みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

髪型の校則について!!

こんにちは
私の学校には「髪は耳にかからない」という校則があるんですが
私はこの校則を変えたいと思って生徒会に立候補しました。
この校則のどこが悪いのかというと髪の生え際が耳と近い人は、例え坊主にしても、少し髪が伸びると耳にかかって違反になってしまうところです。つまりどう短くしても耳にかかってしまう人がでてくるんです。

こんな感じに私は思っているんですが演説になかなかまとめられません。それにこれだけのことじゃ生徒はなかなか票を入れてくれないと思います。他に何かこの校則に関する良いつっこみどころはありませんかね?
回答よろしくお願いします。


選挙は今週です!汗

投稿日時 - 2009-11-08 17:12:00

QNo.5431632

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

びっくり!同じような学生さんが居たんだねぇ?

僕は新設校で卒業前に文化祭がやりたいと言ったら
「文化祭は不良のきっかけになるからダメ!」と言われました。
なんでやねん・・・_s(・`ヘ´・;)ゞ..

で、考え方を変えて生徒会で提案すれば可能かも知れないと思って
立候補しました。
人気のあるヤツが生徒会長に立つというので私は副会長に立候補しました。おかげさまで当選しました。

で、ご質問の件ですが校則の改正をテーマにしても当選期待度は
低いような気がします。
考え方を変えて、とにかくまずは当選を目指す方にシフトしたほうが
いいかもしれません。
その後、校則について議論された方が改正?の可能性が高いと思います。

追伸・とにかく目立つ方が良いと思い、白手袋なんかして演説やりました。途中にだじゃれなんかを入れながら・・・
今に通用するかははなはな疑問ですがね・・・(^^;)

投稿日時 - 2009-11-08 17:38:03

お礼

すばやい回答ありがとうございます。
追伸とか最後の言葉でみんなをひきつけるようにがんばります!!

投稿日時 - 2009-11-09 20:09:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

テクニックも大事ですが、
なにより、自分の思いを誠実にかつ切に訴えることが重要だと思いますよ。
あまり気張らず、Take it easy!

成功を祈ってますよ。

投稿日時 - 2009-11-13 02:12:50

お礼

おかげさまで当選しました!!
応援ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-11-15 18:30:45

ANo.4

1です。

もし、・・だめだったとしても経験は人生の肥やし。

がんばってくださいね?o(^◇^)/~

投稿日時 - 2009-11-09 22:00:33

お礼

みなさんのアドバイスをもとに原稿を作り
見事、一位で当選しました!!

応援ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-11-15 18:29:55

ANo.3

ただこれは教師向けです。同級生には理解できないか、カッコつけてると思われるかもしれないですし。選挙権を持つ同級生向けには
「俺はこの髪型イヤやねん。ダサいねん。彼女欲しいねん。クリスマスまでに欲しいねん」みたいに、
たかじんとか三木道三風に攻めた方がウケはいい気がします。
人間は媚びられるとまたそれはそれで嫌がるから実際的には、正等に主張をしつつフランク感は持つべきでしょうか
(オバマや小泉をyou tube で参考に)。

「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!」と言うリース・ウィザースプーン主演映画で生徒会選挙の話なんですが、白熱した選挙戦で、各候補者はものすごく色々と動き回るんですね。
で、1度も活動しなかった変わり者の少女が演説で一言
「私が当選したらこんなくだらない生徒会をなくす」とだけ言うんです。そしたら彼女が当選w
これはかなり的を得ていると思います。

投稿日時 - 2009-11-09 11:16:28

お礼

めっちゃ面白いですね。
小泉さんとオバマさんの演説もみてみて
参考にしてみます!!

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-11-09 20:14:32

ANo.2

この場合は先生側などの反対派の主張を意図するんです。
例えば
「服装の乱れは素行の乱れ。素行が乱れればすべてがおろそかになる。強いては君の為にならない。服装はボタン1つ、髪型1つから始まる。よって・・・」
と言うものです。
ですから反対派の思想や意見を想定し、それに対する解答集を用意しておく。また今のうちに周囲に強力な賛成者も用意しておく。

これは(仮)ですが
「僕は今回、当選した際には今年度中に髪型の規定を変えたいと考えています。
なぜならたかが髪型1つですが、髪型の強制は人権の蹂躙(じゅうりん)に他ならないからです。
そもそも日本国は憲法で基本的人権が高度に保障されると書いています。
憲法は思想や性別や年齢を問わず、すべての人に適用されると書いています。
日本国憲法13条に「すべて国民は、個人として尊重される。」と書いています。
憲法は校則を含めた全てのルールより優先されると書いてあります。

これは世界に誇るべき憲法だと先生方も考えておられるはずです。
確かにこれは「公共の福祉に反しない限り」と言う制約がつくのは当然です。「先生の授業の邪魔」や「犯罪行為」を行なうのは公共の福祉に反する行動です。ですから認められません。

しかし髪型や服装と言うのは、基本的人権そのものですから、これを著しい人権の侵害であり、憲法違反であります。
なぜこのような校則があり、僕らが守ってるかと言うと、それは僕らが無知なために、意味も分からず従属してるからに他なりません。そして慣習的に続けられてるからに他なりません。
僕らは未成年ではありますが刑務所に入ってるわけではありません。
たしかに権利を希求することにより、同時に責任を持つことは当然ではありますが、僕らは21世紀の自由主義社会、人権国家の一員として、自由に自己管理を行なう当然の権利を要求します。

先生はもちろん色々なことを考えて校則を作って下さっているんだと思います。しかし僕ら1個1個はモノ言わぬ機械ではないのです。僕ら1人1人は日本国憲法における基本的人権が保障された人間そのものなのです。髪型で人生は決まりませんし、「髪型による進路の傾向」で僕らを管理する権利は誰にもありません。他の学校では服務が自由な学校もありますし、それでもスポーツや勉学で結果を出してる学校も多数あります。
「他の学校は違うんだ」と言うことは、それは僕らへの偏見、差別ではありませんか。
「君たちの親の考えもあるんだ」とは言うでしょうが実際にこの学校に通ってるのは僕ら自身です。未成年であろうとお金を払っていなかろうと、僕らには1つ1つの人権があるし、親や先生が望む髪型にすることが僕は望んでいません。
わが校には伝統や歴史は確かにありますが、それは先生だけのものでなく、僕らにも参加する権利があるはずです。

僕は僕が大人になった時に、自分の子どもを心から入れたいと望める学校にしたい、僕が将来、海外へ行った時に、子どもの権利条約にも違反するような学校に通っていたと言いたくない。
僕はこの髪型の規則を酷くつまらない、間違ったものだと思うし、毎日自分の髪型を見るたびに、何だか何かの奴隷になったような嫌な気分になりのです。
10年後20年後であってもこの気持ちは変わらないと確信しています。
先生方のことは嫌いではないですが、このルールはどう考えても間違っていますので変えたいと思います。
賛成の方はぜひ僕に投票して下さい。よろしくお願いします」

以下は買って読んでおくといいでしょう。安いしなかなか興味深い
・小学校学習指導要領新旧比較対照表―ひと目... 平成10年版×平成20年版 日本教材システム
・図解雑学 法律 (図解雑学シリーズ) 吉田 稔
・憲法 (図解雑学) 後藤 光男

投稿日時 - 2009-11-09 11:05:00

お礼

とても詳しい回答ありがとうございます。
さすがに先生方も憲法まで言われると答えられないですよね!!
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2009-11-09 20:12:30

あなたにオススメの質問