みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

コピー機で裏紙を使うとコスト削減になる?

会社で、新聞のクリッピングサービスを使っていまして、
毎日何枚もFAXが送られてきます。

1週間もすると相当な量が溜まるので、捨てる手間がかかる
ことから、色々と裏紙として活用しています。
印刷物の発行時には、原稿の確認をするために大量に
印刷をかけることがあるので、コピー機の手差しトレーに
入れて使ったりもしています。

無駄な紙を使わずに済むしいいことだと思っていたのですが、
コピー機は印刷をかけた回数で使用した紙のメートルを算出
して利用額の請求が行われると聞いたことがあります。
そうすると、裏紙を使っても会社としてのコスト削減には
結びつかないのでしょうか。

積極的に今コスト削減したいというよりは、疑問が解消されずに
気持ち悪いのと、SOHOをやり始めた場合に備えて知って
おきたいと思っています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-11-19 10:55:45

QNo.5459657

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

営業経験より
疑問解決は他の方にお任せして。。。
あくまでプラスアルファの意見です。
今後SOHOをおやりになるのであれば、以下の運用を参考にしてみてください。

1.FAXは家庭用レベルで十分対応できます。ボリューム(使用頻度)面もそうですが、FAX受信は一方的に送られてくるケースも多々あります。つまり勝手に料金が加算されてしまうので、これほど無駄なことはありません。。。

2.複合機をご利用なさるならペーパーレスをおすすめします。ある程度の人数がいる場合だと、経費削減するはずなのに意外と導入費用がが結構かかったり、運用面でしっかりルールを決めないと逆に社内で混乱して大変です。SOHOレベルであれば大規模な導入も必要ないですし、運用ルールも自分でやるだけなので簡単ですから。

つまり、紙を出力してもお金を払わないようにするか、単純に紙をださないようにするかの違いですね。詳細は。。。そこら中に営業マンがいると思いますので、その方たちに聞いてみてください。

ちなみに、ご質問者様がおっしゃっている『メートルでの課金方式』は以前はありました(今はどうか知りませんが。。。)。ただA1サイズ以上の対応機械のみで、ロール紙を使用した場合の課金方式です。もしかしたらその情報と勘違いされてるかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-11-19 14:37:15

コピー機の契約内容とコピーの単価や、コピー用紙の調達価格は社内でお調べになると判るでしょう。

乱暴にいうと、コピー(印刷やFAX受信を含む)は1枚(一回)あたり10円前後で、コピー用紙はA4一枚1円以下です。

ですから、裏紙を使うから、と安易にコピーを行うと、かえってコストがかさむことになります。

>毎日何枚もFAXが送られてきます。
>原稿の確認をするために大量に印刷をかける
FAXは"紙"ではなく、データとして受信してPC画面で確認することができます(FAX機の機能に拠ります)。
試し刷りもPDFで行えば、紙は使わずに済みます。

投稿日時 - 2009-11-19 14:23:23

ANo.2

以前、会社の事務機器の導入・運用に携わっていた者です。

>コピー機は印刷をかけた回数で使用した紙のメートルを算出
>して利用額の請求が行われると聞いたことがあります。
少なくとも、私の知る限りではこういった話は聞いた事がありません。
コピー機器の大手3社ではコピー機(複合機)の利用料金に関しては2種類あり、「トナー方式」と「カウンター」方式になります。

トナー方式とは一般のインクジェットプリンターと同じように、コピー機で利用するトナーカートリッジを買い取る課金方式です。
この方式は、主に月に利用する枚数が少ない(月に1000~2000枚程度)場合に利用されます。

カウンター方式とは、印刷した枚数によって料金が決まる課金方式になります。
この方式は、月に利用する枚数が多い場合に利用されます。

どちらの場合においても、同じ内容のものを印刷する場合、新しい紙を使っても、裏紙を使っても使われるトナーの量は同じなので、違いは紙の料金のみとなります。
裏紙として再利用することで、ごみの削減にもなりますし、同一の紙代で倍の印刷が出来る訳ですから経費削減にもなります。

投稿日時 - 2009-11-19 11:21:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

すみません。私の理解不足でした。
紙の長さではなくて、「カウンター」方式でした。

そうしますと、「カウンター」方式の場合で且つ
コピー機のリース元の業者が紙も補充してくれる場合、
カウンター結果を参照して持参するのでしょうから、
結局はあまり差が出ないのかもしれませんね。
(差分を持ち帰ってくれたり次回補給量を減らしたりしてくれれば
 削減になりますが、そこまでは普通やってくれないですね、きっと)

投稿日時 - 2009-11-19 14:12:05

ANo.1

買取のコピー機でしたら、裏紙を使用した分、そのまま経費削減になると思います。

しかし、リースのコピー機を使用している場合、その運用コストは、
コピー用紙代 + コピー機の使用量(何ページ分の印字をしたか)の
従量課金です。
 裏紙を利用した場合、コピー用紙分だけのコスト削減と考えられます。


 

投稿日時 - 2009-11-19 11:04:20

お礼

リースは定期的にメンテナンスもしてくれて便利な分、
やっぱり自由度低いですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-19 14:15:45

あなたにオススメの質問