みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

第三者行為による労災給付 vs 自分加入の傷害保険金について

第三者行為による労災給付 vs 自分加入の傷害保険金について

勤務中に第三者(加害者)からケガをさせられて、賠償示談に応じないので第三者行為による労災申請をしました。交通事故ではないので自賠責保険も出番がありません。
60日間で20日通院を受けました。病院から労災へのレセプト請求は10万円とします。
労災は加害者に10万円を請求するでしょう。

労災申請のときに、「労災給付相当額の加害者へ求償権を与える」、「他の保険から保険金を受けた場合は連絡すること」等の念書にサインさせられました。
「他の保険から・・・」は、自賠責保険や自動車保険など医療費+慰謝料を払う保険のことを仮定しているのだと思います。何かの保険から医療費を受けたら、労災給付との二重取りになるから、労災給付分は返しなさい、というのは理解できます。

さて自分で掛け捨てで入っている傷害保険Aから、慰謝料名目の通院保険金@4200円×20日×2=16.8万円を受けたとします。そしてA保険会社へは加害者に対する16.8万円の求償権を譲渡しました。
保険会社は加害者に慰謝料(医療費は別)として16.8万円を請求して払わせるのでしょう。

以上ですべて帳尻は合うと思うのです。
加害者は医療費10万円を労災を通じて弁償し、慰謝料16.8万円をA保険会社を通じて弁償したと。

ここで気にかかるのは、労災の念書にあった「他の保険から保険金を・・・」のくだりです。そのとおり労災に連絡すると、16.8万円中から10万円を没収するつもりでしょうか。それはお門違いだと思いますね。
労災は加害者からも10万円を取り、私からも10万を取り、二重取りになりますからね。

どのように解釈すればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2010-04-22 16:07:10

QNo.5843864

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

労災申請では、「休業補償費」と「治療費」と「後遺症」に関して請求できます。相談者の場合、「治療費」しかかかっていません。
A保険会社からは、「通院保険料」しかもらっていません。
「治療費」と「通院保険料」はまったく別項目の保険内容なので、二重取りにはなりません。

もし、相談者が会社を休んだ場合、労災から「休業補償費」。A保険会社からも「休業補償費」をもらった場合は、二重取りになりますので、返却します。

投稿日時 - 2010-04-22 16:39:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まず傷害保険の保険金は慰謝料や治療費は出ません
(通院保険金や入院保険金などです)。
傷害保険はいわゆる自分に対する自分からの見舞金ですので、
傷害保険は労災・健保・生保・加害者からの補償などとは
まったく関連性はありません。

また治療費が出る形の、傷害保険や生命保険に似たように
思わせる宣伝で売られている保険もありますが、
健保使用後の3割自己負担分を保険から補償されるものです。
(自己負担支払いの領収書などが必要です)
労災から治療費が支出されているなら
その保険から治療費(自己負担分)は出ません。

民間の全ての保険を知っているわけではありませんが、
もし完全に自由診療・健保使用に関わらず治療費全額が出るような
民間の保険があったとしても、支払った裏付けとして、
領収証やレセプトなどが、必ず保険金請求に必要になる
はずですので、
何処からも治療費の二重払いとなることは有り得ないでしょう。

投稿日時 - 2010-04-22 17:46:32

あなたにオススメの質問