みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Webサーバーエンジニアの将来性は?

Webサーバーエンジニアの将来性は?

以前にもお話しした事があったんですが、甥の中の一人が就職難の中で、これからインターネットやネットワークの仕事を目指したいとのことです。

そこで昔からよく耳にするシステムアドミニストレータの資格を勧めようと思ったのですが、ウェブ上でよく調べてみると、この資格は初級・上級ともに今年の時点で無くなっている?ような記事を見ました。

その辺りは実際にはどうなんでしょう?

それから、別のコンピュータ関係の資格で考えると情報処理技術者関係の他に、Webサーバーエンジニアの認定資格(資格と言うより検定?)があるのを見て、それを勧めたいと思っています。

私もApacheの運用を少しかじった経験があり、サーバーが存在するネットワークで不可欠なサーバー管理者の資格があると、エンドユーザー側も考慮した業務 ( 例えば企業内でよくあるクライアントサーバー型のネットワーク管理 ) にも欠かせない存在のように思います。
他にもデータベースやメールサーバー等も含めて、サーバー管理系の技術資格がとても将来性があるように思いました。
今後もインターネット上の技術としては、ウェブアプリケーションの形態が強まっているように感じますし、その環境を管理するサーバー管理者の資格があると就職にも強い気がします。
もちろん就職難の中で、その資格があれば必ずしも就職が決まりやすいという事ではないと思いますが、サーバーエンジニア認定資格というのがまだ聞き慣れないので、今後の業界における資格としての将来性を是非お聞きしてみたいです。

現在、実際にそのような仕事に就かれている方や、どなたかのアドバイスでサーバー系の管理の道に進まれている方の生のご意見をお聞きして、甥にも出来ればWebサーバーエンジニア認定も含めたお勧めの資格を紹介して上げたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-12-31 00:38:28

QNo.5558233

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

確かにシステムアドミニストレータの試験はなくなりましたが、

 初級システムアドミニストレータ→ITパスポート試験(難易度はやや低下)
 上級システムアドミニストレータ→ITストラテジスト試験(システムアナリスト試験と併合)

として新試験ができています。

Webサーバエンジニアの認定資格(?)というのは実はよくわからないですが、
調べてみたら、Webサーバーエンジニア能力認定試験というのがあるようです。

でも、これから仕事を目指すのであれば、情報処理試験の方がいいと思います。
(ITパスポート試験か基本情報技術者試験)

ただ、情報処理試験の場合は試験が年に2回(4月と10月)しかないので
次の試験の合格を手に入れるのは6月ぐらいになります。
もし、就職のためにすぐに資格がほしいとか、また、質問者さんの言うように
サーバやネットワークのオペレーション寄りの試験がいいのであれば、
もう少しメジャー(企業に評価されている)な試験の方がいいかもしれません。
メジャーなところとしては、
 CCNA(Ciscoのネットワーク機器の設定等)
 LPIC(Linuxサーバの操作、設定)
 ORACLE MASTER(ORACLEデータベースの管理)
 MCP(Windowsサーバの管理)
等でしょうか。
ただ、これらの実務経験が多少でもないか、趣味等でも触ってないと、とりかかるのが大変かもしれません。

投稿日時 - 2009-12-31 07:01:39

お礼

アドバイスありがとうございます。

ITパスポート試験・ITストラテジスト試験(システムアナリスト試験と併合)というのはまだ目にしませんでした。とても有り難いです。

甥は高2で、そろそろ就職の事を考えて…と言っているレベルです。
サーバー系は私が少しかじって、少しの期間だけApacheで家でサーバーを公開してましたので、むしろ私が馴染みがあって勧めて上げようと思いました。

甥とも時々電話でPC関係の話しをする事があり、先日どんな資格があると今の世の中でPC関係の専門の仕事ができるかな?と聞かれ、私も考えていました。

サーバー系の資格・検定の候補もご意見頂き、またまずはやはり情報処理の資格が真っ先の方が良さそうですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-31 09:25:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

社内システム部門でサーバやネットワークの管理をしているものです。

甥御さんはこれから新社会人になられるのですよね?
でしたら、希望の企業に就職が決まったとしても、
自分の目的とする部署に配属されるとは限りませんし、
入社して数年で部門異動で仕事内容がガラリと変わることもザラにあります。

かく言う私も新卒のとき開発部門志望で希望の部門に配属されたのですが
1年後には社内システム部門へ異動となりました。
(私は情報技術全般が趣味の範疇なのでそれ自体は苦でもなんでもありませんでしたが)

また、「Webサーバエンジニア能力認定試験」については
割とマイナーな資格なので私はあまりお勧めしません。

私の経験から言いますと、学生の間は学校の勉強を優先し、
余力がある場合に資格取得を目指されてはいかがでしょうか。
また、サーバ関連等の実際のソフトウェア製品の設定や扱い方に関する知識を求められるベンダー資格など
には有効期限つきのモノも多く、受験費用も国家資格と比較してお高いです。ま
た取得から年数が経過すると鮮度が落ちていきます。
また、資格取得時に勉強したソフトウェアを実際の業務で使うかどうかもわかりません。
資格取得制度が充実している企業では、
こういった資格は入社したあとで取得した方がお得です。
資格取得のためのテキスト代、研修受講料、受験料、更新料を会社で負担し、
さらには報奨金が出るとこもあります。

まずはIT技術者を志す者の入り口とも言える
基本情報技術者や応用情報技術者の取得を目指されてはいかがでしょうか。
その後のスキルアップとしては、
情報セキュリティスペシャリスト、
ネットワークスペシャリスト、
ITサービスマネージャなどがお勧めです。

参考URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081202/320589/

投稿日時 - 2009-12-31 06:13:11

お礼

ありがとうございます。
甥はまだまだこれからで、実際の従事者の方のアドバイスは有り難いです。まずは基本的な学業で何処に配属されても強くなれるようにしておくのが先決ですね。

>基本情報技術者や応用情報技術者の取得を目指されてはいかがでしょうか。

やはりこの辺りをキッチリ取っておく事が王道という事ですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-31 09:17:16

あなたにオススメの質問