みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害年金と確定申告ついて

父の年金の確定申告ことで困っています。どうぞよろしくお願いします。

父は精神障害2級の手帳を持っており、障害基礎年金を受給していました。
今年の3月に60歳になり、年金受給の手続きの際(母が手続きしました)
老齢年金の方が受給額が倍以上多いので、
老齢厚生年金を受給するようにしたようです。

お聞きしたいのは、父と私の確定申告のことです。
平成20年分の確定申告で父(障害年金受給・普通障害者)と母(無職)を
私の扶養に入れて申告しました。(医療費控除も受けています)
先日、社会保険庁より「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」が届き、
平成21年分の申告の内容を確認すると、控除配偶者にだけ「1」の印がついており、
他は全て「0」でした。

父は年金受給額からいって本年は私の扶養には入れないようです。
父の年金から源泉所得税が引かれており、
確定申告をして還付を受けたいと思っていますが、
所得税の障害者控除は受けられますか?
上記、平成21年の申告の内容の本人障害の欄が「0」だったのと、
申告することによって、現在受給している老齢厚生年金が
金額の安い障害年金に戻されてしまわないかが心配です。

また、母を本年も私の扶養として確定申告することは可能でしょうか?
上記、平成21年の申告の内容では父の控除配偶者になっているようなので…

どうかご助言をお願いします。

投稿日時 - 2009-10-31 22:45:08

QNo.5412265

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>老齢年金の方が受給額が倍以上多いので…
>父は年金受給額からいって本年は私の扶養には入れないようです…

具体的に老齢年金はいくらあるのですか。
控除対象扶養者にできるのは、「所得」が 38万円以下でなければなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
給与などなければ、65歳未満の年金は 108万円が「所得 38万円」に相当します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>今年の3月に60歳になり…

3月まで働いていたのなら、上記の「年金所得」に、「給与所得」あるいは「事業所得」を加えて 38万円以下でなければ控除対象扶養者にはできません。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>所得税の障害者控除は受けられますか…

別に問題ありません。

>上記、平成21年の申告の内容の本人障害の欄が「0」だったのと…
>上記、平成21年の申告の内容では父の控除配偶者になっているようなので…

それらは年金の手続き上の話だけであって、税金に関しては確定申告が優先されます。

>母を本年も私の扶養として確定申告することは可能でしょうか…

父が確定申告に当たって、母を控除対象配偶者として記載しなければ可能。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-11-01 03:51:04

お礼

お礼がおくれまして申し訳ありません。
さっそくのご回答ありがとうございました。

父は障害年金を受け取る以前より無職で給与など他の収入は
いっさいありません。本年中受け取る老齢厚生年金の額は132万円
ですので、本年は私の扶養に入るのは無理だと思いました。

障害者控除を適用して父の確定申告をすることによって、年金の
収入が減ることが一番の気がかりでしたので、所得税はしっかり
還付してもらって、今までどおりの年金が受け取れる。
ほんとうに安心しました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-02 11:27:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問