みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

途中下車

途中下車

例えば、東京~広島の往復の切符があるとします。以下のような乗車は可能なのでしょうか?
ある土曜日に東京を発ち、京都に行きます。翌日曜日に広島に行きます。
翌月曜日に広島から大阪に行きます。そしてその週の日曜日に東京に戻ります。

1600~1800キロになるので、恐らく土曜日に出発すると次の次の月曜日まで使えると思うのですが、その場合は新幹線の特急券だけ別々に買えば一つの往復乗車券だけで上記のような移動が可能となるのでしょうか?
また、その場合は、例えば東京→京都。新大阪→広島。広島→東京というような途切れる事はできないのでしょうか?

質問ばかりになりますが、ご教授お願いします。

投稿日時 - 2010-05-18 22:38:46

QNo.5904858

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

東京都区内から広島市内までの片道乗車券の有効期間は片道6日間、往復12日間になりますので、東京都区内~広島市内の往復乗車券を購入する場合、東京を出て、また東京に帰ってくるまでの間が11泊12日以内であれば問題ありません。

また、お薦めはしませんが、乗車券を片道ずつ購入する事も可能です。片道ずつ乗車券を購入する場合、片道ずつの有効期間は6日間ですので、東京から広島に辿り着くまでと、広島から東京へ移動する間がそれぞれ6日以内・・・という考え方になります。

※片道600キロを越える距離の乗車券を購入する場合、往復で購入すると片道あたりの運賃が1割引になる「往復割引」が適用されますので、どちらにせよ乗車券は往復で購入される事をお薦めします。

>>1600~1800キロになるので、恐らく土曜日に出発すると次の次の月曜日まで使えると思うのですが

12日間有効ですので、仮に土曜日に東京を出発する場合だと、次の次の水曜日までは大丈夫ですよ。

>>新幹線の特急券だけ別々に買えば一つの往復乗車券だけで上記のような移動が可能となるのでしょうか?

途中下車が可能なのは乗車券だけで、特急券は新幹線に乗車する毎に別々に用意していただく事になります。

>>その場合は、例えば東京→京都。新大阪→広島。広島→東京というような途切れる事はできないのでしょうか?

仮に、東京~広島の新幹線特急券を購入したとしても、東京から新幹線に乗って京都駅の新幹線改札を出る時点で、広島までの特急券は回収されてしまうわけです。
あくまでも、特急券については乗車日・乗車区間毎に別々に用意するようにすれば問題ありません。

なお、質問者さんがお示しの例だと、京都~新大阪の特急券が切れていますので、京都から新大阪は在来線で移動するということですね。

投稿日時 - 2010-05-18 22:55:55

お礼

回答ありがとうございます。

乗車券の途中の区間を乗らなくても大丈夫だとわかりました。

投稿日時 - 2010-05-21 18:43:39

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

片道券でも往復券でも使い方は同じです。
片道600キロを越える場合は往復割引があるのと、有効期間が片道の倍になります。
本題の使用方ですが、東京から広島まで、戻らない限りは何度途中の駅で降りてもよい(途中下車)のです。
但し質問の場合は東京都区内の駅(新橋や品川)で降りることはできません、また広島市内の駅(安芸中野や向洋)で降りると、そこで切符は回収されます。
また途中がとぎれても問題ありません、その区間は権利放棄になるだけです。
例えば名古屋で降りて近鉄で京都へ行く(近鉄の切符は別途購入)ようなことも可能です。
質問のように、京都で降りてから新大阪まではJRの在来線(新快速など)で使ってもよいし、別に切符を買うのなら、阪急や京阪で大阪まで行ってもよいのです。

気をつけるのは、新大阪と大阪の位置関係です。
基本的に東海道線山陽線と新幹線は同じ線路とみなすので(例外はあり)、広島から新大阪まで新幹線、そして大阪まで行き、再度新大阪へ戻ってから東京まで新幹線となると逆戻りになるので、新大阪から大阪まで、大阪から新大阪までは別途買わなければなりません。
例えば、新幹線を利用しないで姫路から明石、三宮、大阪、新大阪などと在来線に乗る場合は別に切符は不要です、はじめに書いた途中下車です。

普通電車快速電車以外の、特急券が必要な列車(新幹線も特急列車)に乗車する時はその区間ごとに特急券(指定席特急券または自由席特急券)を買えばよいのです。
特急券は途中下車ができません。

>一つの往復乗車券だけ
往復乗車券は、ゆき用とかえり用の2枚になっています。

以上のことは、一般的なきっぷの場合であって、回数券や各種企画の割引券では適用されないことが普通です。

投稿日時 - 2010-05-19 15:12:22

お礼

回答ありがとうございます。


「権利放棄」という言葉がしっくりきました。
乗れるけど乗らなかっただけということですね。

やはり企画切符等ではなく通常の切符のみの適用という事ですね。
勉強になりました。

投稿日時 - 2010-05-21 18:47:52

ANo.3

東京都区内~広島市内間の普通乗車料金は、
片道で11,340円、往復割引では、20,400円です。
有効期間は、片道で6日間、往復では、ゆきの最初の乗車日から
12日間となります。
ゆきは、東京駅~京都駅間と京都駅~広島駅間が新幹線での移動で
または、京都駅~新大阪駅間のみがJR東海道線の新快速電車に乗車で
新幹線で新大阪駅~広島駅間の移動
かえりは、広島駅~新大阪駅間と新大阪駅~東京駅間を
往復での有効期間が12日間ですのでゆきとかえりの
2枚の普通乗車券が発券しますということで
京都駅・新大阪駅で一度改札を出て途中下車ができます。
新大阪駅~大阪駅をご乗車される時は、重複乗車になりますので
片道160円が別途必要となります。
新幹線特急料金は、ご乗車される区間ごとに購入してください。
東京・品川駅~広島駅間
のぞみ 指定席 7,210円 自由席 6,200円
東京・品川駅~京都・新大阪駅間
指定席 のぞみ 5,540円 ひかり 5,240円
自由席 のぞみ・ひかり・こだま 4,730円
京都・新大阪駅~広島駅間
指定席 
のぞみ 京都駅発着 4,790円 新大阪駅発着 4,690円 
ひかり 京都駅・新大阪駅発着 4,490円
自由席 のぞみ・ひかり・こだま 3,980円

投稿日時 - 2010-05-18 23:29:45

お礼

回答ありがとうございます。

新大阪から大阪に向かうときには別途乗車券が必要になるのですね。
これも無理だろうなあと思っていたので解決しました。

投稿日時 - 2010-05-21 18:45:12

ANo.1

RTO

途中下車の仕方としては問題ありません 後戻りもしていませんし。
新幹線特急券は乗る区間ごとに買ってください

なお、東京ー広島間は894.2kmなので、片道6日間有効ですから 往復切符ではその倍の12日間有効となります
http://www.jr-odekake.net/guide/info_2a.html

投稿日時 - 2010-05-18 22:52:28

お礼

回答ありがとうございました。

有効期間も思っていたより長く、安心しました。

投稿日時 - 2010-05-21 18:41:21

あなたにオススメの質問