みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

外車はお金持ちのための車ですか?

現在22の女です。
仕事は飲食店の社員で年収も200万くらいのぺーぺーです。
3年前に買った中古車の調子が悪くなり来年には買い替えをと考えています。

色んな車を最近見ていますが、やっぱり外車がいいかなと結論がでました。
ミニ、フォルクスワーゲン、プジョーあたりで考えていましたが、友人から車体を買えても維持費とかすごいよと言われました。
確かに税金、車検、修理費など国産車よりは高くつくことは知っていましたが、具体的な金額は聞いたことがありません。

そこでタイトルの質問なのですが、外車はやはりお金に余裕のある方が乗る車なのでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-08 22:34:16

QNo.5578318

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

輸入車もスマートのようなリッターコンパクトから1000馬力の超絶マシンまで各種様々です。

その辺の普通の大衆車クラスでしたら
個人的にはご実家住まいでしたら輸入車、オススメしちゃいますけどね。
新車限定ですが。

ミニ、約3年9万km乗りましてさすがにこの距離乗りますと、
もろもろ故障も有りましたが全て保証修理で今の所修理費「ゼロ」、です。
これがまだあと2年続きます。
12ヶ月点検時に入念に見てもらえますので、出先で動けなくなった事は一度もありません。

万一のトラブル時は勿論MINIの代車が出ますし、日本BMWのパーツ物流は信じられない程優秀です。
在庫アリのパーツなら日本全国24時間以内に補修パーツが届きます。
いつもディーラーの対応が余りに早いので周りの昔の輸入車乗りからは驚愕されるレベルです。

走行距離無制限の保証が5年も付くわけで、5年立ったら乗る頻度を抑えるか、
乗り換えてしまえばOK。
これでしたら単純に、新車時の購入金額=その後5年間かかる金額の全て、です。
(もちろんオイルなど消耗品のメンテや燃料費は別ですが)
新車価格が高い分、下取りも国産より高いですから乗り換えの選択肢も増えます。


...というか輸入車乗った事も無い人が、ロクに新車保証も適用されない並行輸入車が
蔓延していたバブル期の受け売りを大げさに言いますが
(ホント田舎のおっちゃん達には辟易します。何度「壊れてんのはアンタの頭だろう」と言ってやろうと思った事か)
たかが大衆車でそんな極端な差は出ません。

多くのパーツが日本製だったり、逆に日本車でも国外産のパーツが使われていたり、
今時最終組み立て国や、メーカーの国籍だけで信頼性を論じるなんてナンセンスも良い所です。
日産がルノー傘下になったとたんフランス車並に壊れるなんて聞いた事も無いですよね。


そして何より、国内だと自動車メディアが大きく取り上げないだけで国産メーカーだって酷いモデルは本当に酷いです...
その辺も、「国産神話」がここまで認知度を得た理由の一つかと思いますが、
もし「乗りたいと思える一台」に出会えたなら、それはこのご時世本当に幸せな事だと思います。
(出会えない人は「とりあえず安いから」で自動的に軽を選ぶ世の中ですから...)
その気持ち、大事にして上げて下さい。

#逆に、もし見栄だけで買おうとしてるなら、僕も止めた方が良いと思います。

投稿日時 - 2010-07-19 11:56:30

ANo.13

 chubou3さんの回答“年収200万で乗るのは辞めた方が良いかと
思います。” に同感です。 
 
 私も外車に乗っておりますが、年に数件は故障は発生します。
そういうものだと思ったほうがいいです。
 極端に高い修理費(or交換費)ではありませんが、年間の修理/交換
費用はcarp_3_8の年収の20~30%程にはなるかと。
 
 細かな維持費用などは諸兄が詳細に回答しておりますので割愛
しますが、carp_3_8さんは自身の年収の1/4程を車の維持費にあてら
れるだけの、回答者angirasさんのような情熱情熱がありますか?

 外車と気持ちよく乗っていくには、トラブルを逆に楽しむ余裕と、
やはり・・・、それなりのお金の余裕は必要だと思います。 

投稿日時 - 2010-02-09 20:48:47

ANo.12

>維持費とかすごい

VWの例ですが、自分でぶつけたりして壊さない限り、大抵の故障は保証で修理されます。
http://www.volkswagen.co.jp/purchase_support/support/wolfi/index.html
オプションで5年まで延長できますが、それ以降、故障する確率はおそらく国産より高いでしょう。

>税金、車検、修理費など国産車よりは高くつく

税金は国産と同じ。車検はVWの営業から国産の2割増しくらいに考えたほうがよいという説明を聞きました。

燃費については、実例を参考にしましょう。国産車は10・15モード燃費よりかなり落ちる例が少なくありません。

フィットの燃費
http://minkara.carview.co.jp/usercar/fuel.aspx?mo=3451

ゴルフの燃費(ハイオクが多い・年式によって差が激しい。最新型はかなり良好です)
http://minkara.carview.co.jp/usercar/fuel.aspx?mo=468

>外車はやはりお金に余裕のある方が乗る車

外車に限りませんが、新車を現金一括で買える余裕(貯金)のある方なら維持もしていけるでしょう。ローンを使わないと買えないのでしたら、国産のほどほどの車種にしておいたほうがいいと思います。
ここで質問するよりも、まずディーラーに行って、試乗して、経験の長そうな営業によく話を聞きましょう。

投稿日時 - 2010-01-18 23:11:07

ANo.11

家とか車は買いたいと思ったときが買い時です。

今回、外車をあきらめると・・購入した車を早々、と手放すことになるやも知れません。よく考えましょう。

昔は、車は高額でしたから、カップラーメンすすりながらガソリン代を捻出したものです。携帯、PC、もろもろを削ってでも欲しい・・・のなら買うべき。そうでなかったら、今回は諦めますか?

私はゴルフIIIを12年乗り続けています。カミサンが左側面をベコベコにしてくれましたが、適当に修理して乗っています。まだ手放したくないですね。愛着があります。

投稿日時 - 2010-01-13 16:56:13

ANo.10

年収200万で乗るのは辞めた方が良いかと思います。
ミニ、フォルクスワーゲン、プジョーも本国では最下位グレードを売ってますが、日本では有る程度のいいグレードしか売ってません。
しかも日本の交通事情にどうしても合わない。
決定的なのはミッションです。
現在外車のコンパクトクラスでCVTは有りません。
VWはカタログがweb上に有りますが、燃費の欄を見てください。
どうなっているでしょう?
フィットが24LM/Lですね。
また、現在の日本車の電装品は世界一です。
外車でも日本のメーカーの電装品が使われているのですが、実は高級車のみです。
詳しくは書けませんが日本車は信頼性を積み上げる為にえげつないことを行います。外国の電装メーカーはこの「えげつないこと」についていけません。実は外国製の電装品の方が安かったりする場合が多いのですが。
それから考えると買うのであれば日本車がベストだと思います。
収入が有り、それなりの趣味としての車を買うのであれば、味の有る外車も良いですが。

投稿日時 - 2010-01-13 12:51:21

ANo.9

回答のほとんどが外車は金がかかるとか、国産車より壊れやすいなどと言っていますが、今お乗りの国産車だって調子が悪いのでしょう?外車と一口に言っても色々で、挙げられていた車種なら国産とほとんど変わりませんし、安っぽい作りの国産車にない乗り味やがっちりとした作りが味わえます。税金は国産の同クラスと同じですが、車検は車検整備代がディーラーだと国産ディーラーより割高な設定です。未だに昔からのお金持ち相手の発想が抜けないためで、賢いオーナーは3年もしくは5年の新車保証内で買い換えるか、それを超過した場合は、ディーラー以外の整備工場で安く整備させていますよ。
ということでまったく無知の方には新車をお勧めしますし、中古車の場合でもある程度の知識が必要ですが、目の球が飛び出るほどは高くないので、家電品のような無機質な国産車にはない、輸入車の良さを味わってほしいと思います。

投稿日時 - 2010-01-12 10:53:55

ANo.8

昔は確かに金持ちが乗る車だったですね。
高いし、売ってるところも少ないし。
自己顕示するにはちょうど良かったんじゃないですか?
でも今はどの外車メーカーも、富裕層のみをターゲットにしてたら経営が成り立たないので、一般ユーザー向けの車が色々ラインナップされてます。売ってる場所も増えたし。メルセデスですら、今はコストダウンを意識して車造ってますから、昔に比べれば買いやすくなってます。

でも、維持費はやっぱり高いし、日本車より壊れますね。
例えば、BMWミニの場合、お決まりのパワステ故障は10万くらい、パワーウィンドウが両方壊れたら、5~10万とかすぐ掛かっちゃいますね。
BMW3シリーズE46,E90のパワステなんかは、新車の時からオイル漏れしてる車があるってくらい、質が悪い。ディーラーに聞いたら、「造りが悪いんです。オイル漏れたらパワステポンプ、ホース全部新品に取っ替えます。」ってあっさり言われました。

だから、外車に乗る人に多いのが、新車で買って保証期間中は保証で修理、保証が切れたら、買い替えるって人が多いです。そうして、市場には保証の切れた、3年~5年落ちくらいの安い中古車が出回り始めます。
そういう車を何も知らない人が、国産より安いって理由で中古で購入すると「維持費が高い!」ってなっちゃうんですよね・・・。
なので、中古で買う場合は、車の整備履歴がしっかりしているものが基本です。運が良ければ、ほとんど修理済み、対策パーツ交換済みの極上車両に巡り会う事もあります。そういう車両は新車よりかえって調子良かったりします。

でも外車って乗ってみると、国産の比じゃない。
走りはどれも個性的で数倍面白いですよ。
ただ、見栄だけで外車選ぶんだったら、必ず後悔します。

投稿日時 - 2010-01-09 17:04:39

ミニ乗ってます。
外車の維持費が高いか・・・ですが、
○税金・保険料は変わりません。(もちろんフェラーリみたいなスーパーカーを買えば全然違いますが)フォルクスワーゲンのTSIエンジンだと、車体のわりに排気量が小さいですから、その分自動車税は安く付きますね。
○ガソリン代は、ほとんどの輸入車がハイオク指定なので、その分高いですね。燃費はモデルによります。ミニの場合で言うと、国産同排気量の車と変わらないと思ってます。(現在燃費計でみてリッター13.5Km)上と同じく、フォルクスワーゲンのTSIエンジンの実燃費がどうなのかは興味あります。
○整備や修理にかかるお金は、ディーラー次第です。ヤナセは高いそうですね!(昔は輸入車といえばヤナセだったので、そのイメージで「バカ高い!!!」と思い込んでる人がけっこういます)
ですが、MINIディーラーの工賃は国産と変わらない~2割増し程度で、そうバカ高いということはありません。個人的には、引っ越して最寄ディーラー「2割増し」のところになってしまったのが痛いところです。国産と違ってディーラー数が少ないですから、あまり選択の余地がないということはデメリットです。

部品代は国産より「同じかちょっと高い」というくらいですね。「ちょっと高い」は需要の問題で、出回ってる台数が少ない分が割高になることはありえます。とはいえ、日常的に交換するような部品でしたら変わりません。

あとはまあ、オートバックスなどの量販店で売ってるものについて、輸入車ゆえに適合品がない(MINIのリアワイパーゴムはありませんでした)とか、量販店でのカンタン車検は受け付けてくれない(対応工具を用意してない!?)とか、安売り品で安くつけることは難しいことがあるくらいです。

心配いらないですよ。

投稿日時 - 2010-01-09 16:25:56

ANo.6

まず、#2さん。いつもながらの軽いノリ?でお答えのご様子。そして何より、車の本質や楽しさ等に実に的を得た内容で(メカにもお詳しいご様子)私なども毎回とても参考にさせてもらっています!

さて、ご質問の「外車はお金持ちのための車ですか?」について・・・

確かに我が国でも過去、昭和の高度成長期位までは一部の特権階級(会社社長、医者、弁護士、等々)が高級外車と云われる車によく乗っていましたね。スリーポインテッド・スターが誇らしげにボンネット前方に付いた例のドイツの大型4ドア・セダンや、当時はアメリカ車も人気がありましたっけ・・・?
彼らは地位と名誉を手中に収めた証として車にもそれなりのステータスを求めた訳で(勿論、本当に車好きな人もいたでしょうが)、例えば家や調度品(家具、ピアノ、オーディオセット)なども高級品が揃えてあり、生活の質全般が高いという一つの証だと思われます。
また、成り金?ではない、本当のお金持ちというのは表面的には決して派手さは無くても見る人が見ればその良さが分かる本当に良いものを身に着けていたり、所有していたりするものです。

車に関して言えば、今でこそ国産車も世界的なレベルに到達し性能的にも欧州車と遜色ありませんが、当時はまだまだで名だたる欧州の名門メーカーには足元にも及ばなかったわけです。
そして、ベンツやBMWといった今でこそ高級プレミアム車といわれるメーカーなどは戦時中は戦闘機のエンジンを設計・製造していましたからその基本性能の高さや、ボディ剛性に加えて内装の質感等は、シートに座りハンドルを握った人でないと味わえない、それこそ「地位と名誉の証」だったのですね。あまり好きな言葉ではないのですが他との「差別化」「エリート意識」が確かに根底にはあると思います。
そういう意味でも戦後、欧米に必死に追いつこうと躍起になった国産車がどうしてもマネの出来ない「車つくりの歴史と伝統とノウハウ」を持った高級外車といわれるプレミアムな高級車を彼らは身の回りの他の製品同様、求めたのでしょうね。
以上の観点から言えば「外車はお金持ちのための車ですか?」はイエスです。
で、時代は移り変り、確かに相変わらず世界中にお金持ちは存在し、超のつく高級車もヨーロッパではイギリス、イタリア、ドイツをはじめ数々存在し、その需要と供給もなされています。

そこで、ご質問者さんがこの度購入を検討されておられる車は外車でも大衆車ですから、全然構える必要はないでしょうね。(というか、メルセデスのCクラスやBMWの3シリーズでも今や巷に溢れていますので珍しくはありませんよね?また、これらのクラスといえども少々頭金を奮発し、残りも頑張ってローンを組めば買えない事もないですし・・・)
また、2000CC位までなら燃費も悪くないし、税金や車検も国産の同等クラスとほぼ同じ。

ただ、メンテナンスに関しては購入後に部品交換が多少は出てくると思われます(得てして電装系が弱いのは欧州車の宿命?でも、最近の車はそれほど頻繁にはありませんしね)。そして数千円~数万円以内の場合が殆どです。つまり交換部品もOEM供給で安く供給できますし、わざわざ正規ディーラーまで行かなくても最寄のカーショップやスタンドでも取り寄せと交換は出来ますから。

という訳で、ありきたりの国産車に少々飽きてきて、人とはちょっと違ったオシャレ感覚で気分一新!気軽な気持ちで乗り換えるも良し。等でもいいのでは?そしてそれが今迄、やたら敷居が高くて何だかとっても構えていたのが、思いの外「なーんだ。乗ってみて始めて分かった。全然大丈夫!」という普段着感覚の自信に変るんです。

かく言う私も約10年前に国産車から憧れの?BMW(3シリーズ)に乗り換えました。(一応、新車で購入しました)日常的に足として乗るぶんには国産車と全く変りません。つまりあくまで移動の「道具」としてです。でも週末のドライブや高速走行などでは気分も変ります。そこには確かにハンドルを握るものだけが味わえる独特の爽快感・走る歓びといったものがありますね。私の車はいわば大衆車に少しだけ毛がはえた?ようなものですが、お訊ねの車種もなかなか走りの良いものばかりなので是非、オーナーになられ所有する喜びと走る歓びを体感されては?と思います。

尚、新車購入もですが程度のいいディーラー認定中古車という手もありますので、一度、最寄の店に行かれてご相談されることをお奨めします。

投稿日時 - 2010-01-09 10:17:56

ANo.5

こんにちは、

『外車が高い!』というのは、すでに神話や迷信です、
本当に税金も部品も高かった1980年代から、外車に乗って来ましたが、
今は、部品も国産に比べて、特別に高いと言う事はないはずです、

しかし、車体もパーツも、ヨーロッパで作って、輸送費などを考えると
値引率やコストに反映してくるのは当然ですし、

ドイツ車(VW)などの価格は調べてみればわかりますが、
現地でも、日本と同じ値段かこちらが安い時もあるくらいです。

本当は、外車が高いのではなく、国産が(世界に比べて)安過ぎるのですが、
車の値段に関して世界一幸せな国民は、気がつかないだけです。

NO.1の回答にあるように、税金も保険も、まったく変わりません、

パーツの値段は、様々です、国産より高いパーツもあれば安いものもあります
昔、経験した、ある修理では、ヘッドライトのリレー・スイッチが壊れて、
VWゴルフのパーツ代金が6千円もしたと友人に愚痴ったら、偶然、友人の
国産車(カローラ)も同じようにリレーの故障と言われて修理を依頼したら
ダッシュボードのパネルごと交換になり部品代金が1万5千円と
言われたそうだす。これに工賃がつくのですから…

これは一例ですが、必ずしも外車のパーツが総て高いわけではありません…
但しメルセデスなど高級外車は例外です、パーツまで総て自社製ですので、
価格が高い上に、ほとんど値引きがないです。これが本当のお金持ちの車です(笑)

外車のパーツも大衆車なら、純正、リピルド品(再生品)などがあります。
一度、クーラーユニットが壊れたとき、純正は7万円、
リピルド品が3.5万円と言われました、これらの部品や今や日本製なので
故障も少なく、値段も国産とまったく変わりません。
 ※私は、通りかかった友人のメカニックから、彼の持っていたクーラユニットを
  ビール1ケースで譲ってもらいましたけど…持つべきものは友です(笑)

私も、貧乏人ですが。
国産を所有したことが無いので、比べると。違いは、

・車に趣味のない人は、楽したい人は乗らない方が良い。
・ヨーロッパ車のパーツ(特に足回りなど)は消耗品と考えているので、
 車検毎にくらいには、交換しないと行けない。
・国産に比べて、市街地での燃費が悪い…走ればサイコーですが
・皆に金持ちと思われる(やっかまれる)
・買い方と飼い(慣らし)方にコツがある
  VWだと、モデルチェンジ直後の年式は、故障が多いので、必ず
  モデルチェンジ直前の年式のモデルを選ぼう(←重要)
・修理工場や販売店との関係を良好に保つ…
  故障のし易い箇所や安いパーツ情報などももらえる

要は好きな、車があって、買えるなら買ってみて、
 あぁこういうモノかと知ってみたら良いと思いますよ…若いのですから
 個体差も縁もあります、車は持ってみないとわからないことが沢山ありますから
 命を取られる訳ではないのですし、自分に合わないと思ったら手放せば良いのです。
 国産でも同じことですから、どうせなら好きな車を所有してみると良いと思いますよ。

投稿日時 - 2010-01-09 09:52:55

日本車の当たり外れの割合は少ないんです。
どれを買っても大きなはずれというのはありません。

外車の場合は当たりとはずれの差が大きいと思います。
運悪く、悪いのに当たれば壊れやすいと思いますけどね。
ただし、昔程じゃないですし。最近のはまともだと思います。

>ミニ、フォルクスワーゲン、プジョーあたりで
この辺は大衆車ですし。
国産車と変わりません。

ただし、ぶつけたりして壊した場合は、国産車よりちょっと高いですよ。
日本で作っているわけじゃないから。
外国で作った部品を、日本に運ぶわけですから、その分の輸送費がかかりますので。

投稿日時 - 2010-01-09 09:06:19

ANo.3

故障や修理に手間や金がかかってもいい人向きですね。
車好きで有名な所ジョージさんは「アメ車は故障した時に周りの人にちょっと押してくれますかと言えるような人じゃないと乗ってはいけない」と言っていました。
ミニ、フォルクスワーゲン、プジョーなどは高級車ではありませんが、ベンツやBMWなんかでも日本車よりは故障・トラブルは多いですし、部品の寿命も短いです。
休日に遊びで乗る目的で見た目や見栄重視なら外車もいいでしょう。

投稿日時 - 2010-01-09 05:39:20

ANo.2

金持ちのためのクルマなんかじゃねえっすよ。実際BMW3シリーズなんか2世代前の中古車だと1万円で売ってたりするっすから、ね。こりゃどう考えても金持ちのためのクルマじゃないでしょ。税金目線で言えば1500ccのクルマはどこで作られようが1500ccのクルマだし1.2tのクルマは誰が作ろうが1.2tだし。


ハッキリ言って金持ってるか云々目線で見るべきじゃねえっすよ。そういうのって確実に失敗するっすよ。特にリアルにお金持ちの場合は。


実際検討なさっている欧州車はどれも本国では大衆車に入るっすけど、技術的には意外と昔からある古いものを何気に使っていてビックリさせられるんっすよ。喩えメルセデスの最上級車種でも。

ザックリ言うと今の日本車だと洗わないように工夫された最新技術を積み込んだおかげで洗う事すら忘れているような部品でも欧州車だとまだ洗わないといけない、とか。欧州車って意外と古くから使われているパーツを使い続けているんっすよ。
っつーのも何でもかんでも新しければイイっつーアメリカや日本の考え方と違ってヨーロッパ(やロシア)では
「頑丈で性能がイイっつー実績があるのに海のモノとも山のモノともつかないモノに替えるのって、意味があるのかな?」
的に考えるんっすよ。フェラーリなんか90年代に入るまで電子制御インジェクション(EFI)嫌ってキャブだったっすから、すんげえ頑固っすよ。

だから一昔前の世代の感覚も知っておかないとやれ壊れただのやれ故障だだのと言って大騒ぎした揚句整備工場に通うようになっちゃう。ただ外して洗って戻せばいいだけだったりするんっすけど、ね。


っつー事で欧州車はメカニカル目線で「クルマが好き」っつー人のためのクルマっすよ。いやマジで。


実際俺も安っすいオペルを買ったっすけど、20年前のトヨタ・スターレット以来見なかったようなスロットル(ザックリ言って、部品っす)とかが懐かしい感じだし、すんげえメンテナンスしやすいようにレイアウトされてて自分でメンテするのが楽しいクルマっすよ。
自分でやれば部品代だけで済むし、その部品代もOEMっつって純正部品を作ってるメーカーが純正じゃないルートで販売している部品とか海外直輸入品とか中古部品とかいろんな手段があってそのルートを開拓するのも楽しいし、で国産車より安く上がるんっすよ。YANASEに行くのも100パーツ部門だけで、こないだフロントマネージャーに
「1回でイイから、うちの整備士にも見せてみません?」
って言われちゃったっす。


でも欧州車はタダ古臭い、と思われたら大きな間違いなので追加しとくっすけど、マルチインフォメーションディスプレイっつってクルマに搭載したコンピューター自己診断システムで解析した不具合個所を表示してくれるっつー装備が2000年から欧州車の統一規格で確立して以来欧州車のクオリティは驚くほど向上したんっすよ。壊れるでおなじみのアルファロメオが壊れなくなっちゃったから、ね。

自己診断システムのためのセンサーが壊れてたけど2000年の規格統一で壊れなくなっただけ、元々日本車ほど壊れない頑丈なクルマだったっつー説もあるっすけど、ね。



っつー事でお金持ちは本来自分でやるべき事も金の力で人に任せる事ができるけど、ガイシャはお金持ちのためのクルマじゃねえっす。メカニカル的な目線でクルマが好きっつー人のためのクルマっすわ。

女性でもプジョーとかのボンネット開けて油まみれで頑張ってる姿はステキな感じっすけど、そういうの自分でやるのって引いちゃうっつー女性だとしたら。。。俺みたいないじりたガリーな男をひとり彼氏にするのが一番かもしれねえっすね。俺なんか
「なんか、調子悪いの。。。」
的に言われたらとりあえず何とかしようと動いちゃうから、ね。


お付き合いの幅が広がるっつー意味では、あると思います(天津)。

投稿日時 - 2010-01-09 03:31:58

ANo.1

こんばんは★

税金に関しては…
自動車税(排気量から算定)
重量税(重量から算定)
自賠責保険(自動車・軽自動車等の区分)
それぞれ、日本車と同額扱いです。税金が高いというわけではありません。
※総じて、排気量が多い為、自動車税が高くなるのかと…。

ですが、維持費が馬鹿みたいにかかります。

交換する部品によっては、日本車であれば15万程であったなら、外車は30万程となるなどザラです。
日本車と違い、部品の取り寄せ代・ヤナセ等、間に入る業者のマージン代・等も乗っかる為ではないでしょうか?

又、日本車と違い、外車は特殊な構造の為、工賃が跳ね上がる事が多いです。普通に、こちらも倍近くはかかります。

部品の交換もなく、事故を起すことなく、過ごすことが出来た場合、維持費はさほど変わりません。
ですが、事故を起したり、車検時に交換が必要な部品があった場合、倍相当の費用がかかります。

正直、日本車ですら金食い虫ですが、外車となると大金食い虫となります。

投稿日時 - 2010-01-08 22:50:58

あなたにオススメの質問