みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

格闘技の顔のガード

この前、内藤選手と亀田選手の試合を見たのですが、内藤選手の鼻がすごかったです。

ボクシングや格闘技は、試合中には顔をガードするものをつけてはいけないんでしょうか?

それとも、選手が選べるんでしょうか。

投稿日時 - 2009-12-13 20:06:22

QNo.5520053

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>試合中には顔をガードするものをつけてはいけないんでしょうか?


プロの試合では顔をガードするグッズの使用は禁止です。
普通は上体を揺らしながら相手のパンチを避けるヘッドスリップを効果的に使うのですが、あの試合では、亀田選手の頭が鼻に激突したように映像では見えます。

投稿日時 - 2009-12-16 22:56:37

お礼

頭がぶつかったんですかあ。
確かに亀田選手はガードが低いですからね。
自分は左ストレートが鼻にヒットしたものと・・
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-12-17 19:23:27

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ボクシングもそうですが、K-1もヒーローズも基本的にプロの興行は顔をガードするもの(ヘッドギアーといいます)は着けません。

アマチュアのボクシング、例えば高校のボクシングインターハイだったり、国体の試合などはヘッドギアーを着けて試合をしています。

そりゃあプロの試合だってヘッドギアーをつければ安全でしょうが、お金を頂いてお客さんに見に来ていただくには、やはり素面のほうが、選手の表情もわかるし、KO率も高くなり、この間の試合のように顔面や鼻が腫れれば、見ているお客さんもエキサイトしますからね。

やはり、プロのボクシングは観客がいっぱい入ってナンボであって、スポーツではなく「興行」なのです。

投稿日時 - 2009-12-14 01:44:41

お礼

内藤選手は鼻がすごいはれててみるのが耐えられませんでした。
プロの試合はつけないんですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-12-17 19:26:22

あなたにオススメの質問