みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ベートーベンの肖像について・・

「ベートーベンの肖像」についてなんていう題にしてみましたが・・しょーもない質問です。

音楽室とかにあるベートーベンの肖像。
教科書にも載ってたりしますが・・
あれはヅラですか?・・・

もうしわけないです。
気になったんです。

バッハとかモーツアルトはヅラ確定じゃないですか・・
でもベートーベンはちょっと自然っぽいかと・・

どうなんでしょう?
推測だけでも結構です。

投稿日時 - 2003-05-05 00:58:38

QNo.539314

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ベートーベンは、自前の髪で肖像になっているようです。

参考URL:http://archive.honya.co.jp/contents/khirose/London/9902/990211.html

投稿日時 - 2003-05-05 01:04:03

お礼

早速の御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-05-05 02:10:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

モーツアルトの時代まではいわば宮廷の時代。かつらは正装として位置づいていました。

ベートーベンという人は、その性格から、かつらを嫌がったということもいえるでしょうが、(おそらく自分でも、似合うとは思っていなかったでしょう。)なんと言っても、違うのは時代です。

宮廷の時代から、革命の時代へと、ベートーベンの時代は激変のさなかでありました。ナポレオンの時代であります。宮廷のものであった音楽は、ベートーベンを境にして、庶民も楽しめるものへと変わっていきます。

その象徴が、かつらの廃棄といえるかもしれません。

音楽の歴代作曲家の肖像画を見ると、ベートーベン以降、かつらをかぶっている人はいません。時代が変わったのです。

投稿日時 - 2003-05-05 01:40:29

お礼

早速の御回答ありがとうございました。

時代の変わり目だったんですかぁ・・

投稿日時 - 2003-05-05 02:12:22

ANo.2

モーツァルトの時代の宮廷では、かつらが非常に流行っていたようです。しらみやにおいもひどく、臭さを紛らわせるために香水を降りかけていた、といった話を聞いたこともあります。
一方、少し時代の下がったベートーベン(モーツァルトより14歳下)の頃は、かつらの流行はやや落ち着いていたようです。ベートーベンは元々かつらが嫌いだった、といったこともあり、肖像画は自前の髪が描かれているのだそうです。

http://www.din.or.jp/~ksw/TXT/000/2000_11/001115.htm

参考URL:http://archive.honya.co.jp/contents/khirose/London/9902/990211.html

投稿日時 - 2003-05-05 01:11:32

お礼

早速の御回答ありがとうございました。

時代の違いだったんですね。

投稿日時 - 2003-05-05 02:11:43

あなたにオススメの質問