みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

住宅ローンについて(長文です。)

住宅ローンについて(長文です。)

現在、主人が仕事場のワンルームマンションを所有していますが、ローンの残高は1200万円程です。現在住まいにしている賃貸マンションと、仕事場のローン返済を合わせると30万円程度ですが、昨今の不況の影響で、このまま払い続けるのは難しい状況になってしまいました。

そこで、自宅と仕事場をまとめようという話が持ち上がり、
(1)仕事場のマンションを処分する。
(2)仕事場のマンションを貸して、家賃収入でローンを返済する。
(3)ローンの残金を組み込んだ住宅ローンを組む。(この場合、仕事場を移さずに済む。)

といった、3パターンでどれが可能か銀行に相談に行った所、(3)は却下されました。そして、(1)は、売却成立後、購入者がその家に入居した事が確認されないと新たなローンは組めないという話でした。(2)が一番現実的ですが、その場合、セカンドハウスローンという扱いになると言われました。

以前、銀行から、現在のローンの借り換えを勧められましたが、自宅ではなく、仕事場だから無理でしたと言って勧めておいて断られました。仕事場のローンは全部経費で払っているのに、なぜセカンドハウスローンしか組めないのか、という疑問が残り、質問させていただきました。
分かる方がいらっしゃれば、お答え頂きたく思います。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-23 17:14:06

QNo.5916070

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

 『住宅ローン』というのは『居住用物件』についてのローンであって『仕事場』用に購入した物件に使うことは本来の趣旨に反しています。それを銀行側は“黙認”?していただけか、或いは『居住用』とご主人様側が偽っていたのでしょう。

 その返済金が『全部経費』として計上されているかどうかは銀行側は関知しません。関心を持つのは税務署だけです。

 その物件を賃貸に出すとなると『居住用』でないのは明らかになってしまいますので『セカンドハウスローン』乃至は『事業用ローン』となるでしょう。
 要は、一般にローンを組んでアパート物件や賃貸用のマンションを買うのと同じことです。

投稿日時 - 2010-05-23 18:54:13

あなたにオススメの質問