みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校生の息子のことで。

高校生の息子のことで。
初めまして。高校一年生になる息子のことで悩んでいます。
志望高に受験で落ち、併願高へと入学しました。今の高校は頑張りたかった野球部がなく、本人も志望高以外ではしないと言う思いで受験勉強をしてきました。
親としては、どの道へ行っても、野球のできる環境をと望んでいたのですが、強豪高以外は考えられなかったようです。
今は、部活もしない、無気力な感じで、高校生活がつまらない、もう編入したいとばかり毎日言っています。
元々の性格は、頑張りやで、我慢強く明るい息子でした。
今は、しょんぼりとして見る影もありません。
学園祭、体育祭と楽しみにしていたのに、マンモス高校なので一年生は不参加となり、それで余計気落ちしています。
目標も見出せず、中学の部活仲間はみんな野球で活躍し、高校生活をエンジョイしている話
を聞いて、自分の存在価値がないみたいだと。
はじめは、息子の話を親身になってどうしたらいいのかと聞いていたのですが、最近は、「高校がつまらないからと言って、リスクを背負ってまでの編入なんて、あり得ない」とばかり言い放って話を聞けず息子と距離を置きたくなりました。

部活仲間だったお母さん達から今の高校生活が充実しているなんて聞くと、息子だけ・・・・
と落ち込んでしまいます。胸も痛いです。
こんな状態の息子にどう接していったらいいのか、今はわからなくなってしまいました。
よいアドバイスをよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-25 20:43:54

QNo.5921558

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

受験というのは人生最初の「自分で進路を決める」機会です。
それには「自己責任」というもの、自分が決定した出来事を遂行すると言う意思など、自分が自立していくのに必要なファクターが数多く含まれています。

試験ですから落ちる人がいるのは当たり前で、皆がみなうまく行くわけではありません。
そういったリスクを含んでいると言うことも、これから社会に出るにあたっての「勉強」であると言えるでしょう。
彼の気持ちを「かわいそう」とばかりに言ってあげるには限度があります。
何らかの「方策」を見出して、自分を押し進めて生きていかなければいけないのですから。

家庭の現在の状況を伝え、編入が無理ならば拒否することです。
可能であるならば「目標」を掲げさせ、二度目はないよ、と強いることです。
なんにせよ、文字通り「死に物狂い」で探すこと、近づこうとすることが必要な立場に自分がいるということを自覚してもらうことです。

私は野球の強豪校にいましたので、レギュラーを獲得するのが如何に困難か?ということは見聞きしてきました。
クラスメートが1年の中盤くらいで、レギュラーの夢を絶たれることなどザラでしたよ。
それくらいに生き残りが厳しい世界なんです…高校野球って言うのはね。
ですから、質問の内容を見る限りでもう「甘いなぁ」と言いたくなってしまうのです。

受験で落ちたのは、ある意味試練であると同時に「きっかけ」だったのでしょう。
そう考えていかなければいけないんじゃないでしょうか?。
まずは質問者さんから、考えを改めて行って下さい。

投稿日時 - 2010-05-25 21:13:28

お礼

早々のご回答ありがとうございました。
ご回答者様の言う試練の時だと思いました。
強豪高で頑張ってきたということが感じられました。
中学で、トップを目指して部活を頑張ってきた息子を見ていて今の状態が無気力なので、
心配にもなりましたが、息子の選択した道です。
ただ、スポーツ推薦であの時に行かせればよかったというのが私の後悔で、前が見えなくなって
いました。スポーツ推薦で入ると厳しいと聞いていたので、受けるなら勉強で行きなさいと
言ったのは、間違いだったのか・・・・と。

しかし、いろいろな思いがふっきれました。
これもきっかけで、乗り越えていかないといけませんね。
まだ息子の考えも私の考えも甘かったようです。
アドバイスが本当に救いになりました。

投稿日時 - 2010-05-26 09:17:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

息子さんにとって野球とは=生きがい なのかも知れませんね。
経済的に余裕があるならば編入させてみてはいかがですか?
でも他の回答者様がおっしゃってた様に、高校野球はすぐレギュラーが取れる程甘い世界ではありません。(私も野球部でマネージャーをしてたので)
厳しさ・練習量&時間の拘束についていけず、辞めた部員は結構いました。
それでもやりたい!と言うなら編入してもいいと思いますよ。
高校生といえば一番遊びたい時期なのに、野球という夢中になれるものがあるなんて素敵なことじゃないですか!
今しか出来ない息子さんの夢を叶えてあげてはいかがですか?

私は高校時代、親に反抗ばかりで相談どころか口をきかない位でした(*_*)が、息子さんはお母さんに相談出来るなんていい親子関係なんですね。
うらやましいです☆

投稿日時 - 2010-05-25 23:02:00

お礼

早々のご回答ありがとうございます。
息子との関係について、改めて考えさせられました。
このようにいろいろ話し合えることが大切なんだと実感しました。
少し、重荷になっていたので・・・・
高校見学で部活体験をした中で一番よかった高校で、他校で野球をするなんて受験の時は考えられなかった、でも、いざ野球がない世界は何もない。という状況です。
受験の時に息子の選択に家族で反対しました、しかし聞き入れず、受験勉強は必死にしていた点で、
親も任せてしまった、それが間違いだったのかと後悔したり・・・
また息子と話し合いを重ねて、結果をだしたいと思います。

投稿日時 - 2010-05-26 08:30:09

ANo.3

私も高校生の息子がいます。ご心配でしょうね。
まず、野球が好きなら志望校に落ちたときのことを考えて、併願高校も野球部のある高校を何故選ばれなかったのでしょうか?
進学して、高校の内容が思ったことと違ったのでしょうか?
元々の性格が、頑張りやで我慢強く明るい息子さんなら、友人関係が充実すれば元通りになると思いますよ。
この時期、まだまだ後悔があるかと思いますが、お母さんまでが部活仲間のお母さん方の言葉に落ち込んでいては、息子さんは拠り所がなくなります。
お母さんはいつもと変わらない態度で接してあげてください。
志望校に行けないのは息子さんだけじゃないんですもの。
もし行けなかったら・・・を考えて受験されてるのであれば、我慢する心や精神力が身について、他に楽しみを見出してくれるはずです。
お子さんはお母さんにしかグチが言えないんだと思えば、愛しく感じませんか?

落ち込んでいる息子さんを見ているのは、確かに辛く、苦しいと思います。
でも、ご家族も一緒に苦しんでいることを理解すれば、徐々に立ち直ってくれるような息子さんだと思います。

毎日学校に行っているのであれば、心配は取り越し苦労かと思います。
本当にいやな学校であれば、行かないですもの。
息子さんも頑張ってるんですよね。

投稿日時 - 2010-05-25 21:41:17

お礼

早々のご回答ありがとうございます。
受験期は、息子の志望高選択に家族で納得できないものでしたので、気持ちの中で何をいまさら、、だから言ったじゃない!!という怒りも沸々とわいてきて最近は言葉にも出してしまってます。
志望高以外では、野球がしたくないという気持ちが理解できなかったからです。でも今息子は、なぜそこまで意地になっていたのかと後悔しています。
しかし、ご回答者様のおっしゃる、愚痴の言える息子を愛おしく感じました。
その点に気づけて本当に救われました。

試験中なのですが、頑張って勉強して学校へと行きました。
受験で勉強の大切さを実感したようです。
息子と話し合いを重ねていかないとと思いました。まだまだ楽しさや目標を見出せない高校生活になるでしょうが、どんな答えを出していくのか、、、まだわかりませんが、
真剣に向き合っていこうと思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-26 08:54:45

ANo.1

このまま登校拒否になって中退になる可能性もあるので、
思い切って編入させてみたらどうですか?
息子の友達に一年で公立高校を中退し、私立高校に編入し、サッカーですが、準決勝でテレビに堂々と映ってましたよ。
後悔してなくて、同じ中学からは一番活躍していたくらいです。
そのまま大学に入学して、頑張っています。

経済的に行かせられる可能性があるのなら、思い切ってやらせてあげてください。

ちなみにリスクって何ですか?

大学だって浪人、留年したら、一年位あっという間ですし、思い切って打ち込む物がある高校生活はとても大事で、何もない無気力な学生よりはずっとましで、有意義だと思います。
この子には親の見栄は考えない方が良さそうですね。きっと今まで以上に頑張ってくれると思います。

投稿日時 - 2010-05-25 21:04:18

お礼

早々のご回答ありがとうございます。

リスクとは、経済的な理由です。
私立併願でしたので、今の高校でかなり出費があり、また私立で・・・となると
厳しいです。

都立へは、編入がかなり厳しいと聞きました。もしだめだったらと思うと、高校中退の道は
とても考えられません。
無気力な息子をみているとやりきれなくなり、そのリスクの道もありかと迷ってしまいます。
もう少し、対話を重ねて、答えをだしていこうと思います。

投稿日時 - 2010-05-26 09:26:08

あなたにオススメの質問