みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブログで中傷されてしまいました。

ブログで中傷されてしまいました。
相手はご近所の方で、子供同士は同学年です。中傷の内容は2種類ありました。
子供のピアノの発表会に来てくれたのですが、子供の演奏の出来が良くなかった、講師の演奏もガタガタだった、講師の選曲のセンスが悪くて眠くなった、自分の子供の講師はそんなことはない等です。もともと音大を出ている方で、ピアノに対して専門的な知識があるようです。

またうちでは習い事をたくさんやっていますがそのことに対しても、学校の事が疎かになるなら調節してセーブしてあげるのが親の務め。私とは考え方が違うのであわない。同じクラスにならなくて良かったと締めくくられていました。
私は学校を疎かにしているつもりはないので、相手との会話の中で言葉がうまく伝わらなかったのかなと感じました。

考え方の違いはあって当然ですが、同じクラスにならなくて良かったと書く等、実際の会話の中では決して言えない事をブログ上で書いておいて、実生活では平気で話しかけてくる気持ちがわからないし、見る人が見れば私のことだと特定できるように書いているのがつらいです。

相手のブログを見なければ良いですが、今後も自分のことを中傷されるのは嫌です。
穏便にやめてもらうように諭した方がいいのでしょうか。
黙って耐えていたほうがいいのでしょうか。

お付き合いをしないのも手ですが、子供同士は仲良し、しかもご近所なのでそれも難しいです。

長文になってしまいましたが、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-05-01 01:56:47

QNo.5863231

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結論を先に言いますと
相手しない方が良いでしょう。

人の影口を言う人に人望があるとは思えませんし、貴方やお子さんの人生に影を落とすだけの力がそのブログとやらにあるのでしょうか?
貴方は王道を進めばよいのです。
貴方は決して人の悪口を言ってはいけませんし、相手を見下した言動も厳禁です。もちろん、今回の相手にもです。
むしろ、良いところを探し出して褒めてあげるくらいがよいです。 
周りの雑音、相手がどうこうよりも、ご自分の進む未来に集中すべきです。

相手は、貴方の足を引っ張る事が目的ですから、貴方は、見事に相手の計略にはまっている状態です。 これ以上関わるべきではありません。 詰まらぬ事に手間取らされて、時間や労力を無駄にすべきではないでしょう。

参考になればよいが。
グッドラック。健闘を祈る。

投稿日時 - 2010-05-01 02:17:41

お礼

よく考えてみると仰る通りだと思います。相手には相手の、私には私の王道があって進んでいるのですよね。
自分の気持ちに自信と余裕を持っていこうと思います。ありがとうございました。元気が出ました。

投稿日時 - 2010-05-01 03:47:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

実際のお付き合いだけにしておく事です。
ブログでしている事を注意したところで早々は変わりません
そんなブログは見る価値無しです。

堪えるというより見下してしまえばいい
実生活では見下すのは控える必要がありますが

投稿日時 - 2010-05-01 02:43:47

お礼

落ち込むようなブログは見ないことにします。
ご近所なので実生活では避けられないですが、これからはそれなりのお付き合いにしていこうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 08:08:55

ブログにそれとなくコメントしてみるのはどうでしょうか?
〇ちゃんのお母さんかも??と匂わせてみつつ…。
それでこちらも何事もなかったように付き合うとか??
意外と手ごわいぞと思わせたらどうでしょうか?
悪態をつくような人間をまともに相手にしてたら疲れますよね。

うちの子はまだ1歳で保育園だから子供同士はもちろん、母親同士の付き合いも
ないです。はあ~。中学や高校時代のようななんとなく面倒でもかかわらなきゃいけない(子供のためにも)関係がこの先待ってるんですね。勉強になりました。
全く回答になってなくてごめんなさい。

投稿日時 - 2010-05-01 02:14:55

お礼

仰るとおり相手に何をいっても私が疲れるだけだし、悪態をつく人をまともに相手する必要もないですよね。
相手の方は、普段の会話の中では上品なお母さんという印象で、悩み相談はされても悪口はあまり言わない方です。でもブログでは違いました。
実生活の中で意見の相違をやんわりとでも言ってくれればまだ理解できるんですけどね。

これからもいろいろなことがあると思いますが、お互い頑張って子育てをしましょう。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 08:23:53

あなたにオススメの質問