みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国、中国選手の強さの秘訣を教えて下さい。

冬季五輪をTVで楽しんでいます。スピードスケートの長島・加藤選手のメダル獲得に喜んでいるのですが、韓国や中国選手の強さを見ると勝負に対する執念(個人的な強さ)は納得しますが、代表選手の選考や国としての育成システムが違いすぎる気がするのですが教えて下さい。(活動ベースが景気に左右される企業所属の日本選手には「8位以内入賞で充分・!」と思ってしまいます)

投稿日時 - 2010-02-17 09:47:30

QNo.5683452

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

国の援助が違いすぎます。

日本も韓国も「国際スケートセンター」なる施設があります。韓国では代表クラスで召集されると「日当」が出ます。しかし日本では召集されてセンターで練習しようとすると「施設使用料」を取られます。

これで「国の為にメダルを取れ」と言う日本は完全にスポーツ後進国ですね。しかも事業仕分けで更に削られるし。

質問者さんの言うように「企業代表が国内代表」のシステムではこの程度の成績でも十分ですね。フィギアも「習い事の延長」に過ぎませんし。

投稿日時 - 2010-02-28 06:28:40

お礼

国の援助の一例からして違うのが明白ですね。 競技を放送する放送局としては番組を盛り上げたい狙いは理解できますが「明らかに実力以上を期待してしまう番組の風潮・・」を感じてしまいます。
国として「世界相手のメダルをとらせたい。」なら、国の相当の援助、あるいは国民レベルの理解や競技文化の土台がないと「メダルは無理」と感じてしまいます。 回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-28 20:53:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

38人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

寿命を削っているから。

投稿日時 - 2010-02-27 05:01:23

いや気合の問題。

投稿日時 - 2010-02-23 09:39:43

あなたにオススメの質問