みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語の「長母音」「短母音」とはそもそも何でしょう?

日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、

言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。)

Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。

短 --- /I, e, 逆さv, U/
中 --- /i:, u:/
長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/

ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いはずの/i:/に、長音記号:をつけ、より長いはずの/ae/に、:をつけません。事実、辞書の発音の説明の欄にも、「aeは長めに発音される」とわざわざ書いてあるにも関わらずです。

cot、caughtも、発音を区別する地域なら、前者は/a/、後者は/逆c:/、音声的に同じ長さのはずの後者にだけ:があります。(辞書によっては前者も:がある。)


つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?


そこでもっと音韻的に考えると、Durand (2005)が、各母音のモーラ数の話をしています。

I, e, ae, U, 逆さv,(方言によってはaも)は1モーラ母音、他は2モーラ。その理由は、「1モーラ母音はコーダを必要とし、語末に来れない。2モーラ母音は、語末に来れる。」

例えば“pit”, “put”, “putt”等は全てコーダがあり、[*pI] [*pU] [*p逆v]というような発音は英語として有り得ない。


つまり、日本の英和辞典の:の有無の基準は、音声的な長さでは決してなく、もっと抽象的な概念で、

★「1モーラ母音を短母音、2モーラ母音を長母音」
という基準で:の有無を決めているのでしょうか?


又、英和辞典とは別に、もっと一般的に「長母音」「短母音」と言う場合は、

★ 英語本来の音声とも音韻とも全く関係なく、「カタカナ英語で伸ばす音を長母音、のばさない音を短母音」

という使い方も便宜上しませんか?

beatやcaughtは、カタカナ発音で「ビート」「コート」と伸ばすから長母音。
batやcotは、カタカナ発音で「バット」「コット」と伸ばさないから短母音。

実際の音声では、beatの方がbatやcotより短くても前者は長、後者は短、
方言によっては(おそらくほとんどの方言では)caughtもcotも両方2モーラ母音だけど、前者は長、後者は短、

という具合に。

人によっては、借用語やカタカナ発音の干渉が強すぎて、カタカナで伸ばす音を実際の英語でも長い、カタカナで伸ばさない音を実際の英語でも短い、と勘違いしてしまっている人も多いでしょう。
これは英語教育の大きな課題でしょうね。


又、ネイティブが子供の頃に習う場合、音声的な長さと関係なく、
ei, i:, ai, ou, ju: のようなアルファベット読みの母音をLong Vowels
ae, e, I, a, v のようなアルファベット読みじゃない方をShort Vowels
と呼びますが、日本人が言う長母音、短母音は、通常これとは関係ないようですね。

投稿日時 - 2010-01-06 02:56:31

QNo.5571112

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ご質問は、
>>>つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?

ということでよろしいのでしょうか?

1.
ひとまず[:]が付いているものは長母音、と分類するのが素直だと思います。

2.
[α]と[α:]、[逆c]と[逆c:]は、長さは違えど同じ音ですが、
[i]と[i:]、[u]と[u:]は、長さ云々以前に全く違う音ですよね。
日本語の「イ」に近いのは[i:]、「ウ」に近いのは[u:]です。
ですから、この二者の場合は、長さというよりは発音の違いに主眼を置いて[:]をつけているという解釈でよいのではないでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2010-01-06 03:15:08

補足

>[α]と[α:]、[逆c]と[逆c:]は、長さは違えど同じ音ですが

米英語では、
[α]と[α:]は、例えばgodのoと、fatherのaですよね?
この2つを区別してる方言を聞いたことがないのと、実際アメリカ人、カナダ人の音声学者・音韻学者に聞いても、どこの方言で区別してるか定かでないとのことだったので、長さだけの違いかどうかはちょっと知りません。

ただ、一般の人達から聞いた話としては、音の質が違いませんか?[α:]の方はより中舌よりとか?

[逆c]と[逆c:]というのは何でしょう?

音韻上、米英語でこの区別はないのでは??

例えばmoreのoは前者、caughtのauは後者で書かれたりしますが、この二つは全く別の音です。おそらく英語なんて全く知らない人でも違いが聞き取れるくらい違うでしょう。
前者は、色々意見はありますが、無難な考えは/ou/の異音でしょう。(/ou/が/r/の前で舌の位置がやや下がり、二重母音が単母音化する)。ここを誤解してる日本人が多い気がします。

投稿日時 - 2010-04-01 03:28:33

お礼

回答ありがとうございます。

>>>つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?
ということでよろしいのでしょうか?

「何を基準にして、長母音か短母音かを決めてるのか?」ということですね。
音声的な長さではないなら、一体何なのか?ということです。


> 日本語の「イ」に近いのは[i:]、「ウ」に近いのは[u:]です。
ですから、この二者の場合は、長さというよりは発音の違いに主眼を置いて[:]をつけているという解釈でよいのではないでしょうか。

私もそうも考えました。

ここで気になるのは、発音の違いに主眼を置くなら、アメリカでよく使う発音記号のように、例えばheatを/hit/、hitを/hIt/というように、違う記号を使えばすむことではないか、ということです。

日本では辞書によって/i:/ /I/と、記号を変えるだけでなく、:までわざわざつけたりするのは、なぜか?ということです。
一方で、/i:/や/u:/よりも音声的には長い/α/や/ae/には:をつけない。


これはつまり、「語末にも来れる母音には:をつけ長母音と呼び、語末に来れない母音には:をつけないで短母音と呼ぶ」
(前者は音韻的には2モーラ、後者は1モーラ)
ということを基準にして作られたのではないか?ということなのですが、どう思われますか?

投稿日時 - 2010-01-07 01:14:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問