みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

またもやJRは山手線の英語車内放送を収録し直した?!

またもやJRは山手線の英語車内放送を収録し直した?!

山手線などの自動車内放送アナウンスは、
三浦七緒子とクリステル・チアリが担当しています。
このうちクリステル・チアリによる英語案内部分は
2008年の3月に収録をし直したようで、
アナウンスのテンポが速くなりました。
【参照1】http://okwave.jp/qa/q3895277.html

前回の変更からわずか2年しか経っていませんが、
今月(2010年6月)に入ってから
またもや放送を収録し直したのでしょうか?
本日乗車したら英語案内部分がまた変わっていました。

一番大きな変更点として、駅名の読み方が変わりました。
以前は駅名をローマ字化したものを
そのまま「英語として」読んでいましたが、
現在では駅名を「日本語の音」で読んでいます。
(旧)The next station is Shibuya.
(新)The next station is "しぶや".
同じくクリステル・チアリが担当している
東京メトロの車内放送と同じ感じになりましたね。
(今まではJRとメトロで読み方を使い分けていたようです。)
【参照2】http://okwave.jp/qa/q5866485.html

また、開くドアを案内する部分のアナウンスが、
「トツトツ」で「はっきり」とした口調へと
変わったような気がします。
(例)The doooors ON THE LEFT SIDE ... will open
(なんかわざとらしい・・・。ww)
米国人などが聞いたらかえって変に思うかもしれませんね。

英語案内は主に外国人向けに行われているのだと思いますが、
観光客の多くを占めるアジア圏の人にとっては、
日本の駅名は“日本語風”に読んだ方が聞きやすいし、
開くドアの案内も“ゆっくり”の方が聞きやすいでしょうね。

これらは中国人や韓国人を意識した変更なのでしょうか?
関係者の方がいらっしゃいましたら教えてください。

投稿日時 - 2010-06-03 00:23:39

QNo.5940960

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答ではありませんが、この場で関係者の人が答えるわけがありませんよ。
私としては2年も同じ内容を変えていないという方が驚きですが。

投稿日時 - 2010-06-04 21:14:27

補足

ありがとうございます。

>私としては2年も同じ内容を変えていないという方が驚きですが。

乗り換えの案内も「ゆっくり」に変わりましたね。
Please CHANGE HERE FOR .... ~~
という感じです。

>回答ではありませんが、この場で関係者の人が答えるわけがありませんよ。

どうでしょうかね?
関係者が見ていたとしても関係者を名乗って答えたら、
社内的に問題になるかもしれませんね。
公務員なんかは典型的な「秘密主義」ですが、
民間の会社でも、会社として正式に公表していないものを、
一部の構成員が外部に話すと、
実害がなくとも問題になってしまうんでしょうね。

しかし首都圏のJRは車両が新しくなってから、
車内サービスが格段に向上しましたね。

車内モニター画面も便利で楽しいですが、
あの明るく爽やかな車内放送も、
鉄道ファン以外でも好きな人は多いのではないでしょうか。

JR関連会社に勤める人の知り合いさんから聞いた話によると、
あの車内モニターも最初は付ける予定がなかったけど、
ある人が上司に提案して実現したとか。
(これ以上言うとまずいかな・・・。)

私はあの車内モニターが大好きです。
民営化によるサービス向上の賜物ですね。
(車内モニター・放送マニアのオイラにはたまらない。><)

投稿日時 - 2010-06-07 10:50:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問