みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スポーツ・武道・格闘技・遊技の関係をどう考えますか?

まず、ここではスポーツ・武道・格闘技・遊技を、
以下のように定義します。

スポーツ…現代の日本において、
「趣味はスポーツで、最近は○○をやっています」と言って、
特に相手に違和感を感じさせないもの(例 野球、サッカー、ゴルフ等)

武道…体を動かし、名前に「○道」と入るもの。
これは「道」と付くだけで、そこに価値が有りそうに見えるから。
(例 柔道、剣道、杖道)

格闘技…体を動かし、相手と相互に肉体的ダメージを与え、
その蓄積により相手を屈服させることを目的とするもの
(例 ボクシング、k-1)

遊技…一般的には上記のどれにも属さないが、
どれかに属すと言う者もいるもの(例 釣り、TVゲーム、チェス等)
ただし、厳密には知的な遊技とそれ以外と分ける。

これら4つのカテゴリーは現在の日本において、一般的にはどういった関係にあるのでしょうか。

「釣り」は「釣りはスポーツだ」と言い、
武道は「自分はスポーツではない」と言う。
格闘技も「自分はスポーツではない」と言う。
チェスは自分を「ブレインスポーツ」と言い、
カーリングは「氷上のチェス」と言う。


皆様のご意見を教えてください。
「遊技は卑しいもの」でも、「格闘技なんて馬鹿のやること」でも、
何でも良いです。
ただ、ある程度は論理的な振りをしてください。
「貴賤なしです」とか「頑張ってやれば、みんな~です」といった、
一般的な話やキレイゴトの下らない話は要らないです。
上記の4つのカテゴリーを通して、現代日本の文化を見つめた時、
どのような見方が出来るか、面白い意見を聞くのが今回の目的です。
ですので、言葉の「定義」はここに書いてある通りですが、
面白い定義をした上で、ご意見を書いて頂くのは歓迎いたします。
(今回の私の定義には大きな欠陥があります)


以下はだらだらと私見を書いただけなので、暇ならどうぞ。
つっこみは大歓迎です。


<私見> (括弧内は一例)
1対1の関係において、自他のどちらの立場を述べようが、
一方がもう一方を同じ立場と見なすのを「自者的」、
一方がもう一方と同じ立場とは見なさいのを「他者的」とすると、

・スポーツと武道の関係では、
 相互に他者的である。
 (野球は自分を武道と言わないし、剣道は自分をスポーツと言わない)
・スポーツと格闘技の関係では、
 スポーツは自者的、格闘技は他者的である。
 (テニスは「血を流さない格闘技」というが、k-1は「スポーツ」と言わない)
・スポーツと遊技の関係では、
 スポーツは他者的であるが、遊技は自者的である。
 (スポーツは「遊技である」と認めないが、釣りは「スポーツだ」と言う)
・武道と格闘技の関係では、
 相互に他者的である。
 (武道は格闘技を「野蛮」と言い、格闘技は武道を「柔い」という)
・武道と遊技
 相互に他者的である。
・格闘技と遊技の関係では、
 格闘技は他者的であり、遊技は自者的である。

という見方をすると、
(1)武道と格闘技は常に自分は他と違うと思っている。
(2)スポーツは自分を「格闘技」と呼ぶ事は認めるが、
 「遊技」とは違うと思っている。
(3)遊技は「スポーツ」や「格闘技」と呼ぶ事を認める。
(「武道」は、定義で「道」が付く事を特別視しているため、
 良くも悪くも全てから他者的に扱われる)

かつ、「~と呼ばれる事を認める」場合は、「~と呼ぶ事に+の意味がある」と考えると、何か「プラスのイメージ」が強い順は、
格闘技>スポーツ>遊技である。(武道は特別扱い故に無視)

なので、日常でもプラスが低いカテゴリーは高いカテゴリーに言い換える。
・おはじき (遊技)→(スポーツ)
 「相手の心理を読み1打に集中するスポーツ」
・アイスホッケー (スポーツ)→(格闘技)
 「氷上の格闘技」(「氷上のおはじき」とは言わない)

ただし、遊技でも「知的」であれば「プラスのイメージ」になる。
・アメフト
 「戦略性はチェスのごとし」

以上より、一般的に「知的ではない遊技(釣り等)」は最もプラスイメージが無く、これらはPLAYするものの中で最もモテない趣味と言える。

以上

投稿日時 - 2010-01-28 00:55:13

QNo.5628946

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

まず思うことは「スポーツ」と「遊技」は絶対的に「ルール」が必要です。
無いとみんなが自分勝手に動いて、試合になりません。

「武道」「格闘技」の場合、突き詰めていくと「ルール」は要りません。
試合を盛り上げる、お互いの体を守るために必要なだけです。

「武道」と「格闘技」の違いをいえば私は「何を重視するか」だと考えます。

「武道」の場合、技術の積み上げで勝負を決める傾向があります。

「格闘技」の場合、肉体がどれだけ力を出せるかを競います。

だから「武道」からみれば「格闘技は野蛮だ」になります。
(武道から見れば)単純な技術しか無いですから

「格闘技」から見れば「武道は軟弱だ」になるのでしょう。
太い筋肉が無いのになに言ってるんだ?見たいな感じです。

それと「武道」では精神性が良く話題になりますが
「格闘技」では「強ければ良い」みたいな感じですかね。

投稿日時 - 2010-01-28 01:31:12

あなたにオススメの質問