みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高濃度の酸素はなぜ体に悪いの?

空気中の酸素濃度は、40%や60%など、正常時の21%(?)を大きく上回ると、人間は生きていけないと聞きましたが、なぜでしょうか?
多は少を兼ねるということで、別に多くても問題ない、むしろ、健康的だと思うのですが………。

それと、78%(?)ある窒素も人間が生きていくのに必要不可欠だと聞きましたが、これは本当でしょうか?

投稿日時 - 2009-11-20 18:17:01

QNo.5462881

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

死ぬかなぁ…、やっぱり死ぬか…

基本的に酸素は毒です。
体内に入ると活性酸素となり、体中を攻撃します。

酸素は大きなエネルギーを生み出す源ではあるのですが、その反面、細胞にダメージを与える元凶でもあります。
大昔の生物は体内に酸素が入ると、その毒性のためダメージを受けてました。
しかし進化の過程で、そのダメージを克服するシステムを手に入れたため、酸素を使ってより大きなエネルギーを作り出し、現在のように発展してきたのです。

ということで、酸素濃度が上がると、血中の酸素濃度も増え、ダメージを克服するシステムの能力をオーバーし、徐々にダメージがたまってくるでしょう。
酵素が傷つき、代謝システムが衰える。
遺伝子が傷つき、ガンが出来る。
こういう形で寿命が短くなっていくのではないかと思います。

そういう意味では酸素を薄めるために、毒性の低い窒素が不可欠なのかな。

投稿日時 - 2009-11-20 20:02:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

酸素濃度が40%くらいであれば、短時間では問題ないですし肩こりとれますよ。酸素バーとかありますよね。

空気中から窒素がなくなったら…植物が育たないでしょう。
マメ科植物か最近の力を使って空気中の窒素を固定して、その窒素を他の生物が使用していますから、これがなくなるとすべての生物はたんぱく質が作れません。

投稿日時 - 2009-11-21 10:20:08

あなたにオススメの質問