みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

航空管制の言葉は英語に統一されたのですか?

航空管制の言葉は英語に統一されたのですか?

第二次世界大戦までは、ドイツのパイロットはドイツ語で、フランスのパイロットはフランス語で管制官と交信していたとおもいます。日本では日本語でした。

今、世界の航空管制はすべて英語に統一されていると聞きました。

ドイツや日本、イタリアなど第二次世界大戦の枢軸国は連合国の決めたことに従って、航空管制を英語にしたのは想像に難くないのですが、連合国側の非英語圏が英語に統一した経緯をご存じですか?

カザフスタンの航空機の操縦士がキエフ管制塔と交信するのに英語を使用するなんて、まったく理解できません。操縦士にとっても、管制官にとっても第二外国語を強要することになり、危険ですよね。
終戦後も英・米とならんで政治力をもっていたソ連はなぜ、イリューシン機やトゥポレフ機、アントノフ機の操縦士に英語で交信するよう指示したのでしょうか?

質問:
1.ロシア語が公用語であった旧ソ連圏でも航空管制が英語に統一されているというのは本当ですか?
2.本当だとするとそれはいつごろからですか?
3.現在、ウクライナやカザフスタンなどの国内線でも英語に統一されているのでしょうか?

中国国内線、フランス国内線の航空管制の英語化に関してもご存じの方いらっしゃれば教えてください。

なにか、ご存知の方、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-04-25 23:26:48

QNo.5851679

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現在ほとんどの国が戦後にICAO(国際民間航空会議)に準拠しました
このICAO条約(通称シカゴ条約)で航空管制については英語と定められてます
言葉遣いに関しては
国際民間航空条約第10付属書第2巻
ICAO Doc.4444 PANS-ATM
手順については
ICAO Doc.9432

がそれぞれ発行されてます

投稿日時 - 2010-04-27 01:30:22

お礼

ありがとうございした。

2002年時点で何と188カ国が加盟しているそうです。

日本人だけでなく、カザフスタン人がウクライナ人と会話する時も英語にしなくちゃいけないんですね。

投稿日時 - 2010-04-27 01:45:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問