫だったり保育園や幼稚園の先生だったり、自分の親だったり近所のおばちゃんだったり、あるいは2人目・3人目のこどもだったり。
一対一の関係に他人が入ることによって、三角になったり四角になったり五角になったりしますよね。
そこに関わる人数が多ければ多いほど円に近づくので、いい具合に力がそれて真正面からぶつかることがなくなりますよ。
わが家には子どもが4人いますが、たった一人を育てていたときに比べたら、今の方が断然楽しいし楽ですよ。
子どもが複数いるということは、お互いうまく気がそれているので、本当にうまくことが運んでいくような気がします。
4人も産んでおいてなんですが、これでも私子ども苦手だったんですよ。いや、ホントに。

質問者様は「~しなければならない」という思いが強いのか、それでつらくなっている気がします。
もっと横着になって、不真面目になってもいいと思うのですよね。
できないことは他の人にやってもらうとか、一緒に遊ぶのではなく傍観者になるとか、自分の時間をもっと大事にするとか、少し自分に甘くしてあげてもいいのではないですか?
楽に楽しく育児がしたいのなら、一生懸命はやめることです。
子どもが嫌いということを自分で認めたのはえらいと思います。
だからといって「じゃぁもっとがんばらないと」って、自分自身を追い込まなくてもいいのでは?
嫌いなら嫌いなりの対応の仕方があると思いますよ。
(子どもが嫌いだからというのを理由に、甘えすぎてはいけないと思いますが、苦痛が伴うのに一生懸命になりすぎなのではないかと思ったので、ちょっと力を抜きましょう、という意味です)

いろんな意味で、子どもとの距離をあける方がいいと思いますよ。
まずは、一歩引きましょう。

投稿日時 - 2010-06-25 14:17:20

お礼

とても温かい、そして丁寧なアドバイスに、読んでいるだけで、きつすぎた心のねじが緩んでいくような気がしました、私の場合は、いい意味で・・・。
 
他の方にもそう言っていただきましたが、私の場合は一生懸命に向かいあい、踏み込みすぎて、しんどくなっていたのは本当にそうでした。私が、究極の理想と思い込んでいる母親に育ててもらったことが、逆に私自身には呪縛となって、自分自身を苦しめていたんだとおもいます。でも、その母親は、実際にがんばっていたわけでも歯を食いしばっていたわけでもなくて、それが彼女にとってもありのまま・・・だったんですね。そういう器の人だったんですね。
だから、今、いくら「お母さんは、こんなとき、どうやって私を育てたの?」と聞いても、「・・・覚えてないなあ、なんも考えてなかったからねえ・・・。」の繰り返しで、全然アドバイスがもらえないんです(笑)。

皆さんの意見のお陰で、自分の過去を違ったふうに振り返れるようになったのですが、「母親が楽」な子育てをしてもらった子どもって、なんか根っこのところで満たされているんですね。だから、我が家はその後経済的に苦境が続いて、私は高校から働きながら学校を卒業したのですが、親に反感を感じたことは一度もありません。小さい頃思いっきり可愛がってもらい、楽しませてもらったお陰で、「自分はどんなことだって越えてゆける」という自信だけはあり、苦境も楽しく乗り越えてきました。
親には「~しなければならない」ということは、思えば一度も言われたことがないくらいです。
そんな大らかな親が逆に心配で、私がこんなカチンコチンの人間になってしまったのですが。
 
4人のお子さんのいるご家庭、楽しそうですね。
私も、自分がいい意味で楽しむイメージを持って、子供に接してみます。
本当にありがとうございました。


 

投稿日時 - 2010-06-25 21:57:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

私も子どもが苦手な人間です。なぜだか分からないけど「自分の子供はかわいいと思える!」という変な自信があったので子供を産みました。今子供は5歳ですが、予想どおりかわいいと思えます。ただしこちらも予想どおりですがかわいいと思えるのは自分の子供のみ。よその子は独身時代とかわらず苦手です。

かわいいと思える我が子ですが、だからといって子供に対する付き合い方が上手いかというと…とんでもなく下手だと自覚しています。私の子供に対する付き合い方は大人に対する(あるいは小学校以上の大きな子供に対する)付き合い方かもしれないな…と思うことがよくあります。子供目線とかがとても苦手です。

でも子供に生活習慣やお手伝いを教えるのは大好きです。どんどん教えて上手になってもらって、将来自分がラクをしようなんて思ってますから。(半分冗談ですけどね)

それと…育児ブログを始めたら、自分や子供のことを客観的に見れるようになりました。子どもが腹の立つことをしても「ネタだ!」と思えるし、ブログの記事を書きながら自然と自分の反省や子供の思考を考えたりする時間がとれるので、意外と有意義です。ただの親バカでなく、自分を客観視する場としての育児ブログも面白いですよ。

質問の趣旨と少し違うかもしれませんが、なんだか他人事と思えず書いてみました・・・

投稿日時 - 2010-06-25 14:01:48

お礼

私は海外に住んでいることもあって、その国の社会派ブログのようなものを数年続けていて、けっこうアクセス数が多かったんですね。
で、子どもが生まれてからは自然に育児ブログの面も出てきたのですが、「もっと大きな視野の話を聞かせてほしい」みたいなコメントも寄せられて、その読者の期待に応えようとがんばりすぎてしまって、本当はのんびりと子供の成長を追っていたかった時期に、それができなくて苦しくなって、結局ブログを一字休止していました。
でも、今、この質問をした後で、もう一回、自分自身のために、育児ブログでもなんて言われてもいい、子供の成長を追ってみたい、と思っていたところだったんです!
だから、このご意見をいただいて、とても勇気が出ました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-25 21:44:43

みんなそれぞれ、多少あると思います

私も子供が好きではないとか嫌いじゃないのですが
元々自分のペースで過ごしたい、ちょっかいをかけられるのが好きじゃない人間なのと
物静かに過ごしたいタイプなのに、子供達は人一倍ハイテンションという感じで…。

もう割り切るしかないですよね。

ちなみに3歳なら、3歳から入れる幼稚園とかを探すのも一つの考えだと思います。
死活問題というくらいなら、いっそ
子供と距離を取ってお互いの時間と一緒に過ごす時間でメリハリを付けても良いと思います。

もう一つは自分が楽しいことで子供も楽しめることに付き合わせるとか…。
お菓子を焼くとか何か自分の趣味を増やしてそこに子供を巻き込む。

精神的に行き詰まるなら、一時保育などでも良いので
少し離れる時間を取って
自分のペースで邪魔されずに掃除や息抜きを出来る時間を取ってみてはどうでしょうか。

病気の時の預け先がクリアできるなら
いっそ働きに出てしまうと言うのも良いのでは。

あまり理想を追い求めすぎると自分と子供も疲れますよ。

投稿日時 - 2010-06-25 12:44:51

お礼

>元々自分のペースで過ごしたい、ちょっかいをかけられるのが好きじゃない人間なのと
物静かに過ごしたいタイプなのに、子供達は人一倍ハイテンションという感じで…。

ここのところがわかっていただけて、本当に嬉しかったです。
私は育児に全力投球の末に悩んでいるわけでもなくて、元々、ひとりで静かに過ごしたい自分の性格と「育児」というもののギャップそのものに悩んでいたので、とりわけ・・・。

じゃあ産むな、と言われてしまえばそれまでですが、子供が苦手な人も親になってしまうケースはこの世にたくさんあるだろうし、そんな人の子供にだって楽しく育つ権利はあるわけだし、だったらいっそ聞いてみよう、と思い、質問しました。

>あまり理想を追い求めすぎると自分と子供も疲れますよ。

この一点に尽きますね。
私も、質問して本当に良かった。子供嫌いは変えられませんが、理想の追求をちょっとやめてみることならできます。
それで少しでも楽になれたら、子供にとってもいいことだと思いました。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-25 21:41:06

一歳七ヶ月の子供がおります。
先輩ママさんにアドバイスするなんて失礼だと思いますが…

娘さんは来年幼稚園でしょうか?
現在は質問者さんはお子さんと二人きりの時間が長いのかなと読んでいたのですが、幼稚園に入れば質問者さんの時間も取れるようになり娘さんとの時間も今よりメリハリがつくのかなと思いました。


私は子供が好きですが、両親が他界していて頼る人が主に夫しかいないんです。
しかも他県に嫁いで知り合いもいませんでした。

なので子供と二人きりの時間が苦痛に感じたりします。

そういう時は、
(1)一人きりの時間をつくる(2)サークルに入り大勢で遊ばせる
(3)色んな公園や施設、またはおいしいレストランへ冒険してみる。
が効果的でした。


(1)は夫に数時間公園へ行ってもらったり、一時保育を利用します。
(2)子供とマンツーマンより、大勢でいたほうが楽です(3)私の子供はよくグズリ手がかかるのですが、気分転換にバスや電車に乗っておしゃれな街にでかけて自分の好きな雑貨を一つ買ってきたりします。
疲れますが気持ちは満たされます。
子連れオッケーな映画館やコンサートも楽しそう!
子供中心ばかりだと疲れません?


周りの方に丁寧に育児をしていると太鼓判を押されているのですから、お子さんを十分愛されてるのでしょうね。
自信を持ってご自分のやりたいことを少し叶えてみてはいかがでしょうか?

もうやっていたらごめんなさい。

投稿日時 - 2010-06-25 11:02:07

お礼

育児で大変なさなか、私の質問にまで・・・ほんとうにありがとうございます。感謝でいっぱいです。
自分で全部を抱え込もうとしてしまうのが、確かに無理があったかもしれません。
私も海外に住んでいるので、ついつい自分を追い込んでしまう癖があって。
このごろ切に思うのは、やっぱり「いい母親」よりも「育児を楽しんでいる母親」に育てられる子どもって、幸せなんだろうなあ・・・ということです。
そういう意味で、whatever1さんのアドバイス、とてもためになりました。
ほんとうにありがとう。

投稿日時 - 2010-06-25 21:36:34

ANo.5

 理想の子育てをしてきたからですね。親のこと関係無しの子供達です。でも、子供を観察すると言うことから楽しみを見つけてみて下さい。私は父親ですが、子供の観察を自然としていましたし、こうすれば子供はしてくれるみたいな事も見えてきました。今小学生になって再度観察し直しですがね。より複雑になりつつあって。

 まず、子供を理想の姿にを捨てて下さい。それと子供は親を見ています。その子にあった指示の与え方を見つけて下さい。この指示の与え方は過不足無くです。それと子供の目線に降りるなどはして下さい。
 怒らないために、必要な指示を与える。曖昧では駄目ですよ。子供はきちんとした指示、意味がある指示に関しては動いてくれます。子供に動かすことです。コツをつかむと、親の時間が少しは取れます。
 上手に話しかけるなど。

 理由もしっかりと伝えてあげると子供は理解してくれます。子供にある程度考えさせることも大切です。
 親子の関係がここでしっかり出来ると、私がびっくりしたのですが5歳と3歳の子供を連れての遠くまでのイベントにも行くことが出来ました。

 まだまだ甘えっ子だと思いますが、甘えさせることは良いことですが、甘やかしは駄目と多くの方から聞く言葉です。しっかり甘えることが出来れば、子供は自由に動いてくれますよ。

投稿日時 - 2010-06-25 11:01:31

お礼

お父様から、具体的なアドバイスの数々、ほんとうにありがとうございます。
お父様だけあって、視点がとても冷静で、勉強になりました。
「観察する」というのは、ほんとうにいい着目点ですね。。。つい、向かい合いすぎて、距離が近づきすぎて、それがストレスになってしまうこともあるので・・・。
甘えと甘やかしのボーダーラインは、正直とても難しいと感じています。
今はそれを感じられるようになりたいのですが・・・これも小手先ではなくて、大きな全体力として力ですよね、きっと。

投稿日時 - 2010-06-25 21:33:18

はいはーい。 私もそうです。
自分が子供のときでさえ、子供が苦手でした。
親戚で集まっても、いとこ同士が遊んでいる横で、大人の中にはいって世間話きいているような子でした。

それでもちゃんと親をやっています。
大事なのはムリをしないこと。
公園でのママたちの集団に入るのが苦手だったので、公園に行くのはいつも早朝か夕方だったし、小さい頃から保育園に通わせて、お友達はそこで作ってもらいました。

自分が楽しいこと(まんがを読む、イケメンのドラマを見る、花壇の世話、料理など)に子供を巻き込んで、一緒にしています。
プールに連れて行ったことはないけど、ベランダに大きなたらいを置いて水を張り、そこで水遊びさせたこともあります。 

3歳なら、もうそろそろ、母子の関係から、友達との関係にかわってくるころだから、あまりムリしないで。 干渉しすぎるよりも、まず見守ることからはじめましょう。

私は娘にとって、質問者さんが考えているような「いい母親」ではなかったと思います。
上の子が重度障害だったために、そちらばかり世話をして、娘はほったらかし。 ゼロ歳から保育園に5年通い、トイレトレーニングも保育園でしてもらいました。
小学校に通い始めると、他の母親は毎日、登校班の集合場所まで送り迎えしていたのに、私はマンションの玄関で「いってらっしゃーい」と手を振るだけ。 そのあと、ベランダに出て、下を歩く娘にもういちど、「いってらっしゃい」と声をかけていました。

昨日なんて、上の子をデイサービス施設まで迎えに行っている間に、学校から帰宅した娘がカギをもっておらず、同じ階の人が自分の家に預かってくれていました。(もう三回目です)
でも、娘はそんな私に慣れっこで、おおらかにのびのび育っていますよ。
性格が私に似てきて、やはり子供が苦手みたいですが・・・ 家に友達が遊びに来ていても、平気で本を読んでいたり。 めちゃくちゃマイペースなやつです。

まあ、お母さんが笑顔でどーんとかまえていればいいんです。 ムリして子供のペースにあわせなくてもいいし、自分の好きなことをしたっていい。 
悲しいときや疲れたときは子供の前で泣いたり、寝転がったりしてもいいんです。

まあ、大事なこと(あいさつ、悪いことにたいしてのしつけ)をきちんと教えるくらいはしましょうね。
最近、娘の小学校の友達がよく遊びに来るのですが、みんなあいさつをろくにしないんです。
おやつを出しても「ありがとう」を言わない、帰るときも「さようなら」を言わない。
勝手にパソコンをさわったり、引き出しを開けたり、ひどいときは私のバッグの中を見たりします。 
ほったらかしで育てたつもりのうちの娘のほうがよほどしっかりしています。
そんなときは、よその子でも、ガミガミしかっていますよ。

だって、もともと子供はきらいだもん。 相手をふつうの一人の人間としてみてるんです。

質問者さんも、自分の大切に、ムリをなさらず・・。 そうすれば生活が楽しくなりますよ。

投稿日時 - 2010-06-25 06:43:30

お礼

tainao7さんのアドバイスを読んで、なんだかストンと自分の間違いが見えたように思えました。
私は、娘にも人にも、そして何より自分自身の目にも良い母親に見えるように、そんなところに、がんばりすぎていたのかもしれません。でも、そこに「心」がこもっていないから、うちの娘は、tainao7さんの娘さんと違って、私に怒っている素振りを見せることがあります。
でも、お母さんがありのままで一生懸命なら、それだけで子供はちゃんと見ていてくれる、わかってくれるはずなのですよね。。。
ほんとうに貴重な経験を聞かせていただいて、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-25 21:25:48

ANo.3

んん、程度問題かもしれませんが、そんなもんだと思いますけどねえ。18年間、子育てしてきましたが、「遊び全般、テレビ番組、眠たいくせに寝ないこと、散らかしっこなど」が好きな親を私は直接は知りません。「子供のペースに合わせなければならなくなって、初めて精神的に行き詰」まるのも、私の周りでは当たり前です。というか、違うんですか??って感じです。

私も「周囲に子供がいなかった」一人っ子で、仕事も「一人で結果を出せる世界での充実感を持って続けてき」たクチですが、逆に責任感が強くなりませんか? 私はできるだけ「責任を持って子供と接する自分に酔う」ようにして、退屈な子育てに楽しみを見出すよう心掛けてきたつもりです。

あとは、子供を大人と思って接してきましたね。赤ちゃんって、よく見るとオッサンくさいでしょ。不器用なオッサンと思って、オモチャにしてきました。かわいい声とか赤ちゃん言葉とか使ってやったりしませんよ。テレビ番組は、そのお子ちゃま加減に突っ込み入れたりしてました。就寝時間には家じゅう真っ暗にして自分も添い寝しましたけどねえ。泣いても起きても、私は勝手に寝てました。散らかす時には、存分にさせて、お片付けは一緒に。別に楽しくないけど、付き合いだから。

今も外出先で退屈した時など、適当な乳幼児を見つけて、その子相手に勝手ににらめっこしたり、変な顔したりします。子連れの外出は「すごろく」ですねえ。3コマ進んで1回お休み。もうすぐゴールだと思ったら、ふりだしに戻る。そんな感じです。でも公園は退屈なので、3歳くらいになると、すごろく覚悟で気まま母子旅行に出かけたりしましたよ。ふらっと電車に乗って、子供と「今日は泊まってみようか」なんて。

いずれにしても子育ては、あまり理想を追わずに、少し手を抜くくらいが、ちょうどいいと思いますよ。それに、子供が苦手だと、その分、大人になってくれるのが楽しみになりますよね。それに、友達呼んで、子供の友達に相手させてたせいか、社交的な子に育ちました。

投稿日時 - 2010-06-25 00:27:18

お礼

ありがとうございます。
今回質問をしてみて、本当に良かったと思ったのが、「そんなに固く理想を追わなくてもいいんじゃないか」という意見をいただけたことでした。
考えてみると、私はいい子育てを自分がしてもらった、ということが逆に呪縛となって、器も人格も違う自分の母親のようになろうなろうと、逆に苦しんできた気がします。
あと、「おっさん」と思う、という具体例にも受けました(笑)。
「おっさん」なら、独身時代に営業でかなり数多く相手をしてきて、しかも割り切って相手のペースに合わせてこれたという経験が自信として残っているので、そうか・・・!我が子をおっさんと思えばいいのか・・・!!
久しぶりに笑えました。
ほんとうにありがとうございます。

投稿日時 - 2010-06-25 21:21:22

ANo.2

うーん、私も小さい時から自分より年齢の低い
子供と接するのがニガテでした。
周りは、私より年上もしくは、同年齢の人に
囲まれて育ちましたし、同じく人のお世話は
してもらう事はあっても、した事はなかったですね。
ただ、年の近い姉がいまして、どちらかというと
私の意見がほとんど通らない環境にいたので、
相手の主張に合わせるのは、まあ慣れている方です。
質問者様は、多分今まですごく順調な人生を
送られていたのだと思います。
自分の思うことや行動が上手い具合に進んだり、結果が
出たり・・・。

子供はなかなか親が思うようには、動いてくれませんし、
小さい子の好みが、主様とはまったく違っていて、
苦痛なんでしょうね。
でも、みんな子供の時はそういうのが楽しかったと思います。
大人になってしまってすっかり、忘れてしまっているのだと思います。
お子さんが大人とそれなりの受け答えができるまでには、
もうちょっと時間がかかるので、できれば主さんが子供の頃を
思い出して子供になれれば、もうちょっと楽しめるかもしれないです。
私は、上手く大人になれなかったので、精神年齢が
近い分、自分の子供との時間がまだ成り立っているのだと思います。

あまりいいアドバイスでなくて申し訳ないです。
バカみたいな質問とは思いません、それだけ真剣に子供を喜ばせたい、
楽しませたいと思っているから悩まれているのだと思います。
とってもいいママだと思います。
お子さんはきっとママのことを、信頼し尊敬していると思います。
一緒に楽しむとなると、子供に帰るのが手っ取り早いと思いますよ。

投稿日時 - 2010-06-25 00:17:00

お礼

温かい言葉、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、私は家庭にも恵まれ、壁に当たっても努力でこえて、順調な人生を送れてきているほうだと思います。だから、普通の人なら当たり前に過ごせることが、私には大きな壁に見えてしまったりもするのかもしれません。

子供の頃を思い出して・・・いい言葉ですね。
自分がされて嬉しかったことを、子供にもできるようになりたいと思いました。

投稿日時 - 2010-06-25 21:17:18

ANo.1

一旦子供から離れる事をお勧めします。
周りに頼れる方はいらっしゃるのでしょうか?

>>娘が生まれてからこの方、ずっと自分の理想の子育てができず・・・
理想はあくまで理想であり現実とはかけ離れてるから理想なんですよw(屁理屈臭いですが)

自分のペースで育児出来る環境を自分自身で作ってみてください。
あくまでも自分主体で

貴方にはその方があってると思うんですよね。
このまま続けると育児放棄しちゃいかねないので、最悪ノイローゼや虐待なんて・・・

周りから悪い母親と思われても構わないじゃないですか。
自分自身を攻めず、自身のゆとりを持てるそんな環境理想じゃないですか?
あくまで理想ですがw

投稿日時 - 2010-06-24 23:07:54

お礼

具体的なご意見、ありがとうございます。
海外で生活しているため、周囲に甘えられる環境はないのですが、そのせいで、少し気を張りすぎていたのかもしれません。
「子供からいったん離れる」と表現することにはどうしても抵抗があるのですが、自分を追い込まないためにも、ゆとりってほんとうに大切ですよね。

投稿日時 - 2010-06-25 21:11:07

あなたにオススメの質問