みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

I want to became a doctor

I want to became a doctor
But I don't have the ability to enter a medical college
If I can study as hard as I can ,I will be able to enter there
I am worried about my future
It is hard for me to think my future
I'm trying that don't feel gloomy every day
It is very hard for me for my age to take an entrance examination again
My action will be criticized by society

簡単な英文を書きました。英語の得意な方、文法をチェックしてください。
一応日本語も加えておきます。

私は医者になりたい
しかし医学大学にはいる能力がない
もし、一生懸命勉強すれば入ることはできるでしょう
将来について不安です
未来を考えることは私にとってつらい
毎日くらい気持ちにならないように努力している
私の行動は社会的には批判されるでしょう

投稿日時 - 2010-04-30 22:57:41

QNo.5862908

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

米国留学経験者なので American English で解説させて頂きます。

1番目
I'd like to be a doctor.
wantはちょっと子どもっぽい表現。I'd like to~にしたほうが...。 また「~になる」はbecomeじゃないです。(becameはタイプミスでしょうか?) beで十分。

2番目
I'm not smart enough to get into a medical school.
前の方も言ってますが、次の3番目の文と繋がってるんでしょうか。そうだとすると論理的に矛盾します。「能力がない」「でも努力すれば入れる」という展開はちょっと変です。
「能力がない」のなら「いくら努力しても入れない」のではないですか?
(誤解の無い様に付け加えておきますが、別に煽ってる訳ではなく、純粋に論理整合の話です。)
であれば、一案ですが、「今はそこまでの能力に達してない(2番目)、しかし努力すれば入学できるかもしれない(3番目)」のように変えてみたらいかかでしょうか?
尚、「入学する」の意味でenterを使われてますが、これは間違いです。get into か enroll (in) を使ってください。(もし初出であれば、この機会に覚えてください)
又、ここで「医科大学」の意味で、medical school を使ってますが、日本と米国では教育制度の相違があり、ちょっと訳出しにくい箇所です。
米国って大学は専門教育はあんまりやらないんですよ。liberal artsっていう考えがあって、18、19の若者が、自分の適性は何かなんてことはまだわからないだろう、ということで、いわゆる教養課程を中心にしたカリキュラムになります。医学、法学、経営学等の専門教育は、その上の大学院に進学してから、ということになります。
そして、大学院レベルでの医学校を medical school (法学なら law school)といいます。米国人がmedical schoolと聞いたら、この大学院レベルの学校を
連想するはずです。あなたが書いたのは(大学)学部レベルの医学部のことでしょう?


3番目
But it might be possible to enroll in if I study so hard.
2番目 の説明を参照してください。enroll in の目的語は明らかなので省略してます。

4番目
I feel insecure when I think of my future.
I am worried about my future.は文法的に間違いはないんですが、このように書かれると...。 不自然ですよね。非常に説明しにくいですが。

5番目
It's hard time when I think of my future.
「~について考える」は think of です。提案ですが、4番目、5番目の文って同じことを繰り返しているように思えるので、どちらか削ってもいいのでは?

6番目
I try to shake off a gloomy feeling like that when it come up in my mind.
a gloomy feeling like that は such a gloomy feeling でもいいです。(suchの使用頻度は口語では少ないですが)
I'm trying that don't ていうのは、ちょっと×ですね。まず、時制が誤りで、現在形にしなければいけないとおもいます。(別にこの瞬間そうしてる訳ではなく、習慣的動作ですよね)
あと、trying that don't~とはいわないです。「~しないように努める」は try not to do ~ の形です。(I'll try not to cry. 泣かないようにするわ)
回答例では「~を振り払う」のshake off ~ という表現を使いました。

7番目
I don't like to take an entrance examination again.
仮主語構文で書かれてますが、仮主語構文は、It is impossible to predict our future. (未来を予測するのは不可能だ)のように一般論を述べるのに相性のいい形です。
「~するのはつらい」というのは個人的な心情の吐露ですから、仮主語構文でいうのは不自然です。単純に I don't like ~ で十分です。

8番目
前の文とどう繋がるのか、(繋がらないのか)わからないので、添削できないです。「試験が嫌い、受けるのはつらいと感じる」→「それは非難に値する」???

投稿日時 - 2010-05-01 01:12:53

お礼

大変参考になります。今後ともぜひよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 11:34:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>簡単な英文を書きました。英語の得意な方、文法をチェックしてください。
文法以前の問題です。
日本人特有の「論理力」の欠如が如実にあらわれています。
まず「論理力」を身につけてください。
具体的な方法の一つをお教えいたします。
松本道弘氏の本を読んでみてください。

以上、参考まで。

投稿日時 - 2010-05-01 02:49:03

お礼

わかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 11:43:49

ANo.1

(1)becameにtoをつけて不定詞の積りですか。
(2)But I don't have the ability to enter a medical college
If I can study as hard as I can ,I will be able to enter there
2行目と3行目、能力がないと断定した後、努力すればというのは
矛盾していて文章になっていない。
(3)My action will be criticized by society
actionに該当するものが明示されていない。完全に意味不明。

言いたいことをもっと整理してください。
論旨が明確になれば文章はついてきます。

投稿日時 - 2010-05-01 00:19:12

お礼

わかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-01 11:44:35