みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕上げ記号と幾何公差の違い

仕上げ記号と幾何公差の違い
お世話になります。
図面で、例えば直方体底面に、全体の仕上げ記号として▽▽などと表記した場合と、同じ箇所に幾何公差の平面度記号(平行四辺形の記号)を使って表記した場合では、別の意味になってくるのでしょうか。
詳しい方ご教示お願いします。

投稿日時 - 2010-04-23 13:34:45

QNo.5845867

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

分割回答みたいになってすみません。

失念していた言葉を思い出したことがありまして
”きさげ”というのを御存知ですか?
例えば
http://www.fujitass.co.jp/gijutu_kisage.htm
http://www.mitsuiseiki.co.jp/machine/column/index.html
この場合平面度は高いですが表面仕上げは悪いですね。
こういう場合もあります。

投稿日時 - 2010-04-24 00:20:34

お礼

joshuatree様
ご丁寧にありがとうございます。
’きさげ’は、言葉は知りませんでしたが、朱を塗って平面度を見ながら削っていくのは、加工所で見たことがあります。
そのときは漫然と見ていたのですが、これは平面度は高いのに表面仕上げは悪いのですね。前と逆ですね。また勉強になりました。

投稿日時 - 2010-04-24 08:40:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

まず仕上げ記号とはあらさの事ですよね。▽▽(▽二つ)では基準長さの標準値が2.5mmなんですね。つまり2.5mmの直線の間での細かな凸凹を測っているんですね。

平面度記号は面積に指定がない場合、その面全体のうねり(?)を規定するものなんですね。

例えば研削する場合、下手に研削すると加工物に熱がたまり、後半になるにつれて加工物は熱膨張します。そうすると後半は削りすぎてしまい、室温に戻った時、面に歪みが生じます。この場合表面仕上げはOKでも、平面度はNGになります。

投稿日時 - 2010-04-23 22:26:35

お礼

joshuatree様
早速のご回答ありがとうございます。
文意をお汲み取りいただきありがとうございます。
’あらさ’とは、(▽▽の場合)2.5mmの範囲での粗さを測り、それを連続して何回も測って、それらが基準値以内にあればOKという点、大変勉強になりました。
これでは全体のひずみやうねりなどの指定はできていないですね。それが平面度ということですね。

投稿日時 - 2010-04-24 08:25:30

あなたにオススメの質問