みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地震のメカニズムについて教えてください

日本に住んでいれば地震を避けることが出来ないと思います。
いかにして地震から自分の身を守るか考えています。その前に地震についての
知識をつけることが重要だと思います。

そもそも地震とはどのような仕組みで起こるのでしょうか?

地震とひとことで言ってもさまざまなタイプがあります。規模の大きなもの、小さいもの。
原因もさまざまだと思います。

僕が知る知識では日本は4つの大きなプレートの重なる上に存在しています。そのプレート
同士が押し合って押し合って限界がきたらそのプレートが元に戻る力が地震の原因となると
いうことはなんとなく理解しています。
全ての地震はこのプレート同士の摩擦が原因なのでしょうか?
他にもちがう原因があるのでしょうか?

それとよく主要活断層と呼ばれるものがあります。これは地層がずれているという
ことですよね。よくこれが「活発になっているとか、生きている」とか耳にしますが
まるで生き物みたいな表現なので?と思います。ただの地層のズレではないかと思ってしまいす。
この活断層というものは危ないものなのでしょうか?
この活断層の付近には住まない方が地震の被害に合わないのでしょうか?

それといつ来てもおかしくないと言われている大地震がありますよね。東海地震とか首都直下型大地震。
これについても聞きたいのですがこの地震もフィリピン海プレートと太平洋プレート
の摩擦によって引起こされる地震なのでしょうか?
やはりとんでもない規模の地震で被害もすごいのでしょうか?

なんか聞きたいことがたくさんあって上手くまとめられませんが地震のおこる仕組みとしてプレートと
活断層の関係について教えてくれましたら助かります。

投稿日時 - 2010-03-22 00:19:41

QNo.5769718

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

地震については2種類あると聞いてます。
一つは地盤の歪みから来るもの。二つ目は火山活動によるもの。
フィリピン海プレートと太平洋プレート、いずれも地盤に歪みを発生させ、プレートの境界付近でこの歪みが元に戻る(弾ける感じ)のが地震です。ただいつ、どこでこの現象が発生するかは分からず、過去の地震から周期を割り出し、予知できないかと研究する機関もいくつかあるようですが・・・当然活断層もこの歪みの影響を大きく受けています。

地震の規模などは実際に起きてみないと解りません。
小さな規模の地震が、連鎖的に発生し、大地震になった東南海地震の例もあります。現在の関東付近も未発見の活断層(関東大震災もこれ)が多数あるようです。
規模によりますが、海中で地震が起きると津波が発生し、地震の影響を直接受けなかった地帯まで被害をこうむる場合があります。

早い話、日本の何処かで大地震が発生すると何らかの形で被害にあう公算が大きいと思われます。

東海、東南海、いずれかの地震で関東から九州までの沿岸部、太平洋上の島々、南北アメリカの西海岸にいたるまで被害が出る可能性があるということです。

質問者さんの言われる通り、活断層は確かに危険ですが付近には住まないほうが地震の被害に遭わないとは言い切れません。
日本中いたるところに活断層があり、いつ動くとか、どこが安全かなどは解らないのが実情では?
地震に関しては、地球上のどこにいても被害に遭う可能性はあります。

むしろ、いかにして被害を小さくするか。いかにして自分の生命、財産を守るかに重点を置いて、防衛策を講じてはいかがですか?

投稿日時 - 2010-03-22 04:29:39

補足

回答有難うございます。
>質問者さんの言われる通り、活断層は確かに危険ですが付近には住まないほうが地震の被害に
遭わないとは言い切れません。

でもできれば主要活断層の付近は避けた方が大きな地震に会う確率は低くなると思うんです。
内陸型地震のプレートの圧縮、引張、せん断力によって起こる地震も活断層とそうでないところ
とでは地震の規模も違うんですよね。

今は主要活断層MAPというのがネットでありますが、それを見ると中国地方の鳥取、島根、山口、
広島、岡山や九州地方の福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島などは活断層がほとんど見られないの
で安全だと思うのですが。

それとも活断層が見られなくても大きな地震は起きるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-24 01:26:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問