みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

進路について

私は現在某国立大学の大学院2年生(文系)です。

私は家庭の都合もあり就職活動もなかなか積極的に活動できずその影響で論文の作成も大分遅れてしまいました。
先輩の例に倣って私も7~8月には就職活動を終わらせ、そこから本格的に論文作成に取り掛かる予定でした。
しかし実際には11月末までかかってしまい論文は就活と平行して進めるという形になりました。論文も提出はできても修士としてのあまり満足のいかない中途半端な出来での提出と言うことになってしまいそうです。

そこで質問なのですが今年度の卒業を諦め、来年度に卒業をし就職活動も2011年度卒のものを受けようかと考えています。
ここで気になっていることは大学院で留年と言うこと自体あり得るのかどうかということです。
もしこれが可能であれば再度就職活動に挑戦し、論文もじっくりと書き上げることができるのではないかと考えています。
このような経験のある方や、このような悩みを持ったことがある方がいたらコメントをお願いします

投稿日時 - 2009-12-20 20:57:25

QNo.5536490

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 国立大学文系大学院(博士)です。

 大学院の留年はありえる。でしょう。しかし、貴方は修士ですから、
例えば、就活の時に「何で留年したの?」と突っ込まれるはずです。
 それに答えられるだけのキャリアを一年でどのように作るかがポイントになるでしょう。
 キャリアアップに使ったという正当な理由があれば、大丈夫でしょう。
 あと、厳しい言い方ですが、大学院のレベルも重要だと思います。
帝大レベルの大学なのか、そうでないかでは、やはり差があるのも事実です。

投稿日時 - 2009-12-24 21:21:20

お礼

遅れましたが回答ありがとうございます。
大学自体はそれなりに歴史はあるが所謂一つの地方国立と言った感じですのであまり上等なものではないと思います。
就活の時に留年した理由について自信を持って(というのも変かもしれないですが)答えられるようにキャリアアップしようと思います。

投稿日時 - 2009-12-28 00:22:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

限られた時間の中でしっかりとまとめあげるのが卒論の趣旨ですから、よほどの理由がない限り、研究室に居候は後輩の配属にとっても迷惑になります。どうしても研究を続けたいなら、適当でも卒論を仕上げて博士課程に進み、その研究室で研究を続けるか、1年間研究生として出入りさせてもらう様に先生と話しあうことです。何事も先延ばしは良くありません。今できることを精一杯頑張ることです。

投稿日時 - 2009-12-21 23:02:26

お礼

遅れましたが回答ありがとうございます。
後輩の事情はおそらく大丈夫だとは思いますがそこまでは考えていませんでした。
教官からの了解も得られたのでもう一年学生を続けることになりました。

投稿日時 - 2009-12-28 00:18:57

ANo.2

卒業せずもう一年では学費は一年分取られることになります。
それでしたら、教授に相談し研究生として研究室に残していただけないか検討してはいかがでしょう?

学校にもよりますので学費は?と聞かれたらお答えはできませんが、かなり安く残ることができます。
留年を取るにしろ研究生になるにしろ必ず就職活動では-点になりえますので、ご注意ください。

投稿日時 - 2009-12-21 19:19:54

お礼

遅れましたが回答ありがとうございます。
研究生ということは考えていなかったのでそのことも指導教官と話をしてみました。
ただ色々と問題が出てきたため研究生はやめて留年しもう一年学生を続けることにしました。

投稿日時 - 2009-12-28 00:13:39

ANo.1

論文を提出しなければ単位がつかなくって卒業できないって思います。
これは、強行策なので、担当教授と相談した上で提出しないってい展開かな。
大学によって差があるでしょうが、ひとつきあったら書けそうです。
(自己)留年してまで書く必要は無く、どうしたら間に合うかを考えた方が良いと思います。

投稿日時 - 2009-12-21 09:00:53

お礼

アドバイスありがとうございます。
留年を考えた理由は内定が貰えなかったということが大きいです。
11月末まで粘ったのですが良いお返事が貰えなかったため年内の就職活動を終わらせた、といった感じです。
内定を頂いていたら何とか間に合わせて卒業したい!という考えが浮かんでいたんじゃないかなと思います。

投稿日時 - 2009-12-21 11:36:31

あなたにオススメの質問