みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日焼け止め 紫外線吸収剤のアレルギー クレンジングについて

今年初夏から日焼け止めを常用し始めて、日差しの強い日と、数日前まで行ってた修学旅行の沖縄で湿疹とかゆみが起きてしまいました。
夏に湿疹がおきた時点で、こちらに質問させていただきまして、「紫外線アレルギーでは?」との回答を頂いたのですが、後に自分で調べた所、紫外線吸収剤があわないのだと考えました。

Q1
一度アレルギーが起きてしまった日焼け止めですが、強い日差しを浴びる以前は数日ほどは塗ってても何も起きなかったのですが、
冬の紫外線の弱い日などは化粧下地として塗って外に出ても大丈夫でしょうか。

Q2
次回は紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛)が入っている日焼け止めを選ぶことにしました。
クレンジング不要の日焼け止めを探していたのですが、なかなか見つからず。
調べていくとクレンジングしないというのはあまりオススメできないそうなので、クレンジングについて教えていただきたいのですが、
どんなクレンジングを使ったらいいのでしょうか。
今手持ちなのは、ポイントメイク落としとpdcのメイク落とし+洗顔しかないのですが、
体にも塗るわけですから、専用のクレンジングでも売られているのでしょうか。

長く読みづらくなってしまいすみません。
季節はずれだと思われますが、どなたかアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2009-12-16 10:40:07

QNo.5526263

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
専門家の方にご回答をいただいているので、差し控えようかとも思ったのですが、念のため補足させていただきます。

●Q1
まず、紫外線吸収剤のメカニズムを知っておきましょう。
紫外線吸収剤は、紫外線に当たると、自身の分子活動を活発化させ、熱エネルギーに変換して放出させます。また、この過程で、紫外線吸収剤の分子が変形・分解されてしまうことが指摘されています。
これらが、肌のほてりや痒み・アレルギー反応などを引き起こすと言われています。
従って、冬の紫外線の弱い日などは、化学反応(=毒性)も鈍いということがわかります。ですから、化粧下地として塗って外に出ても、夏ほどには問題は起こらないと考えられますね。

●Q2
紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは、比較的毒性が弱いということが知られていますから、その選択は正しいと思います。
ですが、クレンジング不要のものはお勧めできません。
理由としては、「シリコーンが使われておらず、酸化チタンや酸化亜鉛が直接肌に触れる危険性が高くなる」からです。
では、いったい、なぜシリコーンがが必要なのか。
理由の一つは、ウォータープルーフ機能を持たせるためです。「シリコーン」は、水や油に溶けにくく、汗にも皮脂にも強いと言われています。
もう一つの理由は、酸化チタンや酸化亜鉛を、なるべく肌に触れさせないためです。毒性が低いと言っても、全くの無毒というわけではないからなんですね。
しかし、その代わりに、シリコーンは石鹸などでは落ちにくく、専用のクレンジング剤が必要になるんです。
とすると、クレンジング不要の日焼け止めとは何か。答えはシンプルで、シリコーンを使っていないものなのだ、と推測できます。
●Q2の続き
クレンジング剤には何種類もあります。
・水性リキッドタイプ
・オイルタイプ
・ミルクタイプ
・ジェルタイプ
そのどれもが、強力な界面活性剤を含んでおり、肌には負担です。
どれを使うか…で悩むよりも、なるべく素早く洗い流すことを考えた方が、現実的かと思われます。
「すぐ洗い流せる」観点からは、水性リキッドタイプがお勧めです。

投稿日時 - 2009-12-28 14:37:49

お礼

詳しく分かりやすくありがとうございます。

冬場は毎日は控えようと思いますが、捨てるのももったいないので、時間をかけて使い切りたいと思います。

ノンオイル、ノンアルコール優先よりも、「素早く洗い流すこと」を優先したほうがよいのでしょうか・・・
どちらとも考えたことがなかったのでこのような意見が聞けてよかったです。
あとは値段とも相談してみます。

投稿日時 - 2009-12-28 18:22:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

クレンジングについてですがまずノンオイルの物を選ぶ事が一番です。
俗に言うクレンジングオイルとは油+界面活性剤(汚れを落とす成分)なんです。
ちなみにですが油+界面活性剤+水=化粧品(乳液、クリームなど色の白い物)なんです。極端な話、食器用洗剤に油を加えれば乳液やクリームになります。これに肌に対する有効成分と香料を入れれば化粧品の完成です。
こんな危ない物しかドラッグストアには売っていません。
著名な化粧品メーカーはほとんどがこんな中身になっています。
前置きが長くなりましたがオイルクレンジングを使うと肌のくすみ、毛穴の黒ずみの原因になります。
なのでクレンジングはノンオイル、ノンアルコールのジェルクレンジングにしましょう。
アルコールが入っていると肌を溶かしてしまうので要注意です。(成分の最後の方に書いてあれば使っても問題なしです)
おすすめの無添加、ノンオイル、ノンアルコールのメーカーのURLを載せておくので見てみて下さい。
肌、化粧品のことなら何でも知ってますからなんか他にもあったら聞いてくださいね。

参考URL:http://www.adjuvant.co.jp/products/series.php?id=8

投稿日時 - 2009-12-16 18:20:49

補足

お返事遅くなってすみません。
回答ありがとうございます。

専門家の意見が聞けてよかったです。
あと紹介もありがとうございます。
ちょっと手の届かない値段なのですが、とても参考になりました。自分でも探してみます。

1点質問なのですが、要クレンジングの日焼け止めを体にも塗ったら、体もクレンジングで洗わなきゃいけないのでしょうか。
夏場毎日塗っていたら結構なペースでクレンジングがなくなっていくと思うのですが・・・。

投稿日時 - 2009-12-19 12:41:17

あなたにオススメの質問