みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

種まき前の除草剤の使用について

これまで雑草が多い茂っていた空き地をクローバー畑にする計画です。実はこの計画は半年前から実行しているのですが、雑草との戦いで半年が過ぎてしまいました。というのも、当初除草剤を使用せず、鎌で草を根こそぎ取り除きそこに種をまくようにしました。結局、クローバーは雑草に負けてしまい、完全敗北でした。ところが秋になって、雑草の勢いが弱まり、再度チャレンジのため鎌で草を刈りました。しかしすでにたくさんの種子が地面に落ちているようで、すぐに雑草の芽が出てきます。空き地面積もかなり広いので、少々疲れが出てきました。地面に落ちた種子やくず等の根、雑草の葉や茎に作用し、長期作用するのではなく、数週間後にクローバの種をまくことのできる除草剤はあるのでしょうか? ちなみにクローバーは11月中に蒔く計画をしています。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-10-29 15:59:42

QNo.5406199

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

耕運機はお持ちでしょうか?

お持ちでしたら、「バスアミド粒剤」
こちらは、殺菌・殺虫・殺草に高い効果があります。
また、種の発芽を抑制しますので、農業では、よく利用される薬剤です。
欠点は、散布後によく混和し、ビニールシートなどで被膜しなければならないことです。
このバスアミドは、混和後、土中水分と反応し、ガスを発生させます。
そのガスが有効成分ですので、被膜しないと効き目が極端に下がります。

耕運機をお持ちでないのでしたら、「石灰窒素」。
こちらは、殺菌・殺草効果があります。
また、反応後は、窒素肥料になりますので、便利です。
雑草に対しては、殺草効果よりも、発芽抑制効果が期待できます。

どちらの薬剤も、使用後2週間で、播種(種まき)可能です。

投稿日時 - 2009-10-29 21:34:43

お礼

早速のアドバイスありがとうございました。
試してみます。

投稿日時 - 2009-10-30 19:36:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問