みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今家は建て時?

無知な私にどうかアドバイスください。マイホームがほしいと考えています。現在、私(27歳)と妻(23歳)でアパート(家賃¥47000+駐車場2台分¥10000)で暮らしています。収入は私が年収380万(月手取り20万)、妻年収250万(月手取り17万)で月10万円ほど貯金しています。現在貯金額200万弱です。今、ローン金利が安く、また減税等もあるので建て時なのかなと考えています。今考えているのは、土地が60坪ほどで600万円ほど、建物はローコスト住宅で35坪ほどで1600万円ほどで、合計2200万円程で考えています。頭金は要れずに、総ローンで貯金は諸費用に充てたいと考えています。2次補正予算案が通り、フラット35で35年ローンにするとして金利が10年間1.6%、残り20年間2.6%で借りれます。長くなりましたが、もう2.3年貯金するのがいいのか、今買うのがいいのか?悩んでいます。アドバイス頂けませんか?

投稿日時 - 2010-01-31 16:07:42

QNo.5638103

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現在の貯金が200万では少ないですね。
頭金なしは非常に危険ですし
マイホームを手に入れた後手元にお金がないと
不測の事態が起きた時に対応できず
せっかく手に入れたマイホームを
手放さなくてはいけなくなります。
それに今の計画だと定年後まで支払いが続きますよね…
そう考えると今の貯蓄はないものとして
これから購入予定価格の2・3割貯めて頭金にすれば
返済期間も短くなり定年前に返せますし
結果総返済額も少なくて済みます。
目先の金利より総返済額を計算すると
ビックリするので冷静になれますよ…

奥様の収入全額貯蓄に回せば頭金ができます。
(その分の名義は奥様で)
それにお子様がいらっしゃらないのなら
いずれ奥様が妊娠し働けなくなることを考え
今のうちから奥様の収入なしで生活できないと大変ですよ
後3年間(ご主人が30歳まで)がんばって
貯蓄に励んでからでも遅くありません。
その間にお子さんができたら、より実態にあった
マイホームが建てられますし
購入後の生活もそれ程大きな差は出にくいので
返済計画に誤差が生じにくいと思います。

セールスマンは「今が底」「今が買い時」
「今のような低金利はもうない」といいますが
この不況はまだまだ続くと思いますから
3年後でもあまり変わらないと思います。
我が家は10年前に購入しましたが
10年前もおんなじことを言っていました。
今は10年前より安いし低金利です。

周りの買い時!の言葉より我が家にとっての買い時を
重視したほうがよいと思いますよ。
マイホーム購入に焦りは禁物です。
周りに煽られる形で購入して返済が苦しくなっても
煽った人は助けてくれませんからね…
借金は少なければ少ないほど安定した生活が送れます。
言われるまま借りられるだけ借りようとせず
無理せず返していける額を計算し借りましょう。

投稿日時 - 2010-01-31 17:11:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

最近新居を建て今月引越し予定の者です。
質問者様の場合、まだ建て時ではないですね。
失礼ですが、現実問題 貯金額200万弱では少なすぎます。

うちの場合、、ですが
ハウスメーカーの見積2400万(家+土地)だったので
2400万丸々ローンで建てましたが
結局あれこれ追加があり(少なからず必ず出ます)、
銀行の保障料や税金、電化製品、家具、カーテンなどなど
結局2400万+プラス 現金支払300万円ほどかかりました。
貯金額全部使う訳にはいかないと思いますので
まずは500万くらい貯金して、ですね。

家は1回では満足いくものが建たないと言いますが
お金を貯めてる間に色々なハウスメーカーめぐり
をしたり、ローンや住宅の勉強したりあれこれ知識を
つけておくと良いです。HM巡り、楽しいですよ♪
うちはかなり色々みまくりまして、逆に見すぎました(笑)

家賃はもったいないですし、
貯金や親御さんの援助があるなら今すぐ!をおすすめしますが
悪いことは言いません、まずは貯金をおすすめします!

投稿日時 - 2010-02-01 14:46:36

ANo.8

> もう2.3年貯金するのがいいのか、
頭金を出来るだけ入れた方が審査等通りやすくなるので、多い方が有利ではあります。

> 私(27歳)と妻(23歳)
人間と住宅の寿命からすると、ここが少し・・・。
平均寿命からすると、築50年の家となった時年金生活で、立て替えや大規模改修の資金が微妙。
お金をかけて良い材料を使えば、100年持つというような家が出来ると言われていますが・・・。(もちろん点検維持費もそれなりにかかります)

> 月10万円ほど貯金しています。
現在の貯蓄と家賃と駐車代を合わせると、16万円。
> もう2.3年貯金するのがいいのか
前記のお金を全て返済と繰り上げ返済にしていくなら、頭金を増やすより、有利という計算も出来る。

問題は子供が出来た時に収入が減る事と、支出が増える事。
この辺を具体的に煮詰める事が出来なければ、答えは出ないと思います。
> 妻(23歳)
の年齢からすれば、貯蓄の計画性と金額は、購入してもやっていけるだけのものを感じさせますが、言うという単なる道具を購入するために生活が苦しくなったり、子供に不自由を感じさせるなら本末転倒となるので、妊娠と出産及び育児をどのように行っていくかが一番の焦点と思います。

投稿日時 - 2010-02-01 11:39:01

ANo.7

再度の書き込みです

ご質問文を読み直しましたが、今はご夫婦二人暮らしなのですね!
諸都合でずっとご夫婦だけであれば最初の回答通りですが、今後お子さんが出来る可能性があるのであれば今慌てることはないと思います

子供が出来るとあらゆる価値観が大きく変わり、当然住居に対する希望や条件なども大きく変わってきます

当面は貯蓄と情報収集に努めた方がよろしいかと思いますよ

投稿日時 - 2010-01-31 20:17:02

ANo.6

金利が安いというのは借金した時の返す金額の利子が少しだけお得ということです。借金には違いありません。

土地の価格、駐車場価格からして、地方に住まわれていると仮定しておそらく土地の値段はしばらくは下がることはあってもあまり上がらないでしょう。(地方都市の栄えている駅前とか別ですが)
建物の価格も同じくらいとすれば、結果は見えています。
今は貯金をすべきときです。
これから、家を建てることを目指して、資金計画を立てて、3年間で購入金額の3割くらいをめどに貯金しましょう。(たぶんできると思います)奥様の収入はお子さんをもし作られた時でも大丈夫でしょうか。公務員などで復職が容易であればいいのですが。
今の200万円は我が家の一大事のためにとっておきましょう。
がんばってください。

投稿日時 - 2010-01-31 18:29:19

ANo.5

3年ほど前に自宅を新築しましたが、
正直、「もう少し待てばよかった」と思ってしまっています。
いまさらどうにもならないので、深くは考えないようにしていますが。

景気を回復するためには、みんなにお金を使ってもらう必要があります。
なぜかという理由はご存知だと思いますが、
そのために一番効果的なのが
生涯で一番大きな買い物となる「住宅」を買ってもらうことです。

住宅の購入を促進する為に
国の事業として「助成金」を割り当てたり
「金利を下げたり」しています。

去年は、リーマンショックを発端とした景気の影響で
住宅業界はひどい売り上げでした。
過去にない少なさの着工件数でした。

新築する場合、
役所に必ず申請しなければならない法律があるため
住宅の着工件数は、
ほぼ100パーセント把握できるため
去年、どれくらい住宅が新築されたかの結果は明確になっています。

今年は、不景気の2番底が来ると言われています。
今年も去年並みの不景気になると読まれています。

3年前に新築した本人から言わせれば、
いま新築できる質問者さんは、
少なからずともわたしよりも新築の建て時です。

国も新築件数を増やす為に、
いろいろな方法を執ってきています。

この先の仕事が安定している目処があり、
ローンを返していける計画が立つのならば
現在は住宅の建て時です。
現在の不景気を逃すのは損です。

今年もまだ景気は回復しないと読めるので
もう少し国の出方を待ってみるのも手ですが、
なかなかタイミングを読むのが難しいところがあります。

景気が回復しない最大の理由は、
国民に、未来に対しての不安があるからです。
この先、どうなるかわからない状態だと
人間の心理は守りに入ります。
先行きの不透明さ。
この、課題ががクリアになれば日本の景気は回復に向かっていくでしょう。

たとえば、自分の働いている会社がどうなるかわからない、
もしくは、自分の仕事がどうなるかわからないという状況で
お金をたくさん使う気になるでしょうか?
景気が回復しない最大の理由はここにあります。

質問者さんのこれからの収入に問題が無いようであれば、
いまは絶対に建て時ですよ。

専門家の意見です。

投稿日時 - 2010-01-31 17:38:50

ANo.3

住んでいる地域にもよると思います。

駐車場代が1台5000円ということは、
あまり栄えていない地方都市ですよね?

これから日本の人口はどんどん減っていきます。
特に、あまり栄えていない地方都市の場合、
跡継ぎは都会に出て、老人は死に、
土地や中古住宅が余ります。
今後、土地の値段が上がる要因はあまり多くありません。

奥さんが妊娠・出産すればその分の収入も無くなりますから、
あせって今買う必要は無いと思いますよ。

投稿日時 - 2010-01-31 17:05:33

ANo.2

融資の審査が通るのであれば今買ってもいいと思いますよ

どの道今のままだと家賃は発生するので、さっさと買ってしまった方がお得だと思います
毎月の返済額も今の家賃+駐車場代と大差ないでしょう

諸費用も極力ローンい組み入れて、貯蓄は温存しておいた方がベターかなと思います

ローンの方は、余力があれば繰上げ返済していけば総支払額はどんどん下がります
繰り上げ返済は最低1円から手数料無料で毎日でもOKな金融機関もあります

投稿日時 - 2010-01-31 16:56:26

基本的には2人の年収を合わせて600万円を超えるのに、
貯金が諸費用程度しかないということは、ないに等しいといえます。
結婚してから何年で貯めたかにもよりますが、
頭金ゼロで35年ローンというのは、発想からして自殺に等しいと感じます。

過去20年くらいの間に、不動産価格の下落、減税、金利の優遇などで、
大勢の人が不動産購入に踏み切ったにもかかわらず、
ローンを返せず自己破産したり、自宅を手放す羽目に
なっているのをみているだけに、ああまたか。。という安直感がぬぐえません。

家を買うのは、子供の数が決まって、一番上の子が小学校に入るくらい
で十分です。
たかだか2200万円くらいなら、5年10年の間にしっかり貯めれば、
キャッシュで買えるくらいです。
質問者さんも27歳なら500万円くらいは貯金があってもおかしくないわけです。

まずは生活の見直し。貯金額をローンを組んだ気になって貯める。
あとは家族のライフスタイルに合った場所と物件を
一番いい時期に買われてはいかがでしょう。

家賃とローン金額が変わらないから。というのが、
不動産購入のきっかけにする人が多いですが、
病気、けが、リストラ、会社の倒産、身内の不幸など、
ローンを返せなくなる事情が35年の間にないと考えるほうが
おかしいわけで、家賃はいくらでも安い所に転居できるのに、
ローンはいったん組んでしまうとなかなか逃げられないという
リスクがあることを忘れてはいけないと思います。

投稿日時 - 2010-01-31 16:48:40

あなたにオススメの質問