みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民年金が10年まで遡って払えるようになりましたが

自分は未納期間があり、これまでは2年しか遡れなくて、その前の1年だけ遡れず、そこは払えなかったので、遡れる分だけ去年払いました。

ところが10年まで遡れることに!

ということは、2年より前に滞納した1年分も、今から払うことが出来るということでしょうか?(もちろん今より10年以内の分のものです)
これを払えば、減額されずに将来貰えるということでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-05 14:44:06

QNo.5726896

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

法改正案が3月5日に閣議決定された、というだけです。
いまの国会に提出されて成立しないと、施行されません。

国民年金保険料は、その月の分は、翌月末が納期限です。
けれども、それを過ぎても2年以内だったら納められます。
これを事後納付と言います。

法改正案は、2年以内 ⇒ 10年以内 へと変えようというものです。
改正案が成立すれば、2011年10月までには施行される予定です。

なお、過去2年を超えて納める分には、加算金が上乗せされます。
利息にあたるようなものです。
これは、現在の追納のしくみと同じです。

追納というのは、あらかじめ免除を受けていた時にあとで納める制度。
10年以内だったらあとから納めることができる、というしくみです。
つまり、免除を受けていなかったら、いまは2年以内しか、あとから納められませんよね。
なので、ここを10年以内、とすることで、免除を受けてなくてもOKにする、というのが法改正案のねらいなんですよ。

未納分を全額納付できれば、将来の老齢年金が減ってしまうことはなくなります。

投稿日時 - 2010-03-05 17:18:38

お礼

加算金がどのくらいかが今後の決めてですね・・・

投稿日時 - 2010-03-05 19:29:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

回答No.5でも書きましたし、回答No.8にもありますけど、まだ閣議決定されただけです。
ちゃんと国会で可決されて、実際に法律として成立して初めて意味を持ちますし、かつ、実際に施行されなければ、いまとおんなじで、事前に免除を受けた分しか10年前まで遡って納めることができないです。

法改正案の概要は http://www.mhlw.go.jp/seisaku/kaigi/2010/02/dl/k0223-1a.pdf です。
もしよかったら、目を通してみて下さい。

投稿日時 - 2010-03-05 23:08:29

お礼

まだ未定の状態なのですね。
決定してから考えます。

投稿日時 - 2010-03-05 23:35:29

ANo.8

まだ閣議決定されただけで、実際に法律として成立し、施行されなければ10年前までさかのぼって納めることは、免除を受けた期間しか現状ではできません。
 これを行なうのであれば、免除制度の意味は根本的になくなりますから、法定免除以外は廃止すべきだと思いますが・・。
 

投稿日時 - 2010-03-05 22:45:56

お礼

まだ完全な決定ではなかったのですね

投稿日時 - 2010-03-05 22:58:15

回答#6の法改正案は、
今回のもの(内閣提出法案)とは全く別のものです。

回答#6のものは、子の加算に関する定めの改正案です。

受給権発生当時に該当すれば加算される、というのが現行ですが、
そのときに該当する子がいない場合には、その後に子をもったとしても
加算されることがありません。
これは現実的におかしいのでは?、ということで、
回答#6のような法改正案が出されました(議員提出法案)。

子の加算について(下記ファイルの7頁目)
http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kokunen08.pdf

回答#6の法案の審議経過
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DA7D1A.htm

さて。
2年を超えた分の加算金の考え方は、現行の追納と同様の見込です。
以下のファイルの10頁目(追納保険料額)を参照して下さい。
これにきわめて近いものとなると思います。

http://www.nenkin.go.jp/main/detailed/pdf/kokunen05.pdf

たとえば、現在、平成11年度の分までを追納できます。
当時の保険料は月額13300円でした。
これをいま追納しようとすると、月額16190円となります。
年額にして、約35000円ほど(保険料の2か月半強相当)、
多く納めなければならない、ということになりますね。

今回の法改正がとおった後は、これと同様になると思います。
数年も未納をためこんでいる場合には、かなりつらいかもしれません。
 

投稿日時 - 2010-03-05 20:42:27

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2010-03-05 22:57:50

ANo.6

平成二十二年十月一日からの施行ですので、まだ先です。

参考URL:http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17301013.htm

投稿日時 - 2010-03-05 19:27:59

ANo.4

1年分ということは、利息を考えないでも17万円以上の出費です。65歳になった時に、この17万円を納めていないと月額1,650円が減額されます。今17万円支払って、65歳から毎年19,800円をもらえる。ってそんなに喜ばしいことでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-05 16:41:26

お礼

現実的な意見有難うございます。
考えたいと思います

投稿日時 - 2010-03-05 19:28:48

ANo.3

現段階ではそういう方針だということで関連法案が通れば2011年度中にそうなります。
ただし2年を超えて納付する場合は保険料に利息がかかるようです。

投稿日時 - 2010-03-05 15:32:08

お礼

利息ですか!
それは想定してませんでした・・・

投稿日時 - 2010-03-05 19:28:07

ANo.2

10年前までさかのぼって、追納できるのは、免除申請を受けた人です。
何もせず未納の人は2年しかさかのぼれませんよ?

http://homepage3.nifty.com/hiroo-cpaoffice/topicsH160614.htm

投稿日時 - 2010-03-05 15:26:32

補足

違いますよ。
今日、改正されたんだよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000067-jij-pol
ヤフーニュース見てみて。
知っている人からの回答待ってます。
知らない人からの回答が多すぎます。

投稿日時 - 2010-03-05 15:27:43

ANo.1

おっしゃるとおりです

投稿日時 - 2010-03-05 14:48:15

補足

こういう一言回答では…信頼に欠ける・・・
他の方からの回答お待ちしてます

投稿日時 - 2010-03-05 14:50:49

あなたにオススメの質問