みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

児童英語教師に有効な資格

児童英語教師に有効な資格

将来子どもから中学、高校生くらいの子に英語を教えたいと思っています。
来年留学して、教え方を学びながら資格を取りたいと思います。

J-shineやTESOL、児童英語教師育成、などたくさん資格があり、どれを受ければベストなのか考えています。

日本で取れるもの、海外で取った方がよいものや安くつくものそれぞれあると思います。

ご意見いただければ嬉しいです。

投稿日時 - 2010-05-01 22:14:00

QNo.5864929

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

英語教師も、学校の先生(教諭)になるためには、大学で教職課程を取って教員免許を習得しなければなりません。
でも、個人的に、英会話や文法などを教えるのならば、基本的には、実力さえあれば良いと思いますが、その場合でも、いずれかの資格を持っていれば、生徒や父兄からの信頼されるでしょうね。

では、どの資格が良いかですが、ご質問で挙げられている資格の中では、TESOLが良いのではないかと個人的には思います。
TESOLの資格を取るためには、相当勉強する事になるので、実力も付きますし、TESOLの資格は、国際的にも通用するようですので。。。

一つのサンプルですが。。。
彼女は英会話は出来ましたが、当初、特に資格は持っていませんでした。
でも、大手の児童英語教室の講師に採用され、この英語教室の研修を受けながら子供たちに英語を教えていました。
その後、専業主婦のかたわら、自分の子供が幼稚園児になったので、英語で遊びを教えていたところ、近所の子供さん達が仲間に入れて!と言うところから始まって、小中学生、高校生、大学受験生、大学生と増えて行きました。

特に、大学入試の過去問等を教える時には、予習が大変そうでしたが、この時自分自身も実力を向上させたのではないかと思います。
このころ、アメリカの一流大学の大学院が、日本で、英語教授法のサマー・スクール(夏季4週間)を開校したので、4年間受講して、TESOLの資格を取りました。

TESOLの資格を取った数年後までは、海外旅行にも行った事がなかったですが、後に、オーストラリアに数年滞在する機会があり、近所の高校で、外国語として日本語を学んでいる生徒に、日本語でのエッセイ(小論文)の書き方やプレゼンテーションの仕方を教えました。
オーストラリアの学校の先生は、修士(Master of Education)の資格が必要ですが、ボランティアでしたが、TESOLの資格を持っていると言う事で歓迎されました。

ちなみに、定年世代になった今は、海外旅行で、英語で一人歩きをしたいと言う50代~70代の熟年世代の方々に英会話を、また、40代~50代の管理職の方々に、ビジネス英文書の書き方等を教えています。

長々と、ご質問からはみ出ることを書いてしまいましたが、有意の若い人が、ご自分の将来計画を実現するために、何らかの参考になればとの思いからですので、お許しください。

投稿日時 - 2010-05-04 12:01:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

欧米での生活文化体験とネイティブ並みの発音が必須です.

投稿日時 - 2010-05-02 09:55:55

あなたにオススメの質問