みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「女の嗜み」・・・男は?

料理、洗濯、掃除・・・昔の人はこれらを「女の嗜み」と呼び、女性の武器として男性にアピールしていました。
現代では男性も家事をするのが当たり前ですが、それでも未だにアピールするのに手っ取り早い武器として家事を選ぶ女性も多く、「女の嗜み」は男性を喜ばせるという意味で生きていると思います。

そこでふと思ったのですが、これの男性版は何なのでしょうか?
「男の嗜み」と称するものはいろいろありますが、どれも自分が満足するためだけの趣味的なものでしかなく、女性の家事と比べるとなんとも自分勝手でお粗末なものしかありません。
分担している家事を「男の嗜み」と呼べるかなとも考えましたが、あくまで世間での位置づけは「家事を手伝っている」というものですし、「女の嗜み」の二番煎じに過ぎません。
昔は家事が「女の嗜み」であったなら、「男の嗜み」は何だったのでしょうか?
昔の女性は男性に何を求めたのでしょうか?

経済力?
それほど昔は今ほど豊かでなかったのに、これを頼りに出来たかは疑問ですし、お金なんて最低限必要な物でしかないのに、これだけで満足させられたとは思えません。
優しさとか逞しさとかなどもありますが、これも曖昧なもので、家事のように着実に身につけられて形に出来るものではないですよね。

仕事ができる?
対外的なもので家庭内、大切な人に向けてのものとは言えないので、これもどうかなと思います。

女性は何かをしてあげたいと思ったら、とりあえず料理などを提供できます。
男性が男ならではの何かをしてあげたいと思ったときは・・・?
綺麗事だけ頭に浮かび、現実味のあるものを思いつけません。

求めることが出来なければ不満だらけになります。
与えることが出来なければ不安だらけになります。

男はこれから何を提供していけば良いんでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-05 15:47:44

QNo.5651236

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

こんにちは

>男はこれから何を提供していけば良いんでしょうか

仕事(お金)だと思いますよ。
家庭、大切な人を守るためには、お金が必要不可欠です。
家事を行うために食材費、電気、ガス、水道、また携帯電話、1戸建て
の家なら税金、貸家なら・・・と、すべてお金がかかります。
でも、お金の使い道がこれだけでは、満足できないですよね?
仕事に関しては他の方が回答してるので省きますが、
女性が家事、とするならば、男は仕事になるのは当然だと思いますよ。

仕事以外で何かをしてあげたいのなら、
相手が、感情面で欲しがってるのか、物で欲しがってるのか
個々人で違いがあるので、そこは質問者さんが見極めるしかないです。

投稿日時 - 2010-02-07 13:39:36

補足

その個々人での意見を聞きたいのです。
お金ですべて解決できるとは限らないですよね。

投稿日時 - 2010-02-08 17:17:05

経済力ですよ。
昔は物がなかっただけで、旦那の収入で一家を養うことが出来ました。
今のように共働きなんて貧乏人のすることでしたよ。

投稿日時 - 2010-02-06 09:09:40

ANo.4

お金を提供しているじゃないですか。
与え過ぎるのは互いのために良くないですよ。たぶん。
昔の人は男が狩りにいき、女が食事をしたのでしょう?

家事に対するものは狩り、つまり仕事じゃないですか?


それ以上のものは、相手に求めるものじゃないんだと思いますよ。
というとあれだけど、
僕は人としてしっかりしていて思いやりがあることが大事なことと思うから、自分はそうあろうと努力しています。
それで、たぶん相手の女性にもそれを求めます。
でも、そんなのもの何の価値もないと思う女性もきっといるわけで、
男っぽくて自分を強く求めてくれて、野性的に生きていっている人がいいと思う人には僕は何の価値もないです。
でも、僕は野性的に生きることに価値を感じないので、そういうのは目指さないです。

こういうふうに、自分がいいと思う人間に、人間として必要だと思うものを得てなっていくのが、一番自分として満足出来る人間になれるし、
少なくとも自分をパートナーとして選んでくれた人にとっては、自分は上々の人間なのだということなのだと思いますけどね。

投稿日時 - 2010-02-05 20:20:42

補足

お金を入れるというのは、家庭という器を維持するためでしかありません。
元々、自分が生活する分だけでよかったものを少し広げただけ。
女性はそれ以上を求めて良いと思いますし、お金だけで良いなら相手が男じゃなくても良いわけです。
気の合う女友達と暮らしていく方が何かと楽でしょう。

思いやりとは提供する心ではないでしょうか?
形に出来るのがお金だけで思いやりと呼べるでしょうか?
価値観によるのでしょうが、僕はお金だけという考え方では満足できないのです。

投稿日時 - 2010-02-08 16:48:03

ANo.3

仕事。あるいは、それに伴う人間関係。
お粗末どころか、大変ですよ。両方経験している自分だからこそ言えるのですが、「人間関係が大変」「思うようにいく事ばかりではない」「基本組織であり、ノルマがあるので、自分の好きなペースで進められない」という意味では、殆ど自分の意思と好み次第で進められる家事なんかとは大違いです。

「家庭内、大切な人には関係ない」どころか、男性に対し仕事(つまり経済力や名声)を要求するのは、何より女性なように思えます。(勿論女性みんなとは言いませんが。)


そもそも、仕事を持つ者というのは、それぞれの分野において「嗜み(専門能力)」があるのです。大昔の「女は家事」というような、男すべてに共通した嗜みではないですし、それは簡単に身につくようなものでもなく、それなりの努力と時間が必要です。

働く者が家族に提供出来るものがあるとしたら、「生きていく上でのお金」、綺麗事ではなく、これは結局誰にとっても不可欠なものです。
家族である限りは勿論「働きさえすればいい」という話でもないですが、「自分を生かしてくれている」それだけでその人を敬う価値はあると思いますし、感謝に値します。それ以上さらに何を提供させたいのでしょう。家事が出来れば満足なのでしょうか。今の時代、奥さんなんかよりもよほど家事の出来る男性も多いみたいですが。

投稿日時 - 2010-02-05 16:34:16

補足

男は女への愛を証明するため、高い山に登り、深い海を渡り、荒涼とした砂漠を横切った。でも女は男を捨てた。
女は言う「彼がちっとも家にいなかったから」


何かで読んだジョークですが、まさにこれではないでしょうか?
大変だから何なんでしょう?
仕事は自分のためにしているはずです。

どんなに大変な思いをして能力を上げたとしても、それを大切な人のために直接使えなければ意味がありません。
仕事はしょせん修行でしかありません。

身につけた力を使う場所は大切な人がいるところだと僕は考えています。

女性が男性に仕事を求めるのは当然です。
仕事で身につけた人間力を自分のために使ってもらえると信じているからです。
ですが、ほとんどの男性はこの希望までは満たせていないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-08 16:39:07

お礼

男は女への愛を証明するため、高い山に登り、深い海を渡り、荒涼とした砂漠を横切った。でも女は男を捨てた。
女は言う「彼がちっとも家にいなかったから」


何かで読んだジョークですが、まさにこれではないでしょうか?
大変だから何なんでしょう?
仕事は自分のためにしているはずです。

どんなに大変な思いをして能力を上げたとしても、それを大切な人のために直接使えなければ意味がありません。
仕事はしょせん修行でしかありません。

身につけた力を使う場所は大切な人がいるところだと僕は考えています。

女性が男性に仕事を求めるのは当然です。
仕事で身につけた人間力を自分のために使ってもらえると信じているからです。
ですが、ほとんどの男性はこの希望までは満たせていないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-08 16:37:54

ANo.2

「嗜み」というのは普段の心がけやつつしみ・節度を当たり前に持っていることなんです。
昔は女性が家を守っていたので家の事は出来て当たり前の事でした。でも今は男性も家事をして当たり前なので「男の嗜み」に家事や料理が入っていたっておかしくないし、反対に私はカッコイイと思います。
男だから・女だからではなく、意外と知らない一般常識のマナー(例えば冠婚葬祭のマナーとか)を「大人の嗜み」として身に着けるのがいいと思いますよ♪
あとは、「社会人としての責任」を伴った行動ができるのが大人であり嗜みのある人ではないでしょうか☆(駐車違反とかタバコに関しても言えますよね)

池波正太郎の『男の作法』・・・男の常識や男の生き方をさりげなくかつ大胆に書いていて、読んだ私はこんな男性は小気味よくカッコイイと思いましたので参考までに(^^)/

投稿日時 - 2010-02-05 16:32:05

お礼

なるほど。昔の女性が働く男性のことを考えて家事を「女の嗜み」としたなら、働く女性が当たり前となった現代では、そういう彼女を想定して家事を「男の嗜み」としておくのも良いかもしれませんね。
問題は家事が大好きな女性が対象のときですね。仕事を取らないで!と怒られそうですから、やはり家事以外にも女性へ向けた「男の嗜み」を身につけたおきたいです。
おっしゃるとおり、一般的なマナーから身につけていくのが良いのかもしれません。

ご紹介いただいた本、面白そうなので今度読んでみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-08 15:26:14

>男はこれから何を提供していけば良いんでしょうか?

うーむ・・・。
(-.-)
確かに、考えさせられますなあ・・・。

でも、我が家に関しては、料理・洗濯・掃除、カミさんよりも夫の私の方が得意ですよ、ハイ。
(カミサン、ごめん。
でも、本当のコトだから・・・)

あ、本題に戻ります。
私だったら、「愛情」を提供しま~す。
(^▽^)/:♪
これは、ウソで無く、
「命をかけて、君を守ってみせる」
と言う覚悟なら、割りと普遍的に提供できると思います。

「(アンタなんかに) 守って欲しくない」
と言われたら、元も子も無いので「愛し合わない」と効果が無い危険性は有りますがネ・・・。

投稿日時 - 2010-02-05 16:13:14

お礼

残念(?)ながら、こちらの愛情は相手からの愛情という形で返してもらってますからね(^_^;
まあ、実際はその愛情をちゃんと形にできているのかが不安なんですが・・・。
お互い、寝たきりになっても愛情表現できる男になりたいですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-08 14:50:40

あなたにオススメの質問