みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

天理教の彼氏との結婚について

天理教の彼氏と結婚を考えています。

彼の両親が天理教を信仰しており、彼自身も幼いころから天理教の教えの中で育ってきました。

もう二年の付き合いになりますが、付き合う中で天理教の話をしたり、天理教の行事に参加することはありませんでした。彼に聞くと、彼自身は両親と年に一度天理に行く程度だそうです。しかし「生まれたときから天理教だったからやめられない。」と言います。

彼は両親と離れた県外で就職していますので、結婚後同居はしません。(彼にはお姉さんとお兄さんがいます。二人とも未婚ですが・・。)
彼のことはとても大切で、一緒にいたいと強く思います。こんなに温かくて一緒にいて楽しい人は初めてです。

でもいざ結婚となると天理教という宗教が分からず不安です。私の両親は大反対です。お金のこと、いつか生まれる子どものことなどで泣きながら止めてくれと言われました。私の両親は宗教に対してよいイメージをもっていません。正直なところ、結婚後、私自身は入信したくありません。彼にもそのように伝えたところ、「信じて欲しい気持ちはあるけどそれでもかまわない」と言われました。しかし私の両親は「宗教の違う結婚生活はうまくいかない。辛い思いをするのはお前なんだ」と言います。確かにその通りなのかもしれませんが・・・。

インターネットで調べると「教え」などは理解できるのですが、いざ結婚となると生活にどう関わるのか分かりません。

例えば、お供えはどうなるのか、近所の教会のお世話になるのか(現在彼の両親がお世話になっている教会は県外なので・・・)

どんなことでも構いませんので教えていただけるとあり難いです。

投稿日時 - 2010-01-02 09:22:35

QNo.5561942

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

まだご覧になっているかどうか分かりませんが、回答させてください。

私は両親が熱心な信者で、小さい頃から教会に通わされてました。
鼓笛隊に入れられていたため毎週お泊まり会、毎月教会の月次祭に参加、夜警という教会を警備する活動に参加、
8月になればこどもおぢばがえりというイベントで天理市の本部へ。
家の親は教会で役についていたり月次祭の練習(雅楽演奏があるので)など、ほとんど毎日通っています。

教義はいいとは思うんですが、私は信者の中に尊敬できる人がいないので通ってもこんなもんなら意味ないな、と思いやめました。

天理教はやめられない、というのは天理教は入信手続きがないからやめるという概念もないのかなと思います。
ただ何となく通う、飽きたらやめる、でも許されます。
私も行かなくなってから何度か信者が誘いに来ましたが、ぶっきらぼうにあしらってたら来なくなりました。
今は実家を出ているので忘れられています。

お金のことについては、昔の信者はとにかくお供え(お布施ですね)すれば幸せになれる!とお金を使いまくっていたようですが、
今はそれほどお金を取られることはないようです。
しかし神社のお賽銭の感覚で教会へ行く度にお供えはしますし、熱心な人は給料の何割かはお供えする、と決めている人もいます。
私もお年玉から少しお供えしなさい、と言われてましたし。

家の両親は熱心とは言え、私たち子供(3人兄弟ですが全員やめました)に教会へ行けとは言いません。
教えっぽいことを言ってきますが。無視。
姉の旦那さんや家の夫の前などでは一切宗教の話はしません。
しかし母は姉の子供を一度こどもおぢばがえりに連れて行きました。
孫を連れていくのがばあちゃんの夢だったようで…。
姉の夫にその後、やっぱりあんまりそういうのに連れていってほしくない、と言われてその後は行ってません。

彼氏さんに、彼女も子供も天理教には関わらない、誘ってこない、とご両親に約束させるのが大事ですね。
それでヤイヤイ言うようなら結婚はナシで。
しかし質問者さんが病気になった、子供が怪我した、など何かに連れて、
「天理教を信心しないから」
的なことは言われるかもしれませんし、おさづけ(病気などを治すおまじないみたいなもんです)をかけられたりするかも。
ご両親のお葬式が天理教式だったりするかも…。

どっちかが我慢して歩み寄ったりするのはいけません。
相手を尊重し、でも自分は関わらない。
それを彼氏さんに守ってもらえないなら、結婚は難しいかもしれません。

投稿日時 - 2010-01-21 00:40:42

ANo.2

私の友人らからイメージする天理教は非常に優しく厳しい団体です。
昔、松本カトリック教会の手伝いで松本城の公園掃除をした際に、公園の茶店の方と話した事があります。松本は多くの宗教団体が集まっている所なのです。
幾つもの団体が公園を掃除に来るのですが、四角い畳を丸く掃く様な適当な団体やら、ゴミ袋を置いたまま帰ってしまう団体(これが一番多いらしい)がある中、天理教だけは陰の方までゴミ一つ残さず、然も全て持ち帰るので一番綺麗になるとの事でした。

友人等は全て穏やかで真面目な人です。
ただ真面目すぎ、度を超すと融通が利かないと言う事にもなりかねません。真面目が鼻につくとイヤになる可能性もあります。

今はどうなのか判りませんが、確か繋がりを非常に重要視すると思いました。組織は幾つかの大きさの教会に分かれています。喩えて言えば、日本の国から市町村の区分けに似ています。
そしてそれぞれに例祭があり、本部には大祭があるということです。
例えば村規模のBさんによって入信したAさんは、Bさんの霊的な子供と言う立場になり、世界中どこにいてもB村の例祭には、その日に例祭に参じる事になります。そしてBさんも町規模のCさんの子供なのでAさんはB村の例祭にもC町の例祭にも参加することになります。
実際にドコまで出席するのかは疑問ですが、友人の親は両方とも大きな教会を持っていたので、友人等は両方に出ていました。更に本部の大祭にも出席します。
それは平日でも有給を取っていくのです。

現在ドコまで厳密かは知りません。友人はたまたま教会の子供として生まれたから厳しかったのかもしれません。でも、教会を変更する事はないと思います。

貴女は外部の人間なので、判らなければ聞く事が大切。知りもしないで迷う事ほど詰まらない、無益な行為はありません。
知った上でどうするか、結婚するまでに善く話し合い、出来れば文字にして記録に残しましょう。
例えば子供の入信に対してどうするのか、教育に対してどういう情操教育をするのか…天理教の教育施設は既に一般的なものとして開かれています。ただ細かい点で、ドコまで教えに囚われるのかという事は大事です。
例えば「教えがこうだから」という考えだと教育に根拠がなくなります。子供にとって「理由はともかく決まりだから」は通用しません。

貴女はどうするのか、例えば例大祭については行くけど出席しないとか、子供と留守番するとかしないとか…。
結婚するなら反対する親を理詰めで説得できるくらいの話し合いをしてからでなければ、現状のままでは難しいでしょうね。

これからは親との生活より、彼との生活の方が長くなります。
酷いことを言うようですが「親は先に死んで、その後に長い自分の人生があるのです。一時の親を大切にして、長い自分の人生を小さくするなんてナンセンスです。」
これは私たち夫婦が子供達にいつも言っている言葉です。
だから、まず、自分の幸せを考えなさい。それを基本に決めて下さい。

投稿日時 - 2010-01-03 09:50:17

お礼

詳しく説明していただきありがとうございました。やはり気になるのは子どものことです。彼に聞くのが一番ですね。彼としっかり話し合った上で決めたいと思います。

投稿日時 - 2010-01-06 17:47:16

知り合いで同様なケースがありましたが結局離婚しました。
あなたが入信する気がなければ無理だと思います。
どんな宗教でも信心深い人はえてして善人です。

投稿日時 - 2010-01-02 12:49:58

お礼

ありがとうございました。彼と話し合ってみます。

投稿日時 - 2010-01-06 17:48:34

あなたにオススメの質問