みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

賃貸マンションの手付金のことについて質問させていただきます。

賃貸マンションの手付金のことについて質問させていただきます。

この度3月中旬頃から一人暮らしをすることになり、12月23日に賃貸住宅を不動産屋に見学しに行き、そのまま契約の流れになりました。しかし、後々冷静になって生活費などを考えると、あまりに高価な物件を選んでしまったと後悔しています。また、途中不動産のやり方で幾つか疑問な点があったこともあり、もう一度他の物件に考え直そうかと思っています。このとき、不動産屋からの手付金の返済がありえるのか、というのが今回の疑問点です。

詳しく説明させていただきますと、見学にいったその日に、契約という形で話を進めました。その際、手付金として、家賃一カ月分を支払いました。(預かり書では手付金が消されて申込金となっており、審査終了後、手付金としてとなっています)さらに、重要事項の説明も受け、書類にサインと判を押しました。(この重要事項説明の際に、支払った手付金について、書類にサインをした時点から、戻ってこないのかと質問したところ、その通りだとの回答を受けました。)
このとき、私は恥ずかしながら申込金と手付金を混同していたためそれで納得しました。

また、新築のマンションのため、1月中旬からの入居をお願いされました。そのときは、大家との連絡が取れないため、書類上で1月15日から入居という形で一旦置いておき、「これはあくまで、最悪の場合で、実際は1月20日ごろ入居になるでしょう。また後ほど、大家と交渉した後、連絡します」と不動産屋が言ったため、店を後にしました。
すると、店を出て、10分後に電話があり、「今大家と連絡がとれて、現在別の人が同じ物件を契約したいとの申し出があります。あなたを優先的に契約させますが、その場合、入居が1月15日からになりますがどうしますか?」と聞かれました。契約をしたはずなのに、他の人が契約できるっていうのは変な話だと思いながら、先の説明で、手付金として支払ったお金が返ってこないと思っていましたので、そのまま進めてくださいと返答しました。

そして、現在入居審査まで終わり、本契約書などが郵送されてきました。また、敷金、礼金などの初期費用の振り込みが、1月5日までとなっています。

このごろは、いろいろなサイトを拝見し、自分の無知を恥ずかしく思う日々です。
この場合、もし敷金礼金を振り込むまでに解約するとしますと、手付金として支払ったお金は戻ってこないのでしょうか?ご回答お願いします。

投稿日時 - 2010-01-04 00:46:29

QNo.5565749

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

普通は、同じ不動産屋で変更する場合は、手付けは新たに見つけた物件に当てられますが
本契約まで終わっていれば難しいでしょうね。

手付けを1ヶ月分も払ったのは痛いですね。

手付けは、1万円程度でもかまいませんので。

特に新築物件だと、のちのちの大家さんのローンの返済などもありますので
空き物件は出したくないので、手付けは返ってこないのではないでしょうか?

ただ、敷金、礼金などを入れてしまうと、敷金は住んでいないので全額返金されると思いますが、礼金は返ってきませんね。

そこに住むか、手付けを諦めるしかないでしょうね。

投稿日時 - 2010-01-04 01:31:33

お礼

ご回答ありがとうございました。

やはり手付金の返金は厳しかったようで、結局そこに住むことになりました。
次からはもう少し慎重に考えるように気を付けます。

投稿日時 - 2010-01-07 00:57:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

 大家しています。

 部屋の賃貸借契約では、どんな名目(申込金でも手付金でも)でお金を積もうが、契約前ならノーぺナルティーでキャンセル可能です。

 契約とは、一般の契約では“口約束”でも成立しますが、部屋の賃貸借では重要事項の説明を受け、その書面に署名捺印し、契約書に署名捺印して成立します。

 それだけ二重三重のハードルがありますので、契約まで済んでいれば当然、その履行を大家は要求してくるでしょう。

 質問者様の場合、これが全て済んでいるのかどうかがポイントです。つまり、『本契約書などが郵送されてきました。』というここでしょう。

 一つでも欠けていればノーペナルティーでキャンセル可能です。勿論お金も全額返金されます。

 成立していれば、契約書通りの解約手続きを要求されます。契約書に『一ヶ月前までの解除通告』とあれば、その分の家賃も請求されるということです。
 実際に、この場合大家の方も他人様の財布から請求金額を取るのも手間がかかりますから、それを見越して既に支払ったお金を諦めて交渉するのも一手でしょうが、大家によっては『取れるものは取る』という人もいるので相手次第でしょう。

 契約とはそういうものなんです。

投稿日時 - 2010-01-04 11:19:08

あなたにオススメの質問