みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の大学か、アメリカの大学か

こんにちは、自分は今年の7月からアメリカの公立高校でFreshmanをやっている者です。
Freshmanといっても自分は16です、卒業時には20です。親が1年生から始めた方がいいという事で、Freshamanになりました。
自分は永住権を持っているので公立に通う事が出来ます。
突然ですが、今自分の将来の進路について真剣に悩んでいます。
それは日本の大学に行くか、アメリカの大学に行くかという事です。
親には相談しましたが、まだ考えるのは早いと言って真に受けてくれません。
もし日本の大学に行くのなら、1年後に帰国、アメリカならずっと残ることになります。
今考えている進路はこんな感じです。

A.アメリカの高校で1年だけ過ごして帰国、日本の大学入って卒業
B.アメリカの高校から大学に入って卒業
C.1年で日本に戻って、日本の大学に入り、そこから再留学(一応日本の大学に入っておいてそこからまた留学すればいいのではと思ったから)


正直、自分の希望としては、アメリカの大学に進学したいと思っています、そもそもアメリカに来た理由は、自分の英語力を高めたい、異文化に触れてもっと物事を広い視野でみれるようになりたい、と思ったからです。
でも日本の大学も捨てきれません。
将来は日本で職について日本で暮らしていこうと思っています。しかし教えてgooなどのサイトを見ていると、「アメリカの大学を卒業しても日本の企業は認めてくれない」などとあり、やはり日本で生きていくのなら日本の大学に進学しておいたほうがいいのかな、とも思っています。(これが日本の大学も捨てきれない一番の理由です。)ちなみ日本の大学の第1志望は東京外国語大学です。

ここまで高校1年生の下手で雑な文章を見ていただいてありがとうございます。
親はまだ早いといいますが、頭が痛くなるくらい真剣に悩んでいます。
質問はA、B、Cどの進路が一番いいかということです。
その他、アドバイスも是非お願いします。

投稿日時 - 2009-09-20 13:30:07

QNo.5304875

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

高校一年生なのに、そんなに進路のことを考えていて偉いですね。感心しました。いまから一生懸命考えていれば、必ずや良い選択ができると思いますよ。いろいろ情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

私の意見では、Bがベストと思います。
なぜならば、個人的な見解ですが、今後、Globalisationの動きは不可避で、英語でhigher educartionを受けたということが、世界のエリートを目指すための条件となると思うからです。

ご参考までにタイムズの世界の大学ランキングです。
http://www.timeshighereducation.co.uk/hybrid.asp?typeCode=243&pubCode=1

日本の大学は残念ながらランキングの上位に入っておりません。日本の理系の研究が劣っているとは思いませんが、日本語での研究のレベルが高くても、英語で情報収集できず、英語で研究成果を発信できないとどうしても世界水準で戦っていくには不利になってしまうのです。世界の学術文献のうち日本語でかかれたものは数パーセントにすぎません。

日本のdomestic marketでの自分の競争力をつけていきたいのか、世界のマーケットの中での競争力をつけたいか、ということが進路を検討する上でのポイントとなると思います。

個人的には日本の国力は低下しつつあるので、世界で通用するような学歴をつけておいたほうがよいのでは、と考えます。

現在、日本では、日本の学歴以外は認めないという減少は、徐々に解消されつつあります。少なくとも世界で通用する競争力をつけようと考えている会社は積極的に海外の高学歴(ただし、海外の大学名に詳しくないので、できるだけ有名校に入ったほうが就職には有利です。)の学生を採用する姿勢に変わってきています。もちろん、国内市場向けの仕事しかしていない会社は、海外の大学を採用する必要性はないので、日本の学歴を重んじます。

このような質問をする場合、ご自分が将来希望されるような生活をしている方に質問されることがよろしいと思います。なぜなら、日本で日本のdomestic marketを相手にする会社に努めたことしかない人と、日本人でも海外の有名大学院を卒業し、国際機関やmultinational companyに勤めている人とは、見解が全く違います。見ているものや経験したものが違うからです。どちらが正しいとも言えません。どちらともご自分の経験上、正しいことを教えてくださるでしょう。要は自分が進みたいのは、どちらか、ということです。

ちなみに、東京外国語大学は歴史的にdiplomatのlanguage schoolとして設立された国立大学ですから、日本企業には評判が良く、卒業生の就職状況は良いです。ただし、最近は相対的に私立大学の地位が上がっているので、以前ほど就職に有利ということはないかもしれません。

いずれにしても、海外育ちでも日本人ということはついて回りますし、日本に住むことをお考えなら、高い日本語能力、敬語の運用能力、日本的な気配りが差し支えになることはありません。アメリカにいらっしゃていて英語はおできになるのでしょうから、日本語が完璧なら、鬼に金棒です。私も長く外資系の多国籍企業で働いてましたが、帰国子女が日本人社会で遭遇するトラブルは敬語が不正確、ストレートに物事を言いすぎる、ということでした。この点さえ気を配れる人になれれば、大丈夫です。

海外育ちの若い世代が世界で活躍して、日本の評判の向上に貢献してくれることを願っています。良い選択ができるとよいですね。がんばってください。

投稿日時 - 2009-09-22 22:23:14

ANo.2

私なら迷わずBを選びます。というのも、アメリカの公立高校は、普通の人だと交換留学で1年しかいられず、1年後に帰国してから大学に入る(アメリカだとTOEFL&SAT、日本だとセンター試験+二次試験)ことになります。現時点では、入るのにどっちが有利かはなんとも言えません。
日本の大学にいくのであれば、帰国子女枠で受けたほうが有利でしょう。

ただひとついえることは、日本の大学は、レジャーランドといわれるくらい、学生に対して非常にイージーで、甘やかす傾向が依然としてあり、そのせいか学生も殆ど勉強しません。これに対して、アメリカの大学は超一流の大学、ローカルな大学問わず、教授から配布されるシラバスを元に授業が行われ、ペーパーから読書、クラスディスカッションからプレゼンテーションに至るまで詳細に課題が出されるので、毎週のように図書館等で勉強や宿題に追われます。このように、環境や方法論で根本的に異なっているので、教育力の質的な面で非常に大きな違いが出てくると思います。もちろん専攻科目にもよりますが。

投稿日時 - 2009-09-21 07:42:52

ANo.1

日本にいても外国語大学に行くくらいなら、アメリカに居た方がよさそうですが。

日本の企業は海外の大学を認めない、というのは、ここのサイトで見た気はします。確か法律の関係で大卒とならない、と書いておられるのを見たような・・さだかではありません。
でも、どこまで本当でしょうね。このサイトは誰でも書き込めるサイトですから、ここで見たというだけで、ウラをとらずに信用してはなりません。

しかし、ご希望の職種が英語関係、海外関係なら、どうでしょうか。
その企業で役に立つ人が優先されると思いますから、実際のところを調べられたらよろしいと思います。
ご希望の企業と職種をいくつかピックアップして、今のうちから人事部に問い合わせをしてみたらいかがでしょうか。

何年も先のことを考えての進路の質問を聞いたら、人事の方も、なんと熱心な学生さんだ、と感心されることと思いますよ^^


たしか、海外に二年以上行っていると、日本の大学は、帰国子女枠で入試が受けられると聞いたことがあります。
それが可能なら、かなり有利かもしれませんね。

でも、わたしとしては、アメリカの大学に進まれた方が良いと思います。GPAがんばってください。

投稿日時 - 2009-09-20 14:52:57

あなたにオススメの質問